1. トップ
  2. 恋愛
  3. 目的はカラダ?男性が、1回目のデートに求めていることとは【ひとみしょうの男子学入門】

目的はカラダ?男性が、1回目のデートに求めていることとは【ひとみしょうの男子学入門】

  • 2019.11.14
  • 2272 views

数々のWEBメディアで恋愛コラムを執筆し、恋に悩める女性たちを救済してきた恋愛マイスター・ひとみしょう。長年の経験から培った独自の恋愛論で男心を解説します! 出会い、交際、別れ、結婚…などにまつわる“男の本音”をこっそり教えましょう。

■恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門60

男性は1回目のデートでエッチしたいと思っているはずだ、と考えている女性が多いと思うんですが、じつはそうではなかったりします。

今回は、男性は1回目のデートになにを求めているのか? についてお届けしましょう。

■1回目のデートで困らない人たち

1回目のデートの前に、LINEで「何食べたい?」「どこ行きたい?」「食事のあとエッチする?」などと、細かく話をしたふたりは、1回目のデートで何も困りません。

たとえば彼が「飲みに行ったあと、彼女はラブホに行きたいと思っている」とわかっていたら、デートで困ることは何もないですよね?

あるいは「彼女は<お試し>の気持ちでデートに来るんだ」とわかっていると、彼は何も困らないですよね。お試しに「勝つ」ことを目的として、彼は粛々とデートを進めるはずです。

つまり、何を目的としてデートに臨むのかを、事前にお互いに了解しあっていれば、1回目のデートで相手が何を求めているのか悩まずにすむということです(よね?)。

■きみが何をしたいのかを教えてほしい

がしかし、そのような了解を得られないまま、なんらかの流れの中で、ふいにデートすることになり、相手が何を求めているのか判断がつかず困っている……というような人が、1回目のデートで右往左往するわけですよね。

右往左往する男は、1回目のデートに何を求めているのか?

エッチ? 見栄を張って女性によく見られること?

じつは男性は、1回目のデートで女性が何を求めているのかを知りたいと思っています。「きみが何をしたいのかを教えてほしい」これが、男性が1回目のデートに求めていることなのです。

つまり、1回目のデートで彼女を満足させ、「次」につなげたいと思っているのです。「彼女の満足」の中には、もちろんエッチも含まれます。

1回目のデートに「ヤル気」で臨む女性っているでしょう? そういう女性に対して手を出さなかったらあとから「ヘタレ」と言われるのはイヤだなあと彼は思っているのです。

ということは、どういうことか? 1回目のデートは、じつは女性が主導権を握っているということなのです!

■「言えないこと」を減らすことの大切さ

どうすればその主導権をうまく生かすことができるのか? 「言えないこと」を減らすことです。

たとえば、1回目のデートで彼を「値踏み」というか吟味しようと思っている人は、もう正直に「今日はわたしはあなたのことを値踏みしに来ました」と言いましょう。そんなこと言えないですか?

でも、それを言わないから、彼はおとなしめの彼女を前にして(あるいは、言えないことをたくさん抱えてそうに見える彼女を前にして)どうしていいかわからず、挙動不審になって、あげく、我を忘れたかのように自慢話をしちゃって、結局、あなたが「つまらないデートだった。時間と交通費のムダだった」とがっかりするのです。

「値踏み」に来ましたと言えないのなら、言葉を変えて言うことです。「ちょっとここんとこ、ヤバい男性としか会えてないから、あなたのことを疑っているわけではないのだけど、今日はお試しのつもりでデートに来ました」などと、言葉を変えてうまく言うことです。

■言いづらいなら別の言葉に置き換えて

20歳くらいの奥手な女子なら、言えないことを言えないままにしてもしかたないと思います。がしかし、アラサーにもなれば、言えないことや言いづらいことを、相手を傷つけない別の言葉に置き換えて、相手に伝えるべきです。

「あなたのことは好きだけど、付き合いたいのか付き合いたくないのか、自分でもよくわからない。でも、とりあえずデートに来た」でもいいじゃないですか。なんと言っても、彼は、あなたが何を求めてデートに来たのかを知りたがっているのだから。

ライタープロフィール
ひとみ しょう
作家/『ひとみしょうの“女たちへ!”』(ココロニプロロ)『今夜はちょっと、恋の話をしよう』(ハウコレ)『ひとみしょうのお悩み解決』『ひとみしょうの余談ですみません』(共にGrapps)ほか好評連載中。コラムの受賞歴多数(すべて小学館『Menjoy!』編集部より)。恋愛&不妊治療をテーマとした中編小説『鈴虫』好評発売中(Amazon独占販売)。
Twitter:@hitomi_sho

オリジナルサイトで読む