1. トップ
  2. 恋愛
  3. 長女と相性がいい男性のタイプは?末っ子、真ん中…「生まれ順」恋愛あるある

長女と相性がいい男性のタイプは?末っ子、真ん中…「生まれ順」恋愛あるある

  • 2019.12.3
  • 29339 views

恋愛中の行動パターンは「何番目に生まれたかによって変わる」という説を聞いたことはありませんか?その人がどんなきょうだい構成で育ってきたかで、恋愛に対する考え方にも違いが出てくるようです。

今回は、きょうだい構成ごとに異なる恋愛傾向について深堀り。生まれ順のあるあるエピソードもご紹介します。

■実は恋愛に対して下心ありな長女

しっかり者な印象の長女は、恋愛に対して下心ありなケースもある様子。

「私は初対面の人からも『長女でしょ』と言われるほど、THE長女な性格。好きな男性にも上手に甘えられません。でも実は、ダメな自分を好きになってほしいって気持ちもあるんです。

ありのままで愛されたいので、彼氏にはグチをこぼしたり、あえてだらしない姿を見せたり。そのギャップでフラれましたが…」(28歳女性/銀行員)

一方で、相性のいいパートナーと出会って本当の自分をさらけ出すことに成功した人も。

「長女って、幼い頃から下の子の面倒を見るのが当たり前だから、どうしても世話を焼いてしまいがち。そんな自分が嫌いだったのですが、末っ子の男性と付き合ったら、イヤだった部分が全てクリアになりました。末っ子気質の男性と、気づけば手を貸そうとする長女は最高の組み合わせだと思います」(29歳女性/エステティシャン)

長女の長所・短所をうまくカバーしてくれるのは、真逆の環境で育った “末っ子男性”なんですね。長女ならではの欠点に悩んでいる人は、こういう男性を探してみては?

■末っ子は何かと人のせいにしがち

人懐っこく世渡り上手な印象がある末っ子。3人4人ときょうだいの人数が増えるほど、目の前の問題を上手に避けて通る術を身につけている感じも。

「私は3姉妹の末っ子。家族全員におんぶに抱っこで大人になった“超末っ子体質”です。恋愛においても、基本的に気にかけてもらえれば、いつも楽しく過ごせます。

ただ、ケンカになったときなどは、自分の非を認めず相手のせいにしてしまうので、彼氏は結婚を考えられないみたい…」(27歳女性/美容師)

兄がいる場合は、男性への甘え方を熟知しているケースも。年上の男性や、長男として育った男性との相性がいいようです。

「子どもの頃は兄の友だちに混ざって遊んでいました。5歳下、かつ女の子だったので、みんな優しくしてくれて。その影響か、男性あしらいがうまいらしいです。

同世代の男性には“フランクすぎる”と言われることもありますが、年上の男性とは相性がいいようで、年上の彼氏とも順調です」(28歳女性/保育士)

末っ子は年上男性となら、ストレスフリーのお付き合いをできるかもしれません。とはいえ、人のせいにしっぱなしではなく“ギブアンドテイク”の精神を持つことも忘れずに。

■一人っ子・真ん中っ子は恋が続かない

一人っ子は、真ん中っ子と同じような恋愛傾向にあると言われる場合も。性格は、必ずしも似てはいないみたいですが…興味深いですね。

「一人っ子の取り柄って、マイペースなところじゃないですか。私も自分のペースを崩したくないので、彼氏に愛想をつかされることも珍しくなくて。相手を心から信用するまでに時間がかかるから、そのレベルに到達する前に別れてしまったりも」(27歳女性/ピアノ講師)

一人っ子とはまた違った理由で、真ん中っ子も恋愛を長続きさせられない人が多いようです。

「3きょうだいの真ん中として育った私は、小さい頃から周りの空気を読もうとしすぎるあまり、勝手に疲れてしまうことばかり。恋愛中も2人の関係に波風を立たせないようにと気を遣い、結局しんどくなって自分から別れを告げるんですよね」(30歳女性/教師)

実は、マイペースな一人っ子と空気を読もうとする中間子は相性ぴったりだという説もあります。同じ悩みを抱える者同士、恋愛を楽しむのもありなのかも。

■生まれ順の特徴を恋愛に活かして

きょうだい構成は、恋愛にも大きな影響を与えると言われています。恋が長続きしない…。いつまで経っても結婚できない…。そういった悩みを抱えている人は、一度自分の“生まれ順”に目を向けてみては?

ライタープロフィール
SYKSN
アラサー、1児の母。 人生最大のモテキに、お食事会(コンパ)で旦那をゲット。 しかし出産を機に旦那への恋心は冷め、ドラマや映画で胸をキュンキュンさせて女性ホルモンを活性化させる日々を送っております。 座右の銘は「生きてるだけでまるもうけ」。 お笑いをこよなく愛する、アラサー関西人です。 これまで見聞きしてきたおもしろ恋愛エピソードなどを活かして、ちょっと笑えるコラムをお届けします。

オリジナルサイトで読む