1. トップ
  2. ダイエット
  3. あなたのイライラは精神的?ホルモン的?ヨガが心に与える影響とは

あなたのイライラは精神的?ホルモン的?ヨガが心に与える影響とは

  • 2019.11.25
  • 3582 views

イライラはどこからくるの?

心は、目まぐるしく変わる天気と同様。スッキリ晴れ渡る日もあれば、雲が出てモヤモヤしたり、雷雨のように乱れたり、音もなく降り積もる雪のように静かになったり、日々変化します。時にはコントロールができないほどイライラが止まらなくなることもあるかもしれません。対人関係に関わることが多いと思われますが、そもそもどうしてイライラするのでしょうか?その原因を大きく2つに分けてみました。

1.精神的イライラ

人間関係がうまくいかない、考え方の相違や期待が外れた時、思い通りにならない時などに誰にでも起こり得るイライラパターンです。その日の体調や心の状態、疲れやストレスの度合い、天気や環境によっても変化するもので、いつもはイライラしないのに今日に限って爆発してしまった…など、自己嫌悪になることも。

2.ホルモンバランス的イライラ

女性ならきっと思い当たる人もいるのでは…?具体的には生理前や加齢に伴う更年期障害など、自分の意思とはうらはらにホルモンバランスの乱れによりイライラするパターン。イライラした後に急に悲しくなるなど感情に波が出て不安定になることも。

精神的イライラに対するヨガ効果

ヨガはポーズを通して体と心のバランスを整えるもの。呼吸を深めながらポーズをとることで緊張や疲れで硬くなった体を柔らかくほぐします。そして余分な力が抜けた体の中には心地よい空間ができはじめます。体にできた空間は更に呼吸を深め、疲労やストレスで固く小さくなってしまった心にも程よい空間を生み出します。体と心にできた空間がゆとりとなり、精神的なイライラを鎮めてくれるのです。

ホルモン的イライラに対するヨガ効果

ヨガは体のバランスを整える効果がある一方で、目に見えない部分のバランスを整える効果もあると言われています。その代表的なものが、自分の意思ではコントロールできない自律神経です。自律神経は呼吸や体温調節、内臓の働きに加え、ホルモンバランスもコントロールしている重要な神経です。もしホルモン的なイライラに悩んでいるのなら、自律神経の通り道である背骨周りを動かすヨガのポーズを取り入れてみましょう!背骨への刺激が自律神経のバランスを整えてホルモン分泌をスムーズにし、ホルモン的イライラに効果的です。深い呼吸を意識すれば相乗効果でより一層心を穏やかにしてくれます。

ヨガをするとイライラはなくなる?

ヨガは精神的イライラにも、ホルモン的イライラにも効果があることは分かったけど、それなら、ヨガを続けていれば怒りやイライラはなくなるのでしょうか?そんな疑問を持つ人もいるかもしれませんが、残念ながら答えはNOです。ゼロにすることは難しいでしょう。なぜなら、喜怒哀楽の感情はどれも私たちが生きる上で必要な感情だから。大切なことはイライラをゼロにすることではなく上手にコントロールすることなのです。

最後に

ヨガを深めている人、また、インストラクターであっても喜怒哀楽の感情を持つ普通の人です。ヨガを続けているのにイライラすることがあってもそれはあたりまえのこと。落ち込んだり、自分を責めたりすることはありません。もちろんヨガの練習が足りないからでもないのです。むしろ、イライラしている自分に気づいてあげられるのは、ヨガが身に付き、生かされている証拠です。あきらめずイライラとも上手にお付き合いをしながら、更にヨガを楽しんでください!長く続けることで、より深く、ヨガと体と心の関係を理解できるようになるかもしれません。

ライター/須藤玲子
2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にフィットネスクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、オフィス出張など多くの場でレッスンを実施。リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと同様にアロマを伝える活動も行なっている。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTT/リストラティブヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト/Instagram@reiyoga.reikosudo

元記事で読む