1. トップ
  2. レシピ
  3. カップひとつで楽しさ無限大、三色餅入りあんみつ

カップひとつで楽しさ無限大、三色餅入りあんみつ

  • 2019.11.20
  • 1876 views

洋菓子に比べてちょっと地味なイメージを持ちがちな和菓子だが、新年が明けたばかりはお雑煮効果もあり(?)、和菓子、特に餅系にスポットがあたる時期だ。そんなことを考えていたら、かわいい色あいのあんみつがセブンイレブンで新発売ということを聞きつけた。これは食べなくてはと、さっそく「彩りあんみつ」(¥298)を買ってきた、。


ふたを取るとまず目を引くのが3色の餅。その横にはちょこんとこんもり盛られたピンクのクリーム。一足早く春を感じるような、派手すぎないほんわりとした色あいの具材がカップ一面に広がっている。

プルンとしたこのあんみつは2段になっており、具の部分を取ると下からはキラキラ透明な寒天と黒蜜が登場する。寒天は水切り不要なので手軽に食べることができる。さすがコンビニスイーツ。


では早速食べてみよう。トッピングを全部のせたら黒蜜をたらーとたらす。


蜜をかけるとふわっと甘い香りが周囲に漂う。見るだけもすでにおいしそうだ。

まず最初にいただくのは、メインの緑・ピンク・白の3色の餅。緑とピンクはあんみつ餅で白は白玉だ。あんみつ餅の方はもちっと固めでコシの強い食感。それに対しては白玉つるんとやわらかい。色だけでなく、異なる食感も楽しめる。


こちら、ピンクのいちごクリームには上にちょん、といちごソースものっている。食べると甘酸っぱい苺味のホイップで餡子や黒蜜とも良くあう。さりげない和と洋の融合も楽しめるというわけだ。

そしてあんみつといえば外せないメンバー達、たっぷりのこしあんと大きめのサイズがうれしい黄桃。えんどう豆はほんのり塩味で甘い味の多いあんみつの中で良いアクセントとなり、単調にならず食べ進めることができる。


ぷりぷりと四角い寒天もなかなかの量。餡子と黒蜜、クリームを惜しまずたっぷり絡めて食べると口いっぱいに甘い幸せが訪れる。


かわいい彩りのコンビニ和菓子、カップ1つから広がる表現力は無限大。あなたもおひとついかがだろうか。

(わぶ)

元記事で読む