1. トップ
  2. メイク
  3. 女っぽさが要。 神崎恵さん【洒落るチーク】推し

女っぽさが要。 神崎恵さん【洒落るチーク】推し

  • 2019.12.3
  • 5135 views

美のプロが下半期トピックスを語る【下半期のメイクトピックス-メイクアップ編-】

■教えてくれたのは……
美容家 神崎恵さん
美容家 神崎恵さん
洒落るチークの復活

目元を強くした日はリップを引き算。そんな一点盛りメイクから、メイクはバランス力が問われる時代になってきたと感じています。そのバランサーとして今、注目されているのがチークの力。下半期にデビューしたチークの多くが、主役アイテムとしてのキレイ色ではなく、メイクのバランスを取るのに役立つくすみカラーだったのは、その流れを象徴していると思います。

例としてまず挙げたいのがSUQQUのキャラメルブラウンとピンクのチーク。ピンク部分の分量を増やせばフェミニン、減らせばモード、と雰囲気を自在に操れる名品。さらにTHREEのアメジスト色は、女っぽさと今っぽさのいいとこ取りができますし、人気のブラウンリップとも相性がよく甘みをほんのり足せます。そして、セルヴォークのダスティピンクはさすがの洒落感。頰にラフにぼかすだけで旬の顔に。

チークレスのメイクは確かにモードでカッコいいけど、顔色のくすみや大人になるとどうしても出やすくなる“怖さ”を消すことはできません。下半期のチークは、そういったネガティブ要素をうまくカバーしつつ、オシャレさはしっかりキープ。いろんなことを諦めなくてよくなったことは、今期のチークの大きな功績ではないでしょうか。

「話題のくすまないブラウン」

チークだけでなくコントゥアリングにも活躍。合わせるリップの色も選ばない優れモノ。

ピュア カラー ブラッシュ
ピュア カラー ブラッシュ

ピュア カラー ブラッシュ 11 ¥5500/SUQQU

「洒落るピンクの代表格!」

洒落感が出せるし顔色は明るいまま。くすみピンクは甘さのバランスもピカイチ。

VOCE
VOCE

インフィニトリー カラー 13 ¥3200/セルヴォーク

「女っぽいアメジスト色」

神崎さんはこれを薄く、広く、パウダー感覚で使うそう。さりげない女っぽさを醸せる。

チーキーシークブラッシュ
チーキーシークブラッシュ

チーキーシークブラッシュ 19 ¥3000/THREE

イラスト/高橋昌子 取材・文/中川知春 取材・文・構成/鬼木朋子

オリジナルサイトで読む