1. トップ
  2. メイク
  3. VOCEベスコス2019下半期【パウダーファンデーション・フェイスパウダー部門】BEST3

VOCEベスコス2019下半期【パウダーファンデーション・フェイスパウダー部門】BEST3

  • 2019.12.3
  • 12219 views

ベストコスメ特設ページはこちら!

2019下半期ベストコスメ

パウダーファンデーション・フェイスパウダー部門◆3位

カバーマーク シルキー フィット SPF32/PA+++ 全9色 ¥5500(リフィル ¥4000)

カバーマーク シルキー フィット
カバーマーク シルキー フィット
190点 /560点
190点 /560点

毛穴悩みに最終解答! もう凹凸なんて怖くない
スポンジをすべらせるだけで憎き毛穴が存在を消す。夢のような仕上がりを叶えたパウダーファンデに審査員が拍手喝采。鍵を握るのは、最小ミクロンレベルの粉体の細かさと驚きの密着力である。ルースパウダーみたいに軽いつけ心地なのに、毛穴やキメの乱れをあっさりカバー。つるんとなめらかな肌が欲しいなら、お試しを。

カバーマーク シルキー フィット/仕上がり・パフ研究
カバーマーク シルキー フィット/仕上がり・パフ研究
河嶋希
河嶋希

「微粒子のヴェールが毛穴などのアラをソフトフォーカスし、つるんとシフォン肌に」

渡辺瑛美子
渡辺瑛美子

「粉感ゼロ、なのに毛穴を一瞬で消し去るカバー力に衝撃。プロ級の仕上がりに」

パウダーファンデーション・フェイスパウダー部門◆2位

イヴ・サンローラン アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー ユニヴァーサル ¥6500/イヴ・サンローラン・ボーテ

イヴ・サンローラン アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー ユニヴァーサル
イヴ・サンローラン アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー ユニヴァーサル
220点 /560点
220点 /560点

厚塗り感なくアラを隠蔽! 透明美肌をロングキープ
ファンデのモチを高める新感覚のフェイスパウダーが見事2位にランクイン。たったひと塗りで毛穴などのアラまでカバーしてくれると、美のプロから称賛の声が上がった。皮脂や汗によるくずれを防ぐミネラルパウダー配合で、長時間美肌がキープできるのもうれしい。4色の中でも人気は透明タイプ。これで一日中、お直し不要を狙って。

イヴ・サンローラン アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー ユニヴァーサル/仕上がり・パフ研究
イヴ・サンローラン アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー ユニヴァーサル/仕上がり・パフ研究
岡田知子
岡田知子

「こんなにながーく透明感がキープできるパウダー、最高です。清潔感のある肌に仕上がるので、どんなメイクにもマッチ」

石橋里奈
石橋里奈

「フェイスラインになじませて質感のコントラストで立体感をつけるのがお気に入り」

パウダーファンデーション・フェイスパウダー部門◆1位

アルビオン パウダレスト SPF12/PA++ 全6色 ¥5000(レフィル ¥4000、マット付ケース ¥1000)

アルビオン パウダレスト
アルビオン パウダレスト
363点/560点
363点/560点

新次元パウダーと話題の粉感ゼロファンデが圧勝
高得点で首位を獲得したのは、重ねても重ねても粉っぽくならない“パウダレス”なファンデ。その塗り心地はまさに未体験。見た目は確かにパウダーファンデなのに、塗った瞬間、肌になじんで溶けていく。そのあとは肌と一体化してしっとりとしたツヤ肌を実現。パウダーファンデが苦手な人ほど、虜になること間違いなしだ。

アルビオン パウダレスト/仕上がり・パフ研究
アルビオン パウダレスト/仕上がり・パフ研究
藤原美智子
藤原美智子

「こんなにフワッと軽やかに肌にのるパウダーファンデは初めて。優しく品のあるしっとり肌になり、しかも崩れにくい!」

千吉良恵子
千吉良恵子

「至近距離では素肌美人に。遠くから見ればキレイなヴェールをかけたような、透明感のある毛穴レスな肌に」

鏡裕子
鏡裕子

「肌にのせた瞬間、粉雪のようにスーッと溶けて、くすみを一掃。パウダーファンデの概念を覆されました!」

対象コスメ:2019年7~12月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:56名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(12)、メイク部門(16)のすべて、ヘア&メイクアップアーティストはメイク部門(16)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ投票。投票した審査員の合計人数で最優秀賞、優秀賞を決定する。

撮影/藤本康介、伊藤泰寛 スタイリング/竹内大海 取材・文/中川知春、楢﨑裕美、穴沢玲子 構成/佐野桐子、河津美咲、渡辺瑛美子 撮影協力/UTSUWA

オリジナルサイトで読む