1. トップ
  2. メイク
  3. VOCEベスコス2019下半期【チーク部門BEST3】|一目惚れ間違いなしのラインナップ!

VOCEベスコス2019下半期【チーク部門BEST3】|一目惚れ間違いなしのラインナップ!

  • 2019.11.28
  • 5647 views

ベストコスメ特設ページはこちら!

2019下半期ベストコスメ

チーク部門◆3位

SUQQU ピュア カラー ブラッシュ 11 ¥5500

SUQQU ピュア カラー ブラッシュ 11
SUQQU ピュア カラー ブラッシュ 11
182点 /560点
182点 /560点

秋冬の空気にピタリとハマるキャラメル×ハニーピンク
キャラメルブラウンとハニーピンクをミックスすることで生まれるのは、絶妙な血色とさりげない陰影。メイク感が戻ってきた今シーズンのアイメイクやリップメイクの名脇役として活躍してくれるパウダーチークは、繊細なパールによってイキイキとしたツヤまでも演出できる。さらに血色や立体感を強調したいときには、それぞれを単色使いしても。

SUQQU ピュア カラー ブラッシュ 11/塗り比べ
SUQQU ピュア カラー ブラッシュ 11/塗り比べ
河北裕介
河北裕介

「自然な血色、艶、透明感、立体感全てを叶えてくれる。コントゥアリングにも◎!」

小池菜奈子
小池菜奈子

「ひと塗りで温もり感とシャープさが! 自然になじみ、さりげないのに効果は絶大」

チーク部門◆2位

セルヴォ―ク インフィニトリー カラー 12 ¥3200

セルヴォ―ク インフィニトリー カラー 12
セルヴォ―ク インフィニトリー カラー 12
185点 /560点
185点 /560点

骨格をさりげなく整える自然な影を生み出すブラウン
チークとしてだけでなく、シャドウにもリップにもとマルチに使えるインフィニトリー カラー。下半期の新色の中でもヘアメイクさんを中心に支持を集めたのは、セルヴォークらしいオシャレでまろやかなブラウン。頰に指でラフにぼかすだけで、ナチュラルな血色と立体感が一度に手に入る。あざとさを感じさせずに、彫り深フェイスが簡単に。

セルヴォ―ク インフィニトリー カラー 12/塗り比べ
セルヴォ―ク インフィニトリー カラー 12/塗り比べ
岡田知子
岡田知子

「目元も頰も自然な立体感が出て、肌色も選ばず馴染んでくれる。ヘルシーな仕上がりが大好き!」

林由香里
林由香里

「とにかくコレを塗れば間違いなくオシャレ。そんな存在感のあるカラー。どんなメイクに合わせてもこなれ感が出ます」

チーク部門◆1位

THREE チーキーシークブラッシュ 19 ¥3000

THREE チーキーシークブラッシュ 19
THREE チーキーシークブラッシュ 19
237点/560点
237点/560点

ピュアな透明感と洗練ムード、その両方が叶うアメジスト色
ベスコスの常連、チーキーシークブラッシュの新色がまたもやランクイン! 今回受賞したのは、宝石のように美しいアメジスト色のパウダーチーク。一見難しそうだけど、肌へと難なく溶け込んで洗練された血色を生み出せるし、ブルーのニュアンスやかすかな光を放つパールによってピュアな透明感まで手に入るあたり、さすがTHREE!

VOCE2020年1月号 松原菜摘
VOCE2020年1月号 松原菜摘
嶋田ちあき
嶋田ちあき

「パウダー状のチークながら、肌の内側から発光しているような色みと質感で、自然体のツヤに」

石橋里奈
石橋里奈

「ナチュラルな血色感を添えつつ、パープル特有の青みで透明感を引き出せるところにゾッコン♡」

対象コスメ:2019年7~12月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:56名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(12)、メイク部門(16)のすべて、ヘア&メイクアップアーティストはメイク部門(16)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ投票。投票した審査員の合計人数で最優秀賞、優秀賞を決定する。

撮影/三宮幹史(trival/人物)、藤本康介(静物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/AYA(LA DONNA)、小松胡桃(ROI/塗り比べ) スタイリング/川﨑加織 モデル/松原菜摘(VOCE専属) 取材・文/中川知春、楢﨑裕美、穴沢玲子 構成/佐野桐子、河津美咲、渡辺瑛美子 撮影協力/UTSUWA

元記事で読む