1. トップ
  2. ダイエット
  3. 「痩せない理由」は部屋でわかる! 本島彩帆里さんが、痩せづらい原因をズバリ指摘

「痩せない理由」は部屋でわかる! 本島彩帆里さんが、痩せづらい原因をズバリ指摘

  • 2019.12.2
  • 40042 views

「MAQUIA」1月号では、ダイエット美容家・本島彩帆里さんが、痩せられない読者の「お部屋診断」を実行! あらゆる視点から、ダイエット成功への近道をアドバイスします。

挫折するダイエットは生活習慣が原因だった!

本島彩帆里の
「お部屋診断」で痩せまSHOW

「その人の部屋を見れば、痩せない理由がわかる!」という本島彩帆里さん。あとひと絞りしたい……というダイエット芸人・光美さんと、ぽっちゃりさんのお部屋をチェック!


ダイエット美容家
本島彩帆里さん

「心地よく続くダイエット」がポリシー。部屋ひとつ見るだけで痩せない理由を解明! 今回は光美さんと読者のお部屋をリサーチ。


ダイエット芸人
光美さん

激痩せした顛末を語った『大丈夫!!! 痩せるから!!まじで!!!』(ヨシモトブックス)が好評発売中。


部屋を見れば一目瞭然!

ダイエット・マジシャン彩帆里が
「痩せない理由」をタネ明かし

ここでは、“太る原因”を抱えた「痩せられない」と訴える読者のお部屋を厳しくチェック!

「裏チェック」で、無駄食いも無駄太りも追放

本島 光美さんがもうひと絞りしたいなら「食品の表示チェック」もぜひ取り入れて!

光美 でも、オーガニックとかは無理やで〜。

本島 無理のないダイエットという観点なら、オーガニックかより、原材料をまずは気にして。ダイエット食品って人工甘味料を使うことが少なくないんですが、少量でも甘みが強いので味覚が麻痺しちゃうんです。(光美さんお部屋の調味料裏を見て)この「スクラロース」や「アスパルテーム」も人工甘味料ですよ。

光美 うわ、やっぱりあるんや!

本島 舌や脳の感覚が変わるから、砂糖中毒のような状態から脱け出すきっかけになるかも。光美さんみたいにいいお塩を何種類か用意して、その違いを楽しむのもいいですよね。そうやって調味料にこだわると、体調が整っていく気がします。


お風呂嫌いはむくみ体型への第一歩です

光美 お風呂場が物置になっている人がいる! その気持ちよくわかるわ、私もシャワーばっかり。

本島 でも、お風呂は入るだけで巡りがよくなって、むくみも解消する。マッサージよりラクですよ。

光美 確かにお風呂で解消できるなら効率的なのかも。太っていた頃はむくみなのか脂肪なのかわからへんかったけど(笑)、痩せて自分のむくみに気づいたし。

本島 体質的に水分代謝が苦手なのかもしれないですね。バスソルトなどを活用して、入りたくなるようなお風呂にする工夫をしてみて。 

光美 ほかに、むくみ解消のおすすめあります? やっぱり、毎日バスタブは難しい気が……。

本島 腎機能の働きを高め、水分排出を促す黒い食べ物がオススメ。のりや黒ゴマ、ひじき、キクラゲなど積極的に摂るといいですよ。


こんなケアも合わせれば最強

お風呂タイムを活用して、顔をぐぐっとリフト

バスタブに浸かっている間にできる、頭皮ほぐし。目の疲れも顔のたるみもこれで退治!

こぶしで頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)をプッシュ。耳のラインと眉間の交わるところで、心身のバランスを整える万能ツボ。痛気持ちいい圧で30秒が目安。

こぶしを作り、第一関節と第二関節の間の面で側頭部をほぐす。こめかみから後頭部に向かってしっかり圧をかけると、パンパンに張った頭皮が次第にしなやかに。

人差し指と中指で両耳をはさみ、上下に優しくさする。食べ過ぎを防ぐツボや便秘を防ぐツボをまとめて刺激でき、巡りのいい体に。目の疲れ解消にもおすすめ。

できた自分を褒める「アゲ上手」な人は勝手に痩せていく!

本島 ダイエットが続かない人は0か100と極端になりがちで自分に厳しい印象。自分を責めるより「できたこと」に目を向けて。

光美 私は「前の自分との比較」も励みになってますね。太っていたときの等身大パネルを見るたび「私はエライ!」って自画自賛(笑)。

本島 小さな成功体験を重ね、できたことを褒めるのは、練習すれば身につくテクニック。体重計がホコリをかぶっている人がいたけれど、毎日量って数字に左右されるのが辛い方は、ときどきでOK。それより褒めぐせをつけるほうが痩せやすい習慣が増えるのでは?

光美 私も±3kgくらいは上下してます。仕事柄、夜に炭水化物やケーキを食べることもあるけれど、堪能してあとでリカバリーする。

本島 自分に厳しくし過ぎず、「美味しく食べたから、明日は頑張ろう」とか、頑張ったらコスメやサプリなどご褒美を用意するのもいいですよね。切り替え上手になっていきましょう♡


こんなケアも合わせれば最強

後ろ姿まで気遣い上手になってメリハリ美人に

ケアが手薄になりがちな後ろ姿。座りっぱなしで扁平尻、デカ尻になっている人はほぐしがマスト!

こぶしの側面を使い、お尻全体をトントン叩いて刺激。自覚はなくともお尻が凝っている人は多いので、痛気持ちいい圧でしっかり。

こぶしを作り、第1関節と第2関節の間を面にして下から上へほぐし上げる。このとき太ももからお肉を持ち上げるように行うと、下垂ヒップが上がりメリハリもUP。



MAQUIA 1月号

撮影/藤澤由加(モデル) ヘア&メイク/薄葉英理〈ロッセット〉 スタイリスト/福永いずみ 構成・文/高見沢里子 企画/横山由佳(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

オリジナルサイトで読む