1. トップ
  2. ダイエット
  3. 太らない&体づくりの邪魔をしない!運動前後の体にいいおやつ|取材こぼれ話

太らない&体づくりの邪魔をしない!運動前後の体にいいおやつ|取材こぼれ話

  • 2019.11.21
  • 2829 views

ヨガレッスン前…我慢して空腹のままレッスンを受けるべき?

無理やり食べる必要はありませんが、温かいドリンクだけでも少し飲んでおくと体がほぐれやすくヨガパフォーマンスが上がります。

あまりに空腹な時は、無理してレッスンに臨むと下記のような悪影響が起こることも…。

空腹を我慢すると起きる悪影響は?

低血糖

長時間空腹でいると、低血糖状態に陥ることがあります。脳と体への栄養が足りなくなり、いつもより倦怠感を感じたり集中力散漫に。「なんだか調子が悪い」というときは低血糖の可能性大。ヨガは逆転のポーズや頭を下げるポーズが多いので、ふらつきから怪我にも繋がりますから要注意。

脱水予防

冬は「脱水症」による動脈硬化が多い季節。脱水症になると、呼吸が浅くなったり、いつもより疲労感を強く感じ、頭が朦朧として、レッスン中にバタッと倒れる場合もあります。長時間何も食べていないと、通常食べ物から補っている水分が不足して、脱水症を起こしやすくなることが多いのです。

緊張緩和

寒さで体が強張りやすい時期。長時間の空腹によるストレスは体を緊張状態にします。少量のおやつをよくかんでゆっくり食べることで副交感神経が優位になりストレス緩和につながります。

おやつ選びのポイントは?

おすすめは、水分と栄養を同時にチャージもできるヨーグルトや豆乳ドリンクや、ザクザクかみごたえのあるナッツや全粒粉など。ほか、下記のおやつも意識して取り入れたいですね!

血糖値が急上昇しにくい(GI値が低い)

血糖値が急上昇すると一時的にハイになりますが、その後、急降下するので要注意。ひどい倦怠感や注意力欠如を起こし、いつも通りのパフォーマンスが発揮できないことも…。

・原材料が米粉、ココナッツ、全粒粉、大豆などのお菓子
砂糖の入っていないドライフルーツ
緩やかに血糖値を維持するプロテインバー

速やかにエネルギー変換できるココナッツチップス

体を温める

内臓を温めることで、副交感神経が優位に。胸や肩甲骨周りの緊張がほぐれることで、呼吸が深まり、筋力の可動域もUP。代謝が上がり、ダイエット効果も高まります。ヨガはただでさえ薄着…。足のツリ、怪我予防のためにも、温かいドリンクを飲んでおきましょう。

逆に、体をひやす生成された白い砂糖を使った甘い菓子パン、ドーナツ、スナック菓子、スイーツ類、フライドポテトなどは避けたほうが無難。

朝(10〜12時)のヨガ前後のおすすめのおやつは?

1日のメンタルと体の調子を整え、夜の睡眠の質をアップ!

レッスン前はフルーツやココナッツ

朝から集中してレッスンを受けるには、脳のエネルギーが必要。フルーツやココナッツはスピーディーにエネルギー変換できます。また、10時前後は、体内の毒素排出が盛んになる時間帯。食物繊維やビタミンが豊富な果物や穀類のおやつはオススメ。

特に、バナナやキウィはその日の夜の睡眠の質を高めるセロトニン生成にも有効。全粒粉のクッキーやパンなど糖質も一緒に摂取することで睡眠の質を高める「セロトニン」の生成を促進します。和食党なら、タンパク質、セロトニン、糖質が一度に取れる、玄米やもち麦に鮭やジャコなど魚介が入ったおにぎりもGOOD!

レッスン後はホットヨーグルト

朝ヨガで高まった代謝を1日維持したいですよね。頑張って働いた内臓を労わりつつ、代謝を高めるタンパク質を補いましょう。タンパク質は不足するとメンタルバランスが乱れたり肌荒れの原因に。また、体内に蓄積できないので、切らす前に「こまめに」食べやすいおやつでチャージ。

お好みのスナックと一緒にホットヨーグルトもオススメ。良質な乳清タンパク質とともに、リラックス効果を高めるカルシウムの吸収効率が高く、腸内環境も整えてくれる優れものです。

頻繁に甘いものを食べたくなる人は注意は必要?

頻繁にアイスやかき氷が食べたくなる場合、貧血の可能性も。女性は生理中にアイスが食べたくなる人も多いです。朝食を食べず午後まで何も食べていない人に多い現象です。せっかくのヨガの健康効果を得るためには、空腹をがまんし過ぎないなど、食習慣を見直した方が良いかもしれません。

教えてくれたのは…松田真紀さん
管理栄養士。日本抗加齢医学会認定指導士。アスリートフードマイスター3級。現在は、ラクして楽しむダイエットを提案する管理栄養士として300以上の施設団体など多方面で活躍中。RYT200も習得中。

元記事で読む