1. トップ
  2. レシピ
  3. 具材たっぷりでお腹いっぱい! 旬の魚介を使ったあたたかシチュー5選

具材たっぷりでお腹いっぱい! 旬の魚介を使ったあたたかシチュー5選

  • 2019.11.27
  • 2694 views
「かきねぎクリームシチュー」
料理:植松良枝 撮影:澤木央子

ふっくらした鮭がGOOD!「ほうれん草と鮭のクリームシチューみそ仕立て」

冬のメイン料理といえば、野菜や肉・魚介類などをたっぷり味わえる“シチュー”。具材を煮込むだけで簡単に作れますが、冬本番をまえにもう1度おさらいしてみませんか? 今回は旬の魚介を使用したクリームシチューのレシピをご紹介します。大きな鍋でドンッと作れば、次の日の朝食にも活用できるかも。

かきねぎクリームシチュー

【材料・2人分】

かき(加熱用)約150g、長ねぎ 1/2本、ほうれん草 1/3わ、里いも 2個、バター 大さじ2、白ワイン(または酒)1/4カップ、水 1と1/4カップ、クリームシチューの素 20g、牛乳 1カップ

【作り方】

1. かきはふり洗いしてざるに上げ、水けをきる。ねぎは1cm幅の小口切りにし、ほうれん草は食べやすい長さに切る。里いもは1cm厚さの輪切りにし、水にさらす。かきの水けをペーパータオルでふく。里いもの水けをきる。

2. フライパンにバターを入れて熱し、バターが溶けたらねぎを炒める。透き通ってきたら端に寄せ、かきを入れて炒める。ぷっくりしたらワインを入れ、煮立ったら水と里いもを加えてふたをし、5分ほど煮る。

3. 里いもがやわらかくなったらシチューの素を加えて溶かし、牛乳を加える。再び煮立ったらごく弱火にし、1のほうれん草を加え、さらに1~2分煮る。

(1人分298Kcal、塩分2.1g)

かきのうまみがコク深いクリームシチューと相性抜群です。たまねぎの甘みを際立たせるために、透き通るまで炒めるのがポイント。ほうれん草はさっと加熱して、鮮やかな彩りに仕上げます。

ほうれん草と鮭のクリームシチューみそ仕立て

みその塩けと風味が味の決め手。スープにほうれん草を1わ加えてボリュームをアップさせます。

ふっくらした鮭がGOOD!「ほうれん草と鮭のクリームシチューみそ仕立て」
料理:鈴木薫 撮影:宗田育子

かきの豆乳みそシチュー

豆乳をベースにした栄養満点な1品です。かきは小麦粉を軽くまぶして両面を約1分ずつ焼きましょう。

「かきの豆乳みそシチュー」
料理:重信初江 撮影:邑口京一郎

鮭と白菜のクリームシチュー

火が通りずらい白菜の軸は一口大のそぎ切りに。バターと小麦粉は練り合わせてからスープに加えると、簡単にとろみをつけられます。

「鮭と白菜のクリームシチュー」
料理:藤井恵 撮影:石川美香

豆腐と鮭のホワイトシチュー

あらかじめ豆腐を電子レンジで加熱すれば、シチューが水っぽくなることもありません。ふんわりした豆腐とホクホクのじゃがいもが◎

「豆腐と鮭のホワイトシチュー」
料理:重野佐和子 撮影:原務

クリームシチューを加熱するときは、鍋底が焦げないように注意してください。コトコト具材を煮込んで、優しい口当たりのシチューをご堪能あれ!(レタスクラブニュース)

元記事で読む