1. トップ
  2. ファッション
  3. バレンシアガ 20年スプリングコレクション - 都市のエレガンスに快適さを潜ませて

バレンシアガ 20年スプリングコレクション - 都市のエレガンスに快適さを潜ませて

  • 2019.11.17
  • 1326 views

バレンシアガ 20年スプリングコレクション - 都市のエレガンスに快適さを潜ませて

バレンシアガ(BALENCIAGA)の20年スプリングコレクションが発表された。

undefined
Courtesy of BALENCIAGA

エレガンスの内側に、快適さを

19年ウィンターコレクションの姿勢を引き継いで、現代のライフスタイルにマッチするエレガントさとカジュアルさを兼ね備えたウェアを展開したバレンシアガ。

エレガンス香り立つ直線的なライン

ツーピースやスリーピース、そしてビッグショルダーのロングコートは、いずれも直線的なラインが都会的なエレガンスを香り立てる。その一方で、ストレスなく都市の中どこへでも歩いてゆけるような、柔らかい素材で仕立てた。またフロントボタンは中心からやや横にずれた位置に配され、フォーマルなムードではありながら、布を身体に巻きつけるというプリミティブな装いの気軽さを留めている。

ワンピースにはアクティヴさを纏わせて

一方、首回りからすとんと下へと落ちるようなワンピースは、プリーツを施して生地に優美さを加えつつも、膝上丈と鮮烈なカラーやパターンで仕上げ、生粋のシックさとは幾分の距離を置いている。手元には19年ウィンターコレクションで登場したバッグライン「アワーグラス(HOURGLASS)」。また、スクエアオフトゥのソングサンダルも、快適な足取りで街を闊歩する都会のスタイルにはもってこいだ。

カジュアルウェアも都会的に昇華

フォーマルとは対極にあるウェア、たとえばカジュアル感あふれるプルオーパー、キルティングジャケットやマウンテンパーカーも、ドロップドショルダーのシルエットと肩から広がる直線的なライン、そしてヴィヴィッドカラーを起用し、都会的な雰囲気へと昇華している。

上品さにも華を添え

洗練を漂わせるコレクションに華を添えるのは、ポップな柄たちだ。エッフェル塔のパターン、金色のチェーンをたゆたわせる市松模様、“PARIS”のロゴ......。また、ピンク・イエロー・グリーンがヴィヴィッドなフローラル柄は、コート、ドレス、バッグとともに、足元にまで伸びたレギンスまでを覆い、同柄で全身をコーディネートすることで、忙しい都会におけるエレガンスの真にモダンな気楽さを解釈している。

元記事で読む