1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【漢字アプライ診断】「しつ」といえばどの漢字? 答でわかる開運のきっかけ

【漢字アプライ診断】「しつ」といえばどの漢字? 答でわかる開運のきっかけ

  • 2019.11.28
  • 28333 views

――日本語には、音は同じでも違う意味の漢字がたくさんあります。音だけ聞いて思い浮かべた漢字から、あなたのことを診断してみましょう。
※アプライ=apply(当てはめる)の意味

【質問】
「しつ」と聞いて、どんな漢字を思い浮かべますか?

A:質
B:失
C:室
D:湿

あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「開運のきっかけ」
無意識に思い浮かべた漢字が持つ意味で、今のあなたの状態がわかります。今回は選んだ漢字から、あなたが開運するきっかけは何なのか診断してみましょう。

■A:質……誰かの言葉から
「質」という漢字は、2つの釣り合った重りと貨幣の貝で、価値を比べるという説、2つの斧で宝器に約束の印を付けるという説などがあります。物ごとの価値とは何かと何かを比べるところに発生するのです。この漢字を選んだあなたは、誰かの言葉をきっかけとして開運することになるでしょう。自分と違う価値観の言葉に、ハッと気づきがあるのです。人と会い、話を聞くことが開運への第一歩です。

■B:失……ショックなことがあったとき
「失」という漢字は、手から何かが滑り落ちる状態をあらわし、失うことを意味するという説。また髪を振り乱して踊り、忘我の状態をあらわすという説などがあります。この漢字を選んだあなたは、今すでにいろいろなものを持っているからこそ、失うことが怖いと感じているのでしょう。新しい運気が入ってくるためには、今あるものを手放さなければなりません。あなたの場合、ショックなことが開運のきっかけとなるはずです。

■C:室……ネットからの情報
「室」という漢字は、神聖な矢が到達した場所をあらわす至に、屋根で、建物と部屋をあらわします。この漢字を選んだあなたは、ネットからの情報で、開運のきっかけをつかむでしょう。ネット情報は、家の中にいながら、世界中どこにでもつながることができます。漫然とネットを眺めているのではなく、自分に有益な情報を得たいと思って見ることも大事です。気になる情報は、しっかりチェックしておきましょう。

■D:湿……パワースポットを訪れて
「湿」という漢字はもともと“濕”と書き、流れる水をあらわすさんずいに、糸を水につけた様子、湿り気をあらわすようになりました。糸を祭壇に捧げて、神があらわれるという説もあります。この漢字を選んだあなたは、聖なる場所に行くことで、運気が活性化していきます。古来、清らかな水が産するところは聖地とされてきました。パワースポットを訪れることで、天啓のようなひらめきとともに、運気が開けていくでしょう。

開運のきっかけは、つかんだその瞬間に「これだ」とわかる場合も、またそのときはわからないまま、後になって振り返って「あのとき」と思えるような場合もあります。
(高橋桐矢)
※画像出典/shutterstock

元記事で読む