1. トップ
  2. 恋愛
  3. 彼氏と仲直りしたいなら木更津へ!恋愛の悩み別、訪れたい神社3選

彼氏と仲直りしたいなら木更津へ!恋愛の悩み別、訪れたい神社3選

  • 2019.11.16
  • 1879 views

毎年、11月23日は新嘗祭(にいなめさい)という神事が行われます。これは天皇が新穀を捧げて実りを感謝し、これからの五穀豊穣を祈る大事な祭祀です。

そして天皇が代替わりする年のみ、新嘗祭が大嘗祭(だいじょうさい)に変わります。今週、まさにその大嘗祭が行われました。

この影響で、各地の神社に新しいパワーが満ちあふれ、参拝に絶好のタイミングとなっているのです。今回は、さまざまな恋愛シーンに応じた、ぜひ訪れたい神社を紹介します。

■恋人と仲直りしたいときに

【吾妻神社】

第12代景行天皇の皇子である倭建命(やまとたけるのみこと)は父親に東征を命じられ、大和の地から東へと進軍します。その途中、相模(今の神奈川県)から上総(今の千葉県)へと海を渡っていたら、海の神が荒波を起こして前にも後ろにも進めなくなってしまいました。

すると、后の弟橘比売命(おとたちばなひめのみこと)が自ら生贄となって身を投げ、海の神を鎮めます。無事、上総の地に渡った皇子の元に媛の櫛だけが流れ着き、哀しみに暮れながらお墓を作って媛を弔うことに。

そして東征を成功させて帰るとき、皇子は神奈川県の足柄山で后のことを想って3度ため息をつき、「吾妻はや(我が妻よ)」と呼びかけました。

千葉県木更津市吾妻には吾妻神社が鎮座していて、弟橘比売命をこの地で弔ったと言われています。非業の死によって引き裂かれた夫婦の無念が、ここには眠っているのです。

喧嘩しているカップルは、ぜひここに参拝してみてください。仲直りするべき2人なら、もしかすると神様が尽力してくれるかもしれません。

■すっきりお別れしたいときに

【白山比咩神社】

夫婦の契りを結んで子を生んだ最初の夫婦神は、伊弉諾尊(いざなきのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)です。この2柱は、黄泉の国と現世をつなぐ泉津平坂(よもつひらさか)で、千引(ちびき)の岩と呼ばれる大岩を挟んで大喧嘩しました。

その際、ある神様が仲裁に入るのですが、それが、菊理媛神(くくりひめのかみ)。菊理媛神は伊弉諾尊に言葉をかけます。その結果、伊弉諾尊は大いに感動し、この夫婦神はすっきりと離別することができるのです。

このことから、「和合の神様」と言われている菊理媛神。石川県白山市三宮町の白山比咩神社が総本社で、都内ならば、東京都文京区白山の白山神社にも祀られています。

彼氏と別れたいのに別れられない…という人は、訪れてみるといいでしょう。

■禁じられた恋愛に苦しんでいるなら

【佐波加刀神社】

禁じられた恋に悩む人の気持ちは、古今東西変わりません。第11代垂仁天皇の后、沙本毘売(さほびめ)は、まさに「禁じられた恋」に悩んだ女性です。

沙本毘売は自分の実の兄・沙本毘古(さほびこ)を愛していました。兄もまた妹を愛していて、ある日「夫と兄とどちらが愛しいか」と問いかけます。沙本毘売が兄だと答えると、沙本毘古は「それでは夫を刺し殺せ」と命じるのです。

愛する兄の言葉に従い、刀を振りかざして寝ている垂仁天皇を殺そうとしますが、どうしてもできない沙本毘売。やがて目が覚めた天皇にすべてを打ち明けます。怒った天皇は沙本毘古を討伐するのですが、兄の死を知った沙本毘売は彼を追って自害しました。

そんな沙本毘売を祀るのは、滋賀県長浜市木之本町川合の佐波加刀神社です。こちらなら、道ならぬ恋に悩む女性たちを幸せへと導いてくれそうです。

■まとめ

今回は、ちょっと変わった観点から神社を紹介してみました。いかがでしたでしょうか?

神社に祀られる神々も、人間さながらさまざまな恋愛模様を繰り広げています。自分と似た経験をしている神様なら、よりその想いに共感してくれるかもしれません。

天皇が代替わりし、パワーアップしている今だからこそ、恋するあなたにぴったりの神社を見つけてくださいね。

ライタープロフィール
黒木 蜜
一般企業に勤めながら執筆した作品が日本文学館のオムニバス本に掲載され作家デビュー。古事記への造詣が深く、全国300ヶ所以上の神社紹介記事を執筆。現在、古事記の観点から紹介する神社コラム/恋愛コラムなども手がけている。
Webサイト:黒木 蜜~中今の詩~

オリジナルサイトで読む