1. トップ
  2. レシピ
  3. こんなに簡単でいいの!? オーブンを使わない本格ローストビーフ5選

こんなに簡単でいいの!? オーブンを使わない本格ローストビーフ5選

  • 2019.11.29
  • 24568 views
「レンジローストビーフ」
料理:村田裕子 撮影:木村拓

サラダにアレンジするのもGOOD!「お手軽ローストビーフ」

ブロックの牛肉で作る定番料理といえば、おもてなしにもぴったりな“ローストビーフ”。手間がかかる工程の多いイメージがありますが、意外と簡単に調理することができます。今回は電子レンジや湯せんなどで作るお手軽ローストビーフをご紹介。少しコツを掴むだけで、誰でもプロ級のローストビーフに仕上がるはず。

レンジローストビーフ

【材料・作りやすい分量・2~3人分】

牛ももかたまり肉(断面が5~6cm四方のもの)300g、クレソン 1束、きゅうり 1/2本、おろしにんにく 1片分、ドレッシング(オリーブ油 大さじ1と1/2、酢 小さじ2、練りわさび 小さじ1、塩、こしょう 各少々)、塩、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. クレソンは葉を摘む。きゅうりは縦半分に切り、斜め薄切りにする。ドレッシングの材料を混ぜ合わせる。

2. 牛肉はにんにく、塩小さじ1、こしょう少々を全体につけて手でまんべんなくすり込み、ラップで包む。肉は塩を多めにつけてコーティングすることで、程よくレアに仕上がる。このため、ソースのいらない塩味になる。

3. 2を耐熱皿にのせて、電子レンジで約4分30秒加熱する。取り出して裏返し、ラップで包んだまま10~15分おいて粗熱をとる。加熱直後、上部はまだ赤いくらいが適当な加熱具合。上下を返してさますうちに、余熱でこの赤みも消える。

4. 3を食べやすい厚さの薄切りにして器に盛り、クレソン、きゅうりをドレッシングであえて添える。

※電子レンジは500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分268Kcal、塩分2.4g)

肉に塩をたっぷりマリネして作るため、ソースがなくても十分おいしくいただける1品。時間がかかる牛肉の加熱は電子レンジにおまかせします。ほろ苦いクレソンと一緒にめしあがれ。

お手軽ローストビーフ

牛肉の表面を拭き取るように焼くことで、こうばしい風味が際立ちます。焼き色がついたら火を止めて寝かせるのがポイント。

サラダにアレンジするのもGOOD!「お手軽ローストビーフ」
料理:脇雅世 撮影:野口健志

ローストしないビーフ

漬け汁のオレンジマーマレードの甘みとしょうゆのコクが相性抜群。保存用密閉袋に牛肉を入れて、湯せんでじっくり加熱しましょう。

「ローストしないビーフ」
料理:若林三弥子 撮影:日置武晴

フライパンローストビーフ

レンジを活用して作る“オニオンソース”が味の決め手です。断面から溢れてくるジューシーな肉汁が◎

「フライパンローストビーフ」
料理:村田裕子 撮影:榎本修

しっとりローストビーフ

保存容器に入れると約5日間ほど冷蔵庫でストックできます。口に運んだときのにんにくとこしょうの香りがたまりません。

「しっとりローストビーフ」
料理:ワタナベマキ 撮影:田辺わかな

ブロックの牛肉をすぐに冷蔵庫から取り出して焼くと、加熱した際にムラができることも。常温にもどしてから表面に焼き色をつけてくださいね。(レタスクラブニュース)

元記事で読む