1. トップ
  2. 片寄涼太、日本人男性初の快挙に感謝!眞栄田郷敦との“手つなぎ”に黄色い歓声も

片寄涼太、日本人男性初の快挙に感謝!眞栄田郷敦との“手つなぎ”に黄色い歓声も

  • 2019.11.28
  • 352 views
片寄涼太、眞栄田郷敦とイチャイチャ!
KADOKAWA

【写真を見る】片寄涼太、学生がデザインした衣装で「しーっ!」ポーズ

みきもと凜の同名少女マンガを映画化した『午前0時、キスしに来てよ』(12月6日公開)のドキドキ・ドリームNIGHTイベントが11月28日に東京モード学園のコクーンタワーで開催され、片寄涼太、眞栄田郷敦、八木アリサ、岡崎紗絵、鈴木勝大、野田理人、宇佐卓真、内藤秀一郎が登壇。片寄が「Variety」誌が選ぶ“アジアの次世代スター8人”のうちのひとりに日本人男性で初めて選ばれたことが明らかとなり、会場からも「すごい!」と驚きの声。片寄は「ありがとうございます」と感謝し、自分の抱く夢について想いを明かした。

笑顔で手を振った
KADOKAWA

国民的スーパースターの綾瀬楓(片寄)と、普通の女子高生の日奈々(橋本環奈)による秘密の恋を描く本作。イベントでは東京モード学園とのコラボが実現し、“DREAM”というテーマの下で学生からデザインを公募。映画スタッフによる厳正な審査を経て選ばれた1点を学生たちが制作し、片寄と眞栄田がそのスペシャルな衣装に身を包んでランウェイを闊歩した。

ポイントとして唇が描かれたロングコートを着た片寄は「本当に楓が着ていそう」と大満足の表情。ランウェイでは、口元に人差し指を当てて、映画の内容を表現した「しーっ!」ポーズを披露して歓声を浴びていた。胸元がざっくりと開いた個性的な衣装の眞栄田も「こういう場でしか着られない衣装。ありがとうございます」とうれしそうな笑顔を見せていた。

またステージでは、事前に募集した「もしも自分がスターと秘密の恋をしたら、どんなシチュエーションに憧れる?」という要望を実演することに。片寄と眞栄田が実演したのは、「スターから『手を出して、渡したいものがある』と言われて手を差し出すと、手をつながれて『このままどこか一緒に逃げちゃおっか』と言われる」というシチュエーション。片寄が彼女役、眞栄田がスターの彼氏役となり、二人で手をつないでイチャイチャとすると、会場からは悲鳴のような大歓声。片寄は目をキラキラとさせるなど、ノリノリで彼女役になりきって、しっかりと観客の笑いも誘っていた。

『午前0時、キスしに来てよ』ドキドキ・ドリームNIGHTイベントが開催された
KADOKAWA

劇中ではスーパースター役を演じた片寄だが、「Variety」が選ぶ“アジアの次世代スター8人”に選ばれるなど、まさに自身もスター街道をひた走っている。片寄は「引き続き、郷敦の彼女役をやっていこうと思います」とジョークを語りながら、「柔軟に自分らしく、期待に応えていくひとつひとつが、いまにつながってくるのかなと思う。夢を持つことも大事だけど、いろいろな人の声に耳を傾けることも重要だと思う」とまっすぐな想いを吐露。「国境を越えて、人の心をつなげられたり、橋渡しになれるような人に近づけたら」と夢を思い描いていた。(Movie Walker・成田 おり枝)

オリジナルサイトで読む