1. トップ
  2. 恋愛
  3. 付き合うだけなら楽しいけど…。結婚には向いていない男性のタイプ

付き合うだけなら楽しいけど…。結婚には向いていない男性のタイプ

  • 2019.11.22
  • 17994 views

よく「交際と結婚は別物」なんて話がありますが、付き合うぶんには楽しいけれど、いざ一緒に生活するとなると「いろいろ大変そうだな……」と思うことってありませんか? そこで今回は「『私との結婚には向いていないかもしれない』と思った男性のタイプ」についてご紹介します。

こだわりが強い

「彼はこだわりが強いタイプで、自分なりのオシャレや生活スタイルが確立されている人だった。最初はそのブレなさに惹かれたのですが、デートでも気を使う部分が多々あって。結婚となると多分疲れちゃうなと思い、お別れを決めました」(20代/接客)

▽ 彼の中だけでこだわりが完結してくれればいいのですが、結婚となるとそうはいかないかも。「○時までに食事とお風呂を済ませたい」「洗剤はこのメーカー以外ムリ」など、注文が多い可能性があります。こだわりが強いのと頑固は紙一重なので、ケンカになることもありそう……。まずは同棲をしてから結婚を考えるなど、段階を踏むべきかもしれません。

アクティブ派

「彼は『休日に寝ているだけなんてもったいない!』というタイプ。行動的でいろんな所へ連れて行ってくれたけれど、それと同じくらい飲み会にも参加していた。家庭的なタイプではないと想像できたので、結婚には不向きだなと思いました」(30代/一般事務)

▽ 結婚後は考えが変わり家庭第一になればいいのですが、妻が妊娠・育児中でも平気で飲み会に出掛けてしまうかも。それを注意しても「お前が出掛けられないんだから仕方ないだろう」「せっかくの休日なのに家にいるのはもったいない!」なんて言われたら、イライラも募りますよね。いくらデートが楽しくても、結婚は考えてしまいます。

生きている世界が違いすぎる

「地味な私を、なぜかハイスぺ男子が気に入ってくれて。知らない世界をたくさん見せてくれたけれど、ギャップに驚いて恐縮しまくり。『こんな人と結婚するのは恐れ多い』と思っちゃいましたね」(20代/営業事務)

▽ イメージとしては『花より○子』の世界でしょうか。たしかに交際は刺激的でしょうが、「こんな私で本当にいいのかな……」と悩む部分は増えそう。また相手の両親が認めてくれるかも心配の種ですよね。ある程度生活水準や価値観が合う男性のほうが、一緒にいて気がラクかも。

気前がいい

「羽振りがよく、定期的にプレゼントをくれた彼。でもお金がなくても後輩におごってしまうなど、不安も多くて。優しい人ではあったけれど、結婚はできませんでしたね」(30代/住宅)

▽ ケチすぎる男性もイヤですが、結婚するとなると散財は問題。家にお金を入れてくれなかったら生活できないですもんね……。プレゼントをくれるのはうれしいものの、結婚はかなり勇気のいる決断でしょう。

元記事で読む