1. トップ
  2. ダイエット
  3. 自分の体に満足してるのはたったの1.7%!成功例から失敗例まで”ダイエットあるある”調査

自分の体に満足してるのはたったの1.7%!成功例から失敗例まで”ダイエットあるある”調査

  • 2015.4.6
  • 4081 views

飽食の時代と言われる現代ニッポンで、若い女性のみならず、男だって、更には中年や老人になったって逃れられないのが体型へのお悩み。早ければ小学校低学年からはじまるダイエット。目的を美容とするか、健康とするかの違いはあれど、ヘタすれば死ぬまで付き合わなきゃいけないのがダイエットなのです。

そこで今回20歳以上の男女1200人にダイエットに関する意識を調査(リサーチプラス調べ)。その結果、なんと半数以上もの人々が自分の体型に満足していないということがわかりました。特に女性はその美意識の高さからか、男性52%に対し、なんと68%もの人が自分の体型に満足していないという結果に。そして自分の体型が理想的だと思うと答えた人は衝撃の1.7%! 選ばれしダイエットエリート(?)だけが自分の体に満足している、という結果に終わりました。

 

あなたは自分の体型に満足していますか?

理想的だと思う 女性1.5% / 男性1.8% / 全体1.7%

滿足している 女性 10.3% / 男性12.30% / 全体11.3%

どちらでもない 女性 20.2% /男性33.8% / 全体27.0%

あまり満足していない 女性 34.8% /男性32.0% / 全体33.4%

不満がある 女性 33.2% /男性20.0% / 全体26.6%

次の質問、自分の体型をどう思うか? に「痩せている」と答えた人は全体の約2割。

その逆で自分は太っていると考えている人はおよそ半数にものぼります。

自分の体型に満足していない人が68%ということを考えると、そのほとんどが、痩せたいという悩みだということがわかります。

 

自分の体型をどう思っていますか?

肥満、太っている 女性 14.0% /男性12.7% / 全体13.3%

太り気味 女性 35.2% /男性33.2% / 全体34.2%

普通 女性 32.2% /男性31.7% / 全体31.9%

痩せ気味 女性 11.3% /男性12.2% / 全体11.8%

痩せている 女性 7.3% /男性10.3% / 全体8.8%

そこで登場するのがダイエット。男性で43.2%、女性ではなんと64.5%にものぼる人々がさまざまなダイエットに挑戦しています。

あなたがダイエットをはじめようと思ったきっかけは何ですか?

テレビでダイエットの企画などを見て 女性 22.1% /男性13.1% / 全体17.6%

雑誌や本でダイエットの企画などを見て 女性13.2% /男性4.1% / 全体8.6%

体重が増えた 女性64.1% /男性57.2% / 全体60.7%

お腹周りや二の腕などといった、気になる部位ができた 女性 52.7% /男性37.3% / 全体45.0%

CMや広告などのダイエットに関するものを見て 女性 5.7% /男性3.4% / 全体4.6%

芸能人(モデル、俳優、スポーツ選手など)に憧れて 女性 5.5% /男性3.1% / 全体4.3%

自分以外の人に体系や体重について指摘された 女性13.3% /男性7.5% / 全体10.4%

健康的な体になりたくなった 女性 24.5% /男性30.3% / 全体27.4%

家族や知人など、周りの人がダイエットを始めてつられて 女性 3.6% /男性2.7% / 全体3.2%

特になし 女性 3.6% /男性7.6% / 全体5.6%

ダイエットに挑戦しようと思ったきっかけは、「体重が増えた」(60.7%)がダントツの1位。

その次に「お腹周りや二の腕などといった、気になる部位ができた」(45.0%)「健康的な体になりたくなった」(27.4%)が続きます。

面白いのは「自分以外の人に体系や体重について指摘された」「家族や知人など、周りの人がダイエットを始めたから」「芸能人に憧れて」「雑誌や本でダイエットの企画などを見て」という理由をあげる人が、20歳から39歳の女性に絞ると、軒並み全体平均の2倍以上に跳ね上がるという点です。

常日頃から周囲の厳しい体型チェックの目にさらされている妙齢の女性たち。「周りの人にどう思われているのか気になる」、「周りの人がダイエットしているから私も!」となるのは、やはり女性ならではの心理と言えそうです。

あなたはどんなダイエットをしたことがありますか?

食べる回数を減らす 女性 46.0% /男性43.6% / 全体44.8%

食べるものの種類を制限 女性 50.5% /男性35.7% / 全体43.1%

食べる時間を制限 女性23.3% /男性15.6% / 全体19.5%

ランニング、ジョギングなど 女性32.7% /男性45.6% / 全体39.2%

ヨガ、ストレッチなど 女性 34.1% /男性16.8% / 全体25.5%

DVDや雑誌などによるダイエット 女性 9.6% /男性3.1% / 全体6.4%

ダイエット雑貨によるダイエット 女性 10.6% /男性9.1% / 全体10.4%

ダイエットの方法で最も多かったのは食事制限。「回数を減らす」(44.8%)、「食べものの種類を制限」(43.1%)、「時間を制限」(19.5%)など、やはり皆さんまずはダイレクトに体重に繋がる食べものを絞っていくことからスタートしている様子。

また「ジョギングなどの運動をしている」(39.2%)、「ストレッチやヨガなどをしている」(25.5%)など、6割以上の人が何らかの運動を取り入れていました。運動の傾向としては、男性はジョギングなどの少しハード目な運動を、女性はストレッチやヨガを取り入れることが多いようです。

あなたがダイエットで意識した体の部位はどこですか?

お腹 女性 79.2% /男性87.8% / 全体83.5%

お尻 女性35.7% /男性10.7% / 全体23.2%

二の腕 女性 30.4% /男性5.5% / 全体17.9%

太もも 女性51.9% /男性15.3% / 全体33.6%

ふくらはぎ 女性 20.7% /男性4.8% / 全体12.8%

顔周り 女性28.5% /男性17.5% / 全体23.0%

背中 女性 18.1% /男性7.7% / 全体12.9%

では、具体的にみんながダイエットで意識したのは、体のどの部分でしょうか?

女性は「お腹」(79.2%)、「太もも」(51.9%)が特に気になり、次に「お尻」(35.7%)、「二の腕」(30.4%)、「顔周り」(28.5%)、「ふくらはぎ」(20.7%)、「背中」(18.1%)が続きます。

まんべんなく体型が気になる女性に対し、男性は「お腹」(87.8%)が圧倒的。その次に意外にも「顔周り」(17.5%)と「太もも」(15.3%)が続きますが、概ねお腹以外は気にしていないようです。

 

ダイエットの失敗事例を教えて下さい

リバウンドして逆に体重が増えた 女性 31.2% /男性22.7% / 全体27.0%

とにかく続かない 女性 43.1% /男性28.7% / 全体35.9%

途中で断念した 女性 37.7% /男性22.8% / 全体30.2%

細くしたかったのに筋肉がついて太くなった 女性4.0% /男性3.1% / 全体3.6%

栄養不足などになった 女性 11.8% /男性7.4% / 全体9.6%

シワや彫りなどが深くなった 女性 6.2% /男性3.3% / 全体4.7%

失敗したことはない 女性11.5% /男性29.5% / 全体20.5%

ダイエットには失敗もつきもの。失敗事例として男女ともに声が多くあがったのが「とにかく続かない」(35.9)、「途中で断念した」(30.2%)という声。実に6割以上もの人々が挫折を経験していることになります。「リバウンドして体重が増えた」(27.0%)なども“ダイエットあるある”ですね。

総じてダイエットに失敗したと答えているのは男性より女性の方が多かったのですが、気になるのは「栄養不足になった」(9.6%)、「シワや彫りなどが深くなった」(4.7%)という回答。美と健康を追求するあまり、健康を害したり容姿が劣化するという本末転倒な事態に陥らないよう注意が必要です。

調査の結果はいかがだったでしょうか?

ダイエットはやはり成果を出すのが難しいということがわかりますね。

約4分の1の人々が1年以上ダイエットを続けている、というデータもありますので、ダイエットはやはり気長に続けるのが一番のようです。

「ラクして痩せたい」という筆者のような人には残念な結果ですが、まずは自分の性格に合ったダイエット方法を見つけて、無理をせず、地道にコツコツ励むのが一番ですね!(内倉あかり)

情報提供元 リサーチプラス