1. トップ
  2. 今年大活躍の横浜流星がまたも栄冠!「DIMEトレンド大賞」ベストキャラクター賞受賞「来年は新しい俳優人生のスタート」

今年大活躍の横浜流星がまたも栄冠!「DIMEトレンド大賞」ベストキャラクター賞受賞「来年は新しい俳優人生のスタート」

  • 2019.11.13
  • 240 views
「小学館DIMEトレンド大賞」キャラクター賞を受賞した横浜流星
撮影=阿部岳人

【写真を見る】眞鍋かをり氏からトロフィーを受け取った横浜流星

俳優の横浜流星が「2019年 第32回 小学館DIMEトレンド大賞」ベストキャラクター賞を受賞。11月13日に東京都内で行われた授賞式で、喜びと今後への抱負を語った。

“はじこい”のゆりゆり役で大躍進!

「小学館DIMEトレンド大賞」は、ビジネスからエンターテインメントまで幅広いジャンルにわたり、その年のトレンドとなった注目の商品やサービス、人物に贈られる賞。

雑誌「DIME」やWEBマガジン「@DIME」読者からの投票結果をもとに、編集部と小山薫堂、眞鍋かをり両氏と安田典人DIME編集室長が協議の上、11の部門賞と話題の人物賞、ベストキャラクター賞、特別功労賞を決定した。

横浜は、ベストキャラクター賞を受賞。ことし1月期のドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)で演じた髪をピンクに染めた不良高校生・ゆりゆりこと由利匡平役をはじめ、ドラマ「あなたの番です—反撃編—」(日本テレビ系)、「4分間のマリーゴールド」(TBS系)、そして主演を含む4本の映画でさまざまなキャラクターを演じ、多くのファンを獲得したことが高く評価された。

【写真を見る】眞鍋かをり氏からトロフィーを受け取った横浜流星
撮影=阿部岳人

横浜流星コメント「演じたいのは“イメージと逆の役”」

受賞式に登場した横浜は、トロフィーを受け取り「このたびDIMEさんのベストキャラクター賞という素敵な賞をいただけて、本当に嬉しいです。ありがとうございます」と笑顔で喜びをコメント。

大忙しだった2019年を「自分にとってターニングポイントになった年でしたね。“はじこい”から始まって、たくさんの人に認知してもらって。それ以降もたくさんの人に出会い、さまざまなことを経験して学んで、自分にとって素敵な素晴らしい時間を過ごすことができました」と振り返った。

2020年も1月期に日本テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」に清野菜名とW主演することが決定し、秋には吉高由里子とW主演を務める映画「きみの瞳が問いかけている」が公開予定。

そんな2020年について「来年は俳優人生の新しいスタートだと思いますが、僕自身は変わらず地に足をつけて、いい作品を創れるよう前向きに頑張っていきたいなと思います」と決意を新たにした。

今後演じてみたい役柄について聞かれると、「基本はどんな役もやりたいんですが、皆さんが僕に持っているイメージと逆の役を演じたらさらに面白いのかな。クールな役が多いので、とびぬけて明るいキャラクターだったり、すごくだらしない男だったり、そういう役は自分もやりがいを感じるでしょうし、芝居の幅も広げられるだろうなと思いますし」と“演じてみたいキャラクター”にも言及。

最後は「これからもいろいろな役を演じて、息の長い役者になりたいなという思いです。できるように頑張ります」と結んだ。

「小学館DIMEトレンド大賞」キャラクター賞を受賞した横浜流星
撮影=阿部岳人

横浜流星、来年挑戦したいことは?

「来年に向けて新しく挑戦したいことは?」の質問には「正直、今もう自分の目の前にあることに必死過ぎてあまり考える余裕がないんですけど…。考えられるようになったらまた考えたいなと思います(笑)」と苦笑いも浮かべた横浜。2020年、さらなる飛躍に注目が集まる。

「2019年 第32回小学館DIMEトレンド大賞」ではこのほか、家電部門で「ルンバi7」、IT部門賞で「ブロックチェーン」、モビリティー賞で「エアバスA380『FLYING HONU』」、日用品部門で「紙製ストロー『シルフィールTM』」、食品部門で「バスチー・バスク風チーズケーキ」、美容・健康部門で「ウーノ フェイスカラークリエイター」、マネー部門で「PayPay」、リテール部門で「ワークマンプラス」、ホビー・カルチャー部門で「春水堂『タピオカミルクティー』」、ランドマーク部門で「渋谷スクランブルスクエア」、エンターテインメント部門で「キズナアイ」が受賞。

“話題の人物賞”には神田松之丞、“特別功労賞”はラグビー日本代表に贈られ、各賞の中から選ばれる「小学館DIMEトレンド大賞」大賞はマネー部門の「PayPay」が受賞した。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む