1. トップ
  2. スキンケア
  3. 汚れを落としたらワックスがけを! 仕上げの保湿でツヤぴか肌をキープ

汚れを落としたらワックスがけを! 仕上げの保湿でツヤぴか肌をキープ

  • 2019.11.21
  • 1274 views

「MAQUIA」1月号では、溜まった汚れをリセットする方法をお届け。今回は、リセット後のツヤピカ肌をキープするコツを教えます!

\全身に溜まった汚れは年末年始にリセット/

弓気田みずほの根こそぎ!
大掃除スキンケア

ザラつき、くすみ…日々のケアで取りきれない蓄積汚れをリセットする方法を、弓気田さんが大掃除に見立ててご指南。新しい年はつるピカ肌で迎えましょ!

美容コーディネーター 弓気田みずほさん

百貨店のバイヤー時代に培った審美眼を武器に、適材適所のアイテム選びと効く使い方を指南。女性誌をはじめ各メディアで大人気。


来年の目標を高く設定するために
溜まった汚れを年末にリセット!

「美容意識が高いマキア読者なら、新年を目前にさまざまな美容プランを練っているはず。でもその前に、肌の受け入れ態勢が整っているか今一度確認を。古い角質や落としきれていないメイク汚れ、毛穴に詰まった角栓など、そのままにしていたらせっかくのケアもムダになってしまうかも。目標を高く設定することも大切だけど、それを実現するにはリセットされた素直な肌が必要。ちょうどお家の大掃除もするこの時期に、肌も大掃除してみては? 6つの奥義をマスターして、新年までにポテンシャルの高い肌を手に入れましょう!」(弓気田さん)


ツヤぴか肌をキープする

ワックスがけ

肌の大掃除は汚れを落としただけでは終らない! 角質や詰まりを取って文字通り一皮むけた肌は、刺激を受けやすくデリケート。仕上げの保湿で肌を守って。


面積が広いボディには
サラサラオイルを

手を抜きがちなボディは、おフロあがりが保湿のチャンス。水分を拭き取る前に、なじみのいいサラサラのオイルで一気にうるおいヴェールをかけて。肌に残った水分も抱え込み、外的刺激に負けない肌に。

面積が広い分、大きめのストロークでムラなく塗り広げるのがポイント。

(右)抱きしめたくなるようなやわらか肌に。ボディオイル ハグ 100ml ¥6500/uka Tokyo head office(左)セラミド配合で、乾燥によるかゆみも鎮静。メイド オブ オーガニクス オーガニック モイスト リペア アフター バス オイル 100ml¥2500/たかくら新産業


乾燥しやすいパーツは
スティックバームでフタ

ゴワつきが目立つひじやひざ、かかとには、密着性が高く長時間かけて浸透するバームを。塗った後は手のひらで包み込み、体温でなじませて浸透を後押しして。スティックタイプなら持ち運びもできて便利。

ハンドプレスでしっかりおさえることで、服へのベタつきもおさえられる。

敏感肌でも安心して使える処方だから、ボディだけでなく顔にも使える。リピカ スティック AP+14g ¥1800/ラ ロッシュ ポゼ



MAQUIA1月号

撮影/藤澤由加(モデル) 恩田はるみ ヘア&メイク/鈴木 翠 スタイリスト/福永いずみ モデル/滝元吏紗(マキアビューティズ) 取材・文/野崎千衣子 構成/西脇 温(MAQUIA)


【MAQUIA1月号は11月22日(金)発売!】

元記事で読む