1. トップ
  2. ヘア
  3. ストレートアイロンでトップをふんわり!若見えショートヘアの作り方

ストレートアイロンでトップをふんわり!若見えショートヘアの作り方

  • 2019.11.26
  • 9728 views

ハチのあたりはうねって広がりやすいのに、トップはペタッとなりやすいショートヘア。そんな複合的な髪悩みは、「ハチまわりはカットで削って短くしておくと、広がりが抑えられます。トップは、ストレートアイロンで根元を立ち上げるのがお勧めですが、問題はその方法。

みなさんトップの毛束をまとめて1回で立ち上げようとするから、すぐにペタッとへたってしまうんです。前、右サイド、左サイド、後ろの4つに小分けしてから立ち上がりをつくると、ボリューム感が長持ちします」(air-GINZA店長・長門政和さん)

【お悩み】すぐペタンコになるトップのふんわり感を長持ちさせたい!

ショート代表:相原悠希さん(49歳/イメージコンサルタント)のお悩みを解決するには…

■髪型:短く刈り込まず長さを残しつつハチまわりのボリュームを調整

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
相原さんのHAIR CHART
  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★★★
  4. うるおい (乾→潤)★★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

髪の1本1本がしっかりしていて、全体的にボリュームがあるけれどトップがペタッとなりやすい相原さんの髪。「ボリュームが多いので、ハチのあたりが膨らまないように短くしていますが、全体的に短くし過ぎると老けた印象を与えてしまいます。サイドや襟足の長さを残すことで、女性らしさや若々しさを演出できます」(長門さん)

■スタイリング:ボリュームの欲しいトップは4ブロックに分けて根元を立てる

「頭頂部の根元を立ち上げるようにストレートアイロンをあててボリュームを出します。仕上げにハチから上にワックスを揉み込んでおくと、広がりを抑えたいハチから下が締まって見えます」(長門さん)

スタイリング前
スタイリング前
■1:頭頂部のやや前寄りの毛束をとり、根元からストレートアイロンをあてる
毛束を前に引っ張るようにアイロンを動かすのがポイント。
毛束を前に引っ張るようにアイロンを動かすのがポイント。
■2:頭頂部の右サイドの毛束をアイロンに挟んだら、根元を起こしながら右に引っ張る
左サイドも同様に、根元を起こしながらアイロンで挟み、毛束を左に引っ張る。
左サイドも同様に、根元を起こしながらアイロンで挟み、毛束を左に引っ張る。
■3:頭頂部のやや後ろ寄りの毛束を取り、前に引っ張るようにアイロンを動かす
毛束の根元を起こすようにアイロンを動かし、毛先だけ内巻きにする。
毛束の根元を起こすようにアイロンを動かし、毛先だけ内巻きにする。
■4:バームタイプのワックスをハチから上に揉み込む
両手にワックスを広げたら髪をかき上げるようにワックスをなじませる。
両手にワックスを広げたら髪をかき上げるようにワックスをなじませる。
<老け見えをくい止めるポイント3か条>
  1. ■トップは一気に立ち上げず、毛束を4つに分けてスタイリングすること
  2. ■トップの毛束は根元を起こしながら、前と後ろの毛束は前へ、右は右へ、左は左へ、それぞれの方向に引っ張って立ち上がりをつくる
  3. ■全体的に短くすると老け印象になるので、サイドや襟足に長さを残す

「このスタイルは分け目をつくらないので白髪が気になる方や、クセやうねりをコントロールしたい方、全体的にボリューム不足の方にも向いています。ボーイッシュにならないよう、短くし過ぎないのがポイントです」(長門さん)

air-GINZA店長・長門政和さん。最近はまっているのがジンギスカン。「北海道で食べたのと同じくらい絶品なのが新橋の『しろくま』。おすすめです」
air-GINZA店長・長門政和さん。最近はまっているのがジンギスカン。「北海道で食べたのと同じくらい絶品なのが新橋の『しろくま』。おすすめです」

問い合わせ先

air-GINZA
住所/東京都中央区銀座1-2-4サクセス銀座ファーストビル3F
TEL:03-5524-0202
営業時間:平日・土11:00~21:00 日祝10:00~19:00
定休日:火曜

卓越した技術力はもちろんのこと、常に最新の美容を取り入れた本物のヘアケアを提案してくれる。
元記事で読む