1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 年賀状の準備って面倒くさい…! 家族写真にひと苦労した話【コソダテフルな毎日 第143話】

年賀状の準備って面倒くさい…! 家族写真にひと苦労した話【コソダテフルな毎日 第143話】

  • 2019.11.12
  • 5235 views

11月ですね。

年末が近づいてくるとなんだか気ぜわしくなってきます。

大掃除に子どもたちのクリスマスプレゼントに、
そして…アレ。


アレですよ。

ねぇ、みなさん、


年賀状って出してます!?

わたし、年賀状を見るのは大好きなんです。

長男が小さい頃一緒に遊んでいたお友達がどんどん大きくなっていく様子や、同級生たちが今どこに住んでるかとか、1年に一度知れるので楽しみにしてるのはしてるんです。


子どもたちが小さかった頃は年賀状にどの写真を載せようか~とかすごく気合が入っていたのですが、子どもたちが大きくなってくるにつれて、そして私の仕事が忙しくなってくるにつれて、億劫になってきました。

かつての転勤地で一緒に過ごしていた人たちとは、今後の人生でよっぽどのことがないと会う事はないんじゃないかという気がしたり(転勤族だったのでみんな全国散り散りに散らばっています)、1年に一度、唯一のやり取りの年賀状で、毎年「お元気ですか、今年は会いたいですね」みたいな定型文で終わらせてしまっているのもなんだかな~だし、だんだんと年賀状にかける意欲が薄れてきています。

それに今年我が家は引っ越しをしたので、「引っ越しましたはがき」を出さなくちゃいけなかったんですよ、ほんとは。

春に引っ越したので夏が始まる前に暑中見舞いのはがきを買って、住所変更のお知らせを出そうと思っていたんです。


お盆休みにでも作ってばらまこうと思っていたのに…

すっかり秋になった今。


まだ引き出しの中に暑中見舞いはがきが入ったままでぇぇぇぇぇす!!!(えーーー!!)

ごめん!! 暑中見舞いはがきくん!!!
君の出番は結局なかった。

一度も開けてない暑中見舞いはがきを、そろそろ年賀状に交換してもらいにいかないといけませんが、それもいつになることやら。

誤解のないように言っておきますが、送られてくる年賀状はどれも楽しみにしてるんです。

ただ、


準備するのが面倒なだけなんです!!

それに、根本的に、


家族そろっての写真がろくにないんです。

年賀状っていつが切り時なんでしょうね…。

漫然と続いているやり取りをこちらから終わらせてもいいものか、かといって断りを入れるのもなんだかなという感じで、年賀状との付き合い方を今年は考えてしまいます。

そしてここからは、私がまだ年賀状に情熱をささげていた頃のお話をしたいと思います。

長男が4歳、次男が1歳で、ついつい我が子を見せびらかしてしまいたくなっていたあの頃…。

当時の記録をもとに書き起こしていきます。よかったら読んでください。


■とある年の、12月26日。長男4歳、次男1歳の頃の年賀状準備

昨夜までのクリスマスムードは一転。一気に年末モードに切り替わる世間。
年賀状。そろそろ出さないとマズいですよね。

我が家の年賀所は準備・構成・写真の選別・指示は妻の役目で、パソコン業務はすべて夫の役目なんです。

たかが年賀状と思っている夫と、されど年賀状と思っている妻。

この2人がタッグを組んで年賀状製作をすると、たいてい毎年モメます(笑)

妻:「やっぱこっちの写真にしてみて?」
夫:「えぇぇーーーーー。最初に言ってよ」
妻:「いいから、やって」
夫:「……ブツクサブツクサ」
妻:「あ、やっぱりこっちにしてみて?」
夫:「えぇぇーーー」
妻:「やっぱこっち」
夫:「もう、ムリ」
妻:「なんでムリなんよ! やってやってやってーー!」
夫:「キィィ! そんなに言うんやったら自分でやれよ」
妻:「なによっ! それでここの写真をもう少し上にあげて?」
夫:「あ゛ーーーーもうっ!!!!」

という具合にあーだこーだモメつつも製作。ほほほ。
文句を言いつつも結局やってくれるのが夫のいいところです。

しかし今年。気がつけば、家族4人で撮った写真が1枚もないじゃないですかー!!

我が家は毎年、家族で撮った写真と、子どもたちの写真の2枚を入れていたのだけれど、今年は家族写真が1枚もないってことに気がついてしまいました!

てことは、この連休中になんとしても家族写真を撮影してしまわなくっちゃー!!

と意気込んだものの、

なんとこのタイミングで、


長男が高熱を出しました…。おぅ…。


家族写真をぎりぎりに撮ろうとしているのがそもそもの間違い。

結局、看病に明け暮れた3連休最終日。さすがに今日がタイムリミットだ!! ってことでとにもかくにも撮影をすることに。

カメラをタイマーでセットして、ソファに4人並んで、ハイ・チーズ…。

カシャ。

カシャ。

カシャ。

がしかし、子どもたちがなっかなか正面を向いてくれません!

次男が正面向いたら長男が下向く。


長男が正面向いたら次男が上向く…。


2人がフラフラしまくってぜーーーーーんぜんちゃんとしたものが撮れません!!
うわーーーん。

何枚も撮ってるうちにしまいには、


長男、疲れてげっそり…。

次男はキーキーわめきだしまして…。

あぁ~~~~。

撮れば撮るほど出来が悪くなっていきまして…。


(かわいそうな長男…(笑))


長男の顔が死んでたり…(命懸けの撮影)、
次男の顔がはにわみたいなのばかりだったり、
私の顔がブスだったり(それはもともと)、
どれもこれも変なのしかないーーーー!

ダメだダメだー!
撮り直しじゃぁぁぁぁ!!


こうなったら餌で釣るしかない!!

台所から芋けんぴを持ってきて、芋けんぴを食べさせながら撮影する手段に変更(必死)。

しかし、芋けんぴの袋を手にとるなり、バリボリバリボリ! 袋ごと奪い合うように食い漁りはじめる子どもたち。

その間、私は写真選びに夢中。


母:写真の選別に真剣
夫:基本、どーでもいい。

温度差激しい。

さ! 子どもたち! 芋けんぴを持ったままでいいから撮り直すわよ!!
こら! 芋けんぴ取り合いしないの!!

はい、位置について!

よーーーい!! チーズ!!!!

カシャ!

カシャ!

カシャ!

どんだけ撮るねん! っつーぐらいかなり撮りました。

たくさん撮りましたが結局どれもこれも同じような仕上がりでして。
あぁもうこれでいいや。最後投げやり。

家族4人が、というより子ども2人がちゃんと前向いてるっていうのがこんなにも難しいなんて。

結局どれもこんな感じ。


母:頬の肉を隠すべくアイドルピース。
長男:顔に疲労が滲み出ているものの、律儀にも手はしっかりピース。
次男:どうみても芋けんぴを食べている最中。
夫:全部の写真が同じ顔。無表情のわりにピース。

あぁ、家族写真。

写真屋さんってすごいなっていうのと、年賀状はもうちょっと早めにやっておこうと思った年末でした。

(でも結局翌年さらに遅れるという…)

(オギャ子)

元記事で読む