1. トップ
  2. キスマイ玉森「ずっと崇史のことを考えていた」4年ぶり主演映画のメーキング映像が公開

キスマイ玉森「ずっと崇史のことを考えていた」4年ぶり主演映画のメーキング映像が公開

  • 2019.11.13
  • 1410 views
難役への挑戦に「魂を込めた」と語る玉森。
(c)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (c)東野圭吾/講談社

Kis-My-Ft2の玉森裕太が4年ぶりに主演を務めた映画「パラレルワールド・ラブストーリー」のBlu-ray&DVDが、11月20日(水)に発売・レンタル開始となる。

【写真を見る】玉森裕太が「挑戦だった」という役柄だけにクランクアップでは感情を隠せない様子を見せる。

発売に先駆け、Blu-ray&DVDにも収録されるメーキング映像の一部が公開された。

本作は、累計発行部数150万部を超える東野圭吾のベストセラー小説の実写化映画。

一つの世界では、愛する麻由子(吉岡里帆)と自分が恋人同士。しかし、もう一つの世界では麻由子が親友・智彦(染谷将太)の恋人になっているという、目が覚めるたびに変わる二つの世界“パラレルワールド”で、主人公の青年・崇史(玉森)が真実の世界を追い求めて謎に挑む。

玉森「家に帰っても、ずっと崇史のことを考えていた」

今回公開されたのは、Blu-ray&DVDの豪華版に収録されるメーキング映像の一部。主演の玉森が、敦賀崇史という難役に挑む姿勢や、クランクアップの様子などが映し出されている。

二つの世界を行き来するという難しい役どころを演じたことで、玉森にとって本作は迷いの戦いであったという。映像では、監督と試行錯誤しながら話し合う様子も映されており、「敦賀崇史という役は、すごく自分の中で挑戦な役どころ。どう演じようかすごく迷っていた」と、率直な思いを語っている。

さらに、「家に帰っても、ずっと崇史のことを考えて、すごく崇史に魂を込めました」と、撮影中は常に役と向き合っていたとのこと。全身全霊で挑んだ本作の撮影だっただけに、クランクアップの映像では、やりきった感情を隠せない様子を見せる。

撮影の裏側やコメンタリーも収録

このメーキング映像には、他にも主演の玉森と共に映画を支えた共演の吉岡、染谷らが悩みながら役に向き合う姿や、キャスト・スタッフが二つの世界の描写に挑んだ撮影の裏側を知ることができる映像が収められている。

さらに未公開シーンや、ファンの前でクイズに挑戦する玉森・吉岡の公開直前イベント、森義隆監督が語る本作の裏側を収録したオーディオコメンタリーなど、約2時間に及ぶ特典映像が収録されている。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む