1. トップ
  2. ファッション
  3. コンバットブーツがキテる!おしゃれ上級者はデニム合わせでボーイズライクに

コンバットブーツがキテる!おしゃれ上級者はデニム合わせでボーイズライクに

  • 2019.11.17
  • 367630 views

どんなシューズとも相性のいい基本ボトムといえば、デニム。パンプスなら一気にきれいめに、スニーカーならとことんカジュアルに、デニムコーデの印象は足元が決めるといえますよね。
デニム上手で評判の海外セレブの間で最近、人気なのが、おなじみのドクター・マーチンはもちろん、プラダなど、ハイブランドでも登場しているコンバットブーツ。ボリューム感のあるゴツめな足元で、カッコよく仕上げるのが気分のようです。

ケンダル・ジェンナー

undefined
Licensed by Getty Images

11月に24歳になったばかりの最強スーパーモデル、ケンダルもコンバットブーツ愛用者のひとり。

NYでキャッチされたこの日は、ベーシックなブラックデニムをドクター・マーチンのブーツでアクセントづけ。遊び心のあるアイコニックなイエローステッチがさりげなく存在感を発揮しています。

シンプルな白Tにはワークテイストなビッグジャケットを羽織って、トレンドを意識。レトロなオーバル型のサングラスも辛口なブラックレンズで、クールなオーラ全開ですね。

ロミー・ストリド

undefined
Licensed by Getty Images

長年の交際を経て、昨年結婚した夫とラブラブなヴィクシーエンジェル、ロミー。彼女がヘビロテしているのは、すらりと長いスーパーレッグを引き立てる、ボリュームたっぷりなコンバットブーツ。

エンジェル仲間エルザ・ホスクとJブランドがコラボした、ヴィンテージライクなブラックデニムにすんなりなじんで、ミリタリーシックなカーキトップスとも相性抜群です。

クロスボディでポイントにしたのは、セレブの間でメガヒット中のルイ・ヴィトンの「ポシェット・アクセソワール」。

デュア・リパ

undefined
Licensed by Getty Images

イギリスのヤングディーバ、デュアがヘビーユースしているのは、厚めなソールが目を引くプラダのコンバットブーツ。
デュアがアンバサダーを務める、ロンドン生まれのデニムブランド、ぺぺジーンズとコラボモデルのブラックデニムをブーツインではきこなしています。

ダークで重めなボトムスと、鮮やかなブルーのクロップドトップスとのバランスが絶妙ですね。洗練度の高い凝ったデザインのジャケットはジャックムスのもの。プラダのワンハンドルバッグ「パニエ」で女らしさをさらり。

undefined
Licensed by Getty Images

この日は自身とぺぺジーンズとのコラボモデルから、ハイウエストのブルーデニムをチョイスして、ブーツインしたデュア。

ホットピンクがインパクト抜群なGCDSのクロップドロゴニットとスタルヴィーのネオングリーンバッグでカラーブロックしたポップなスタイリングも、ゴツめなブーツでぐんと今っぽく引き締まりますね。サンローランのサングラスをロックなスパイスに。

ベラ・ハディッド

undefined
Licensed by Getty Images

若手おしゃれリーダー格のスーパーモデル、ベラも、プラダのプラットフォームブーツを絶賛リピート愛用中。
パリでお出かけ中だったこの日は、ヴィヴィアン・ウェストウッドのジャケットとお揃いのシャツでピンク度高めなデニムコーデを、ラフなブーツインでエッジの効いたカジュアルに仕上げています。

インパクトのあるオーバーサイズジャケットを主役にしたモードな雰囲気に、テイストががらりと違うNYヤンキーズのキャップでひとひねり加えるのが、ベラらしいですね!


シンプルなデニムもカッコよく、クールに仕上げるコンバットブーツ。ボリューム感があるので、スキニーデニムでなくともバランスよく決まって、ブーツインもサマになるだけでなく、ピンクなどの甘いカラーに辛さをミックスするのにもぴったりなようです。

文/江口暁子

元記事で読む