1. トップ
  2. ネイル
  3. しばらくネイルをお休みしたい!育爪期間中の対処法まとめ

しばらくネイルをお休みしたい!育爪期間中の対処法まとめ

  • 2019.11.13
  • 12892 views

「ジェルやスカルプを繰り返してたけど、ちょっとお休みしたい」という女性のために、お休み期間中におすすめのケア方法や、ネイルの楽しみ方をご紹介します。正しく育爪すれば、爪が健康になりますし、次にジェルやスカルプをするときもネイルの持ちがよくなりますよ。

育爪するにはサロンでのオフと日ごろのケアが大切

「オフ代を節約したい」「オフに行く時間がない」という理由でジェルやスカルプを自分でオフする人もいますが、オフするときはサロンで行いましょう。自分でオフすると、自爪を傷めてしまう場合があります。

サロンでオフしてもらった後は、ネイルケアをしてもらえばより完璧です。自宅では、自爪のケアができる美容液や自爪の強度を上げるベースコートを塗って、日ごろからお手入れをするとベターですよ。

自爪に「何も塗っていないのはさみしい」という人は、ジェルやスカルプではなくポリッシュがおすすめです。ポリッシュならジェルやスカルプに比べて傷みが出にくいですし、オフもセルフで可能です。ポリッシュのデザインは、コーラルオレンジのワンカラーの根元にラメラインを引くといったシンプルなものなら、セルフでもかんたんですよ。

ネイルチップでしばらく過ごすのもGOOD!

普段はナチュラルネイルのままで過ごして、おしゃれしたい日だけネイルチップを使うのもよい方法です。

ネイルチップなら、季節感のあるアートや複雑なアートも思いのままですし、1度ネイルチップを作ってしまえば何度でも使用できます。

ベージュのワンカラーとべっ甲柄を組み合わせたデザインは、秋冬にピッタリです。自分の爪の形に合わせてネイルチップをカットしてからアートすれば、世界に一つのオリジナル作品ができあがりますよ。

ネイルチップはネイルサロンでもオーダーできます。フラワー柄や英字を描いたデザインといった「セルフでは難しい」と感じるアートは、思い切ってサロンにお任せしてしまいましょう。

オフできない事情があるならフィルという方法もある!

「爪が薄くてジェルを外すのは逆に不安...」という人は、根元の伸びた部分にだけジェルを足していく「フィル」という方法もおすすめですよ。

フィルとは、薄くジェルを残し、その上からジェルで新しいデザインを施す方法です。アセトンを使ったオフをしなくて済みますし、自爪を削る「サンディング」という工程も伸びてきた根元部分だけで済むので、ダメージも最小限に抑えられます。

短時間でフィルを行いたいなら、ホワイトとピンクの斜めフレンチといった、根元がクリアなデザインがおすすめです。3Dやストーンがたくさん乗ったデコラティブなネイルはフィルにも時間がかかりますし、「ストーンがなかなか取れない」といった場合はアセトンでオフせざるをえないので、フィルを繰り返したい人はできるだけシンプルなデザインがGOODですよ。



Itnail編集部

オリジナルサイトで読む