1. トップ
  2. リアル“フォロおわ”、SNSで恐怖体験も?恋リア出演人気メンバー11人座談会!

リアル“フォロおわ”、SNSで恐怖体験も?恋リア出演人気メンバー11人座談会!

  • 2019.11.24
  • 522 views
座談会に参加した(上段左から)れいたぴ、まなまな、ルナ、ひな、れお (下段左から)ゆき、あゆ、れな、さーちゃん、せいか、とわ
撮影=島本絵梨佳

【写真を見る】恋リアで人気!座談会11人の出演シーズン&プロフィール

10月よりAbemaTVで放送中のドラマ「フォローされたら終わり」(毎週日曜夜10:00-10:30)。とあるアカウントにフォローされたことがきっかけで、秘密にしてきたすべてが丸裸にされてしまうという、SNSの闇を描いた“超絶危険”なサスペンスドラマだ。圧倒的なスピード感でスリリングに展開していくストーリーに、ネット上でも「犯人は誰だ?」という考察が盛り上がっている。

今回は、AbemaTVの恋愛リアリティーショーで活躍する10代男女11人にドラマを見てもらい、座談会を開催。日常的にSNSを使う彼らは、危険と隣り合わせのSNSとどのように付き合っているのかを探ってみた。

ちょっと緊張気味に座談会がスタート!まずは一人ずつ実体験から学んだことを発表
撮影=島本絵梨佳

「電車が遅延してる」にも注意?

――ドラマ「フォローされたら終わり」のような危機を避けるために、みなさんが日頃SNSを使ううえで気を付けていることはありますか?

山田麗華(れいたぴ):撮っちゃだめなところで写真を撮らないとかですね。「大丈夫でしょ」と気軽に考えてたら、おおごとになっちゃったりすることがあるから。

馬越零生(れお):動画や写真に自分以外の人が写ってる場合は、SNSにアップする前に本人に確認したりとか。

流那(ルナ):うんうん。テーマパークとかで写真を撮ったときに、ほかの人が写り込んでる場合はモザイクかけたりとか。

蘓武星香(せいか):私も同じ。写り込んだ人の顔はスタンプとかで隠してます。

野島日菜(ひな):自分以外の人もそうだけど、自分のプライバシーもちゃんと守らなきゃなって。ちょっと前のニュースで、目に映った景色で場所を特定されたりするっていう話を聞いてから、写真を撮る場所とかも気を付けてます。

仲本愛美(まなまな):あとライブ配信してると、ついつい地元の地名を言ってしまって「あ、ヤバい!」と思ったりすることが何回かあって。

ひな:「Twitterとかで『電車が遅延してる』とかつぶやくのやめたほうがいいよ」と指摘してくれた人がいて。それがきっかけで「自分の使ってる路線がばれることで家とかばれるんだ!」と気付いて怖くなりました。それ以来、遅延してても言わないようにしてます(笑)。

――プライバシーへの配慮意識の高さが多く出ましたが、それ以外はいかがでしょう?

まなまな:丁寧な言葉遣いを心がけています。文章だけだと気持ちやテンションが伝わりにくいので、ちょっとでも誤解を招く書き方をすると勘違いされちゃったりするから。わかりやすいものにするようには気を付けてます。

白川怜奈(れな):その場の感情で発言しないっていうのも大事だよね。ムカつくこととか悲しいことがあっても、それをそのまま書かないようにする。

全員:うんうん。

れな:「しんどい」とか「いらいらする」って書いてあるの読んでも、見てる側もいい気分しないし。ハッピーになれないことは発言しないようにしてます。

桐原愛歩(あゆ):Twitterとかインスタのストーリー(ストーリーズ機能)とかでネガティブなことを書くと、友達から「え、私のこと?」って勘違いされることもある。友達に勘違いをさせちゃうのは申し訳ないから、主語を入れてわかりやすくするとか、そもそもネガティブな発言をしないようになりました。

恋リアメンバー11人座談会 「うんうん、わかる!」と、同世代だからこそ共感することもたくさん
撮影=島本絵梨佳

衝撃の“なりすまし”事情…でもSNSが好き!

――自分でできるだけトラブルのもとを防ぐようにする、ということですね。それでだいぶトラブルは減りますか?

SAKURA(さーちゃん):でも自分だけではどうにもならないこともあって……。たとえば「なりすまし」とかが困りますね。全然使ってない音声アプリにわたしのなりすましがいたらしくて。「今日は(配信で相手をしてくれて)ありがとうございました」ってDMが来たりすると、どうすればいいかわかんなくて……「これ私じゃないです」って言うことくらいしかできなくて。マッチングアプリとかにもなりすましの方々がいっぱいいるらしい。

全員:ええ~!!

さーちゃん:たぶんここにいる全員、なりすましがいるんじゃないかな(笑)。やっぱり、SNSに出してるものは使われちゃう。

平田侑希(ゆき):私がフォローしてるプライベートの友達の投稿をチェックして、わたしの個人情報を知る人とかもいたりするから。ほんと気をつけないと、と思います。

――それだけ気を使う必要があって、リスクも大きいSNSだけど、積極的に使っていきたいんですね。

全員:はい!

――その理由は?

まなまな:私がこのお仕事をさせてもらえることになったきっかけがSNSなんです。ちゃらんぽらんな私をここまで変えてくれた、大事なツールですね。いちばん自分の素を出せるし、それをみんなに簡単に見てもらえる。SNSは自分のことを知ってもらうためにはいちばん簡単で、親しみやすい手段なんじゃないかな。

れお:炎上みたいなことが起きるリスクもあるけど、同じくらいあたたかい言葉をもらったりすると思うんです。たとえば綺麗な景色をアップしたら「綺麗なところだね」「いい写真だね」という言葉をもらえるのはすごくうれしい。だからたくさん投稿もするし。

ゆき:たくさん発信するとそのぶん自分のことを知ってもらえるし、コメントやDMをたくさんもらえるとうれしいよね。

れな:すぐに反応が来るのとか、「髪の色変えた?」と気付いてくれるのとか、ちゃんと見てくれてるんだ!ってわかるから。そういう言葉をもらうことがきっかけで、おしゃれやメイクもっと頑張ろうと思えるし、ファンの人たちを近くに感じられるのもうれしいです。

上地永遠(とわ):ストーリーアップすると「とわくんの顔見れたから今日も1日がんばれる」と言ってもらったりして。自分が投稿することで、人の役に立ってるんだなと思うし、そのおかげで自分も元気をもらったりしますね。

ひな:私はメンタルすごく弱いので(笑)、最初は「私SNS向いてないなー」って思ってたんです。でもファンの人が「ひなちゃんはいつも頑張ってるよ」とか「応援してくれるからね」という言葉を掛けてくれるから「明日も頑張ろう!」って思えてます。SNSは自分にとって大事ですね。

参加してくれた男性メンバーのれお(左)と、とわ(右)。ファッションや景色など、見る視点がまた違って面白い!
撮影=島本絵梨佳

最新の流行と活用法「土管の中から魚が出てくるやつ!」

――メンタル弱い人はSNS向いてないと言ったりするけれど、それ以上に良い部分があるということですね。

れいたぴ:私も病むタイプなので、自分のことで「ああもう無理~!」ってなったりするんです。でもSNSって自分がいいなと思ったことを載せる場所じゃないですか?それに対しての評価が高いとすごく自分への自信につながってくるんです。だから落ち込んでるタイミングにそういうことが起きると、なおさらうれしいなあって思います。

あゆ:仕事が決まった時に告知を載せると、いつも応援してくれる子たちがすごく喜んで「おめでとう!」と声をかけてくれる。そういう時に特に、「こつこつ積み重ねてきて良かったな」「応援してくれてありがたいな」と思います。SNSで少しでも自分を世間に広げて、応援してくれる子たちに恩返しをしていきたいなって。

ルナ:コメントをくれる方も、褒めてくれるところは褒めてくれるし、悪いところは指摘してくれて気付くこともあったりして。SNSを使うことを通して、自分の成長につながってるなと思います。

さーちゃん:ファンの方々からもらったDMを寝る前に読むのがすごく好きですね。そのDMを送ってくれてる子に実際イベントとかで会えるとすごくうれしい。やってて良かったなと思います。

せいか:ファンの方々からのコメントやメッセージを見て「ああ、今日も頑張れるな」って思います。自分の活力になってますね。SNSのおかげで共演者さんと仲良くなれたりもするので、つながりも広がる。SNSのおかげで毎日頑張れてます。

れお:自分が好きな芸能人の近況を見られるし、プロのモデルさんじゃなくてもおしゃれな人はたくさんいるので「あ、こんなコーディネートがあるんだ」「こんな着方ができるんだ」というのもわかるし。綺麗な景色を上げている人の投稿がきっかけで「いつかここに行きたいな」と思ったりもする。発信だけでなく、見る側としてもすごく有効活用しています。

――10代のみなさんから見て、最近「SNSで流行っていること」って何でしょう?

れいたぴ:ストーリーに“GIFスタンプ”が使えるようになってから、おしゃれなインスタ載せる子が増えたなーと思います。

まなまな:ストーリーと言えば、最近あれよく見ない?土管の中から魚が出てくるやつ!

全員:あ~!ある!!

ルナ:マリオみたいなやつでしょ?

まなまな:そうそう!急激に流行らんかった?みんなあれやってるよね?

――FACE FLYINGという、ストーリーズで出来るゲームですね。

まなまな:私やり方がわからなくて「流行りに乗れてない!」って思ってたところです(笑)。

れな:ええ~、見たことない!

まなまな:たぶん見たら「ああこれか!」って思うと思うよ。

れお:TikTokとかもストーリーとかも、流行り廃りの回転が速いよね。

せいか(中央)が今日びっくりしたこと「そういうことだったんだね(笑)」
撮影=島本絵梨佳

びっくり!「○○万円プレゼント」「今日○○にいる?」

――SNSはTwitterやInstagram以外にもいろいろありますけど、これは新しいなと思うものはありますか? 使い方とか、アプリとか。

さーちゃん:……やっぱり今年は“○○万円プレゼント”とかかな?友達が当たってました。

全員:え~!すごい!

まなまな:本当に当たるんだ!

れいたぴ:嘘かと思ってた。やば!

れな:アプリだと、Zenlyとかかな?

ルナ:Zenlyはやじるーと(みぎてやじるし ひだりてはーと)のメンバー内で使ってます。位置情報アプリで、いまどこにいるのかとか、充電が何%あるのかとかがわかる。

ひな:遅刻するとすぐわかるね。「まだこんなとこいる!」って(笑)。

ルナ:便利やけど、筒抜けな分、ちょっと怖いところはあるんですけどね。

さーちゃん:私もZenlyやってたことあるんですけど、ひとりでいるときも誰かに見られてるんだなと思ったら嫌になっちゃって消しました(笑)。

ルナ:「撮影場所にもう着いてるんや」とかがわかるのは便利ですね。道に迷っても、位置情報を頼りに現場に向かうことができたり。

とわ:それこそ俺はさっき、Zenlyでここに来る前に「あ、せいかちゃんが現場に到着してる。じゃあ今日せいかちゃんいるんだな」って知れて気が楽になりました(笑)。

せいか:さっきとわくんから「今日○○にいる?」ってLINEが来て、「なんで知ってるの!?」ってびっくりして。そっか、Zenlyだったんだね(笑)。

――ドラマ「フォローされたら終わり」並みにハラハラするお話もありと(笑)、リアリティのあるお話ありがとうございます。

ルナ:でも本当、「フォローされたら終わり」の犯人が誰なのか気になるよね。続きが楽しみ。

まなまな:すごく優しい人ほど裏の顔持ってるのかな……とか思っちゃう。怪しいなって(笑)。

さーちゃん:見たいけどホラー系かと思って見てなかったんです。でもこれならひとりでも見られそう(笑)。これから毎回見たいと思います!

取材・文=沖さやこ(ザテレビジョン)

元記事で読む