1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「友達もカレのことが好き!?」と気づいたときの対処法9パターン

「友達もカレのことが好き!?」と気づいたときの対処法9パターン

  • 2019.11.16
  • 1402 views

【1】「しばらくこのまま様子を見てみよう」と注意深く静観する

1446883540395 0 151111094825505 700x
Photo:image by iStock

「その男子といるときの友達の表情を観察して、自分が早合点していないか見極める!」(20代女性)というように、本人に直接働きかける前に、こっそりできることがありそうです。「きっと勘違いだ」と思って見たほうが、むしろ客観的でいられるでしょう。

【2】「友達を失うのはつらいから…」と何も気づかなかったフリをする

1446883540395 1 151111094825608 700x
Photo:image by iStock

「友達とギクシャクするくらいなら、自分の直感にフタをしてしまうほうがラク!」(10代女性)というように、この状況からひとまず退却する手もあります。流れに任せて男性を想い続けるうちに、自然と事態が明らかになってくるかもしれません。

【3】「三角関係なんて面倒くさいだけ!」とさっさと身を引く

1446883540395 2 151111094825806 700x
Photo:image by iStock

「作戦を練ったり友達の動向にやきもきしたり…。そんなのちっとも楽しくない!」(10代女性)というように、「友達と競うなんてわずらわしい!」と、恋を諦めてしまう人もいます。それで自分が納得できるなら、平和な解決法だと言えそうです。

【4】「○○君ってかっこいいと思わない?」とカマをかけて本音を探る

1446883540395 3 151111094825918 700x
Photo:image by iStock

「カレの話を持ち掛けて、照れたり慌てたりしないか反応を見る」(10代女性)というように、友達の本心を見抜くために、やんわり探りを入れる方法です。「あなたはどう思うの?」と切り返されたときの返答を用意しておくと安心でしょう。

【5】「もし好きな人がカブっても正々堂々と戦おうね」と約束を取りつけておく

1446883540395 4 151111094826125 700x
Photo:image by iStock

「前もって話し合っておけば、友情と恋愛の両立も可能な気がする!」(20代女性)というように、早めに言質を取っておいて、いざというときに備える人もいます。勘のいい友達に考えを読まれないよう、上手に話を持っていく必要がありそうです。

【6】「実は私、大好きな人がいるんだ!」と先手を打って打ち明ける

1446883540395 5 151111094826254 700x
Photo:image by iStock

「『言ったもん勝ち』ではないけど、先制攻撃したら引き下がってもらえるかも!」(10代女性)というように、先に気持ちをさらけ出せば、優位に立てる確率は高まりそうです。友達に負けたくないなら、可能性に賭けてみてもいいでしょう。

【7】「私たち、同じ人のことを好きだよね?」と勇気を出して切り出す

1446883540395 6 151111094826485 700x
Photo:image by iStock

「勝手な憶測で気を揉むくらいなら、事実をはっきりさせたほうがいい」(20代女性)というように、ストレートな質問をぶつければ、状況を正確に把握できそうです。相手のさまざまな反応を予測して「次の手」を考えておくと、慌てずに済むでしょう。

【8】「カレのことは何年も想い続けてて…」と男性への気持ちを知ってもらう

1446883540395 7 151111094826595 700x
Photo:image by iStock

「同じ人を好きだって気づいた時点で、友達が尻込みするくらい想いをアピールする!」(10代女性)というように、相手を蹴散らすべく、すぐさま行動に出るのもアリでしょう。実は勘違いだったとしても、同じ女子として想いに共感してもらえるかもしれません。

【9】「いいなと思う程度なら諦めてほしい!」と無理を承知でお願いする

1446883540395 8 151111094826695 700x
Photo:image by iStock

「先走りすぎだとわかっていても、『本気で好きだから奪わないで!』って懇願してしまうかも…」(20代女性)というように、とっさに自分の願望を吐露してしまう場合もありそうです。切実な想いをぶつけて、友達にも誠意ある対応を求めたいところです。

真っ向から対決する以外にも、いろいろな対処法があるようです。友情と恋愛、どちらを優先したいかが決まれば、取るべき行動が見えてきそうです。(安藤美穂) 【調査概要】 期間:2015年6月30日から7月7日まで 対象:合計89名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

オリジナルサイトで読む