1. トップ
  2. メイク
  3. 実験VOCE|【イプサ・エスプリーク・ルナソル】etc.ファンデの実力を徹底比較!

実験VOCE|【イプサ・エスプリーク・ルナソル】etc.ファンデの実力を徹底比較!

  • 2019.11.18
  • 2995 views

いま買うならどれ? 本命の一品が見つかる! 秋冬ファンデーション、ガチ検証!

01:RMK

大人肌のために厳選した、5種類の美肌オイルを配合。ハリ感もアップ!

クリーミィファンデーション EX
クリーミィファンデーション EX

クリーミィファンデーション EX SPF21/PA++(104のみ、SPF21/PA+++)全7色 30g ¥5500/RMK Division

実験使用色:102

02:イプサ

肌の色ムラだけに明るさを発揮し、自然にカバーする独自技術を搭載。

クリーム ファウンデイション N
クリーム ファウンデイション N

クリーム ファウンデイション N SPF15/PA++ 全6色 25g ¥5000

実験使用色:101

03:エスプリーク

どんな肌状態でも、スッと溶け込んで密着。くすみにくいのもうれしい!

シンクロフィット リキッド UV
シンクロフィット リキッド UV

シンクロフィット リキッド UV SPF25/PA++ 全7色 30g ¥3200(編集部調べ)/コーセー

実験使用色:OC-410

04:SHISEIDO

肌の状態や色、質感によって自然な輝きを演出する、クレバーなファンデ。

シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーション
シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーション

シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーション SPF35/PA++++ 全12色 30ml ¥6000

実験使用色:220

05:ルナソル

3種のオイルバームがつくり出すツヤとうるおいで、表情までも美しく。

グロウイングシームレスバーム
グロウイングシームレスバーム

グロウイングシームレスバーム SPF15/PA++ 全6色 30g ¥6000/カネボウ化粧品

実験使用色:OC02

【TEST.1】水や皮脂に強い?

ファンデを塗布した人工皮革に、汗に見立てた水とモデル皮脂を滴下。ファンデとのなじみ具合を見る。水滴と油滴が丸い形状を保つほど、水や油に強いということ。

01.RMK

水は少し広がるぐらい。皮脂は大きく広がるだけでなく縁がファンデとなじんでしまった。

テスト1 01 結果
テスト1 01 結果
02.イプサ

水滴はやや広がり、油滴はだらっと広がってしまった。汗や皮脂が出たら注意するべし。

テスト1 02 結果
テスト1 02 結果
03.エスプリーク

水滴は球状にきちんとはじく。皮脂も少し広がるけどファンデとなじんでしまうことはない。

テスト1 03 結果
テスト1 03 結果
04.SHISEIDO

水はこんもりしているが、油と同じく少し広がっている。油は縁がややファンデとなじんだ。

テスト1 04 結果
テスト1 04 結果
05.ルナソル

水滴は少し広がってしまった。油滴もだらっと広がり、縁がファンデとなじんでいる。

テスト1 05 結果
テスト1 05 結果

【TEST.2】肌色を明るくする?

ファンデの色(明度)を分光測色計で測定。標準色を想定した模型(ブランク)と比較して、どれぐらい明るいか観察。

テスト2結果
テスト2結果

01.RMK 02.イプサ 03.エスプリーク 04.SHISEIDO 05.ルナソル

棒グラフが長くなるほど、ファンデの色が明るいということ。肌色が明るくなるのはイプサ、ルナソル。RMKは肌を明るくするというより、自然に見せる感じだ。

【TEST.3】透明感は出る?

卵の中身を抜き、殻の表面にファンデを塗布。実験VOCE特製の発光体で内側から照らしたときに、どれぐらい光が透過するか観察する。塗布部分から光が透けるものほど、透明感があるとみなす。

01.RMK

色がしっかりのっていることもあり、光を透過せず、不透明という結果に。

テスト3 01 結果
テスト3 01 結果
02.イプサ

どこに塗ったかはっきりわかるので、透明感はあまりないといえる。

テスト3 02 結果
テスト3 02 結果
03.エスプリーク

ファンデを塗ったところがわかってしまうので、透明感はいまひとつ。

テスト3 03 結果
テスト3 03 結果
04.SHISEIDO

光が透けている感じもあるけれど、ファンデを塗った部位はわかる。

テスト3 04 結果
テスト3 04 結果
05.ルナソル

透明感はいまひとつといったところ。色がしっかりのるファンデのせいか。

テスト3 05 結果
テスト3 05 結果

撮影/石田健一(実験)、木村元明(静物) 実験/エフシージー総合研究所 取材・文/穴沢玲子 構成/佐野桐子

元記事で読む