1. トップ
  2. ネイル
  3. 憧れの宝石を指先に♡ダイヤモンドモチーフのネイルあつめました♪

憧れの宝石を指先に♡ダイヤモンドモチーフのネイルあつめました♪

  • 2019.11.11
  • 5268 views

婚約指輪やラグジュアリーなアクセサリーに使われるダイヤモンドは、女性の永遠の憧れですよね。そんなダイヤモンドを、ネイルモチーフとして取り入れたデザインが素敵なんです♡この記事では、そんなダイヤモンドがかわいいネイルデザインをご紹介します。

ダイヤモンドに負けないくらいベースも派手派手に♡

「ダイヤモンドは大きければ大きいほどときめく」という人は、ネイルのダイヤモンドモチーフも大きくしてみましょう。大きめのダイヤパーツを使用し、スカルプチュアと組み合わせれば、大変存在感のあるネイルになります。

ホワイトのロングネイルにダイヤモンドモチーフを置き、周りにストーンを置きましょう。ほかの爪もピンクラメのロングネイルにして、派手さを意識してみてください。キャラクターの3Dアートを乗せても個性的になりますよ。

オレンジのタイダイ柄をベースに、ダイヤモンドモチーフを置いたネイルも美しいです。ほかにも、ストーンや、ヴィヴィアン・ウエストウッド風のオーヴパーツも組み合わせてゴージャスにきめましょう。

フラットアートでかわいく描こう

フラットアートで描いたダイヤモンドネイルもかわいいですよ。まずは、セルフ派におすすめのシールを使ったデザインをご紹介します。

それぞれの爪を、ピンク、ホワイト、ショッキングピンクのワンカラーでカラーリングします。ポリッシュが乾いたら、上からダイヤモンドのシールを貼りましょう。ホワイトベースの上には大きめのシールを1つ、ピンクベースの上には小さめのものを複数個ランダムに貼るとポップです。最後にトップコートを塗れば完成ですよ。

次は、ちょっとラフな質感が個性的なデザインです。ショッキングピンクのワンカラーの根元付近にホワイトでダイヤモンドを描き、ブラックの擦れたような線で囲みアートをします。引っ掻いたような雰囲気のチェック柄や、さまざまな色を使った塗りかけアートもイイ味を出していますよね。

爪の先端に大きくダイヤモンドを描いたデザイン

いつものワンカラーの先端に、ダイヤモンドをプラスするだけでアート性がグッと高まります。

ナチュラルピンクのワンカラーで10本すべての爪を塗り、左右1本ずつホワイトでダイヤモンドを描きましょう。パッと見はV字フレンチのようですが、よく見るとダイヤモンドになっているのがユニークです。

どのダイヤモンドネイルが好みでしたか?ダイヤモンドネイルには、パーツやシールを使う方法や、手描きする方法があります。自分に合った方法を試してみてくださいね。



Itnail編集部

オリジナルサイトで読む