1. トップ
  2. インテリア
  3. どのような部屋がいい?あなたにおすすめの寝室レイアウト10選

どのような部屋がいい?あなたにおすすめの寝室レイアウト10選

  • 2019.11.30
  • 10184 views

おしゃれな寝室レイアウトをご紹介♪

寝室は毎日寝る場所で、一日を過ごす上でも重要な場所ですよね。寝室のレイアウトを変えるだけでも気分を大きく変えることができます。

おしゃれにするためには、寝室のレイアウトをしっかりと考えるのがおすすめです。どのようなレイアウトがあるのか、みなさんの参考にしてください。

おすすめの寝室レイアウト10選

北欧レイアウト

多くの人に人気があるレイアウトでは北欧レイアウトがおすすめです。

北欧レイアウトは青色と白色・ウッドデザインを上手に組み合わせることで簡単に作ることができます。

比較的シンプルですが、多くの人が作りやすい上に似合いやすいという点が魅力的です。

ヴィンテージ風レイアウト

大人な雰囲気の寝室を作りたいような場合は、ヴィンテージ感あふれるテイストのレイアウトにするのがおすすめです。

ヴィンテージ感を出したい場合は木目調デザインを全面に取り入れるようにしましょう。

特に木目でも色を濃い目にすることでヴィンテージをしっかりと出るため、大人の品格を出すことができますよ。

カフェ風レイアウト

寝室をおしゃれなカフェ風にレイアウトしたいと考える人も多いですよね。

カフェ風にしたいと考えている場合は、上記の画像のように壁紙をレンガデザインにすると簡単に作ることができます。

いきなり壁をレンガにすることができないので、レンガデザインの壁紙を使用するのがおすすめです。

屋根裏風レイアウト

寝室を屋根裏にしたいと考える人もいますよね。

屋根裏デザインにするには天井を低くする必要がありますが、照明などをペンダントライトに変更し、絨毯を敷くだけでも大きく雰囲気が変わります。

天井を変えることができない場合は、ロフトを使うと屋根裏レイアウトを作ることができますよ。

海外風テイストレイアウト

海外テイストのレイアウトをしたいと考えている場合は、ディアウォールを使って柱を作り、天蓋を取り付けていくのがおすすめです。

天蓋は王族の人のような気分を味わうことができ、豪華な雰囲気を作ることができます。

お姫様気分を味わいたいと感じている人や寝室を豪華にしたいと考えている人は、天蓋を寝室に取り入れてみましょう。

一緒に飾る観葉植物も南国チックなものにするとさらに雰囲気が出ますよ。

マリンテイスト風レイアウト

青と白をテーマにした寝室としてはマリンテイストのレイアウトも人気です。

マリンテイストは特に夏場に人気で、爽やかで清潔感がある雰囲気が多くの人に好評となっています。

マリンテイストとすのこベッドは相性抜群なので、海が好きな人や清潔感のある部屋づくりをしたい人は参考にしてください。

モダン風レイアウト

大人の気品のある寝室作りをしたい人にはモダンテイストのレイアウトがイチ推しです。

モダンテイストの寝室を作りたい場合はモノトーンカラーを意識するとともに、シャープなデザインのインテリアを置くようにしましょう。

寝室を黒にすることで重厚感があり、気品のある寝室に仕上げるできますが、豪華な雰囲気に仕上げたい人にもおすすめです。

ホテル風レイアウト

ホテルのような雰囲気の寝室にしたいと考える人も多いですよね。

ホテルの場合はふかふかベッドが印象に強いため、しっかりとしたスプリングのベッドにしましょう。

さらにホテルテイストのレイアウトにしたい場合には、白を基調にしたレイアウトデザインにしてください。

ファンシーレイアウト

寝室でも個性を出したいという人には、ファンシーなデザインの寝室がおすすめです。

上記の画像のようにアクセントクロスを使用するとおしゃれな雰囲気に仕上げることができます。

ファンシーデザインにしたい場合は、カラーコーディネートも意識するようにしましょう。

和室モダンレイアウト

近年人気が出ているおすすめレイアウトとしては和室とモダンの組み合わせの和モダンレイアウトがおすすめです。

和室はどうしてもシンプルになってしまいがちですが、壁紙を黒に変えてシャープな雰囲気にするだけで和モダンな雰囲気にすることができます。

和室でも洗練されたおしゃれな寝室にしたい場合には和モダンもイチ推しです。

自分の好きなレイアウトの寝室にして毎日を楽しくしよう♪

おすすめの寝室レイアウトをご紹介しましたが、レイアウトを決めるときはどのような部屋にしたいかを考えましょう。

自分の好きなレイアウトにするだけでも嬉しい気持ちになりやすいので、毎日を楽しくするためにもぜひ好きなレイアウトに挑戦してみてください。

オリジナルサイトで読む