1. トップ
  2. 咲妃みゆ、ウエディングドレスに大興奮!「やはりうれしいものですね、幸せ一色で!」<まだ結婚できない男>

咲妃みゆ、ウエディングドレスに大興奮!「やはりうれしいものですね、幸せ一色で!」<まだ結婚できない男>

  • 2019.11.26
  • 212 views

阿部寛主演のドラマ「まだ結婚できない男」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)に咲妃みゆが出演している。

【写真を見る】キュートすぎる!咲妃みゆのウエディングドレス姿

2006年に放送された「結婚できない男」の続編で、53歳となり、偏屈さに磨きがかかった独身の建築家・桑野(阿部)の日常を描く同作。

咲妃は桑野の事務所に仕事を依頼している住宅プロデュース会社の中堅社員・森山桜子を演じている。

今回、そんな咲妃にインタビューを実施。宝塚歌劇団の雪組トップ娘役として活躍し、2017年に退団後も舞台を中心に活動してきた咲妃にドラマで受けた刺激や共演者とのエピソードなどを聞いた。

塚本高史の正装は「本当にお綺麗でまぶしくて…」

「まだ結婚できない男」で森山桜子を演じる咲妃みゆ
撮影=阿部岳人

――8話(11月26日放送)では塚本高史さん演じる英治と桜子のウエディングシーンがとても印象的とのことですが?

塚本さんの正装を初めて目の当たりにした時は本当にお綺麗でまぶしくて…(ため息)。結婚式とはこういうものなんだということを経験できて貴重な1日でした。

結婚式当日でも桜子はプンプンしているのですが…(笑)。お天気にも恵まれてとても思い出深い撮影になりました。

「まだ結婚できない男」という作品の中で結婚式が執り行われるってとても意外ですよね!8話は全体的に心温まるお話だったので、参加させていただけてとてもうれしかったです。

「歌劇団での日々があってこその今だなと」

【写真を見る】キュートすぎる!咲妃みゆのウエディングドレス姿
「まだ結婚できない男」第8話より (C)カンテレ

――宝塚歌劇団時代にもドレスを着るご経験はあったと思いますが、今回改めてドレスを着てみていかがでしたか?

実は歌劇団に在団している時、ドレスを着る機会が少なかったんです。

「『伯爵令嬢』-ジュ・テーム、きみを愛さずにはいられない-~細川智栄子あんど芙~みん作「伯爵令嬢」(秋田書店刊)より~」(2014年)くらいしかウエディングドレスを着た経験はなくて…。

在団中には悲恋の作品も多かったので…。やはりうれしいものですね、幸せ一色で! とても貴重な経験でした。

宝塚歌劇団時代に相手役だった早霧せいなさんも「オンエア見てるよ」と連絡をくださるんです。

私が宝塚を退団してから丸2年が経過したのですが、この前、同じ公演で退団した7名で集まってその時にみんなでわいわいとお話ししました。

卒業しても変わらない“絆”が続いているのはとても励みになりますし、歌劇団での日々があってこその今だなと実感しています。

――今回「まだ結婚できない男」に出演して学んだことで、今後の舞台に生かしていきたいことはありますか?

映像でのお芝居の難しさを感じる毎日の中で、より一層自分の日頃の行動や見たり聞いたり触れたりするものに目を向けていきたいなと思うようになりました。それは今後控えているお仕事に限らず、ナチュラルなお芝居をしたいと思う時に自分自身の感性が生かされていくと思うんです。

だからこそ、今まで以上にさまざまな映画やドラマを見て映像の勉強をしていきたいなと…。生かすなんてとんでもないです!

至らない点ばかりだったと思うのですが、私にとってとてもかけがえのない時間になったので、これからはさらに頑張っていきたいです。

――1月に出演される「シャボン玉とんだ 宇宙までとんだ」は音楽座で長きに愛されてきた作品で、5月に出演される「ニュージーズ」は2012年のトニー賞で2部門を受賞したヒットミュージカルですね。

「シャボン玉とんだ 宇宙までとんだ」は音楽座さんで長年愛され続けてきた作品ですのでプレッシャーを感じずにはいられないです…。身の引き締まる思いなのですが、今回の映像での経験を生かして、より一層お芝居というものをまっすぐに見つめて、意識して臨みたいと思っています。

ファンタジーの要素はありますがお話の舞台は日本なので、ご覧いただくお客様には親近感を持っていただけるのではないでしょうか。

また、役でがっつりと関西弁を話すのは初めてなので、関西弁の難しさにとらわれることなくお芝居するためには今から関西弁で話さないと…(笑)。皆さんにアドバイスをいただきながら、頑張りたいと思います。

「ニュージーズ」はディズニーミュージカルで、さらに大好きなアラン・メンケンさんが楽曲を手掛けているので、出演できるのがうれしくて仕方ないですね。

京本大我さんはじめ活気の溢れるメンバーと小池修一郎先生の演出でどんな作品になるのか今はどきどきわくわくですが、歌にダンスにお芝居に全力で頑張りたいと思います。(ザテレビジョン)

元記事で読む