1. トップ
  2. メイク
  3. 『わたし』のいろんな「輪郭」をメイクでコントロール ~頬編~

『わたし』のいろんな「輪郭」をメイクでコントロール ~頬編~

  • 2015.4.4
  • 6270 views

“『わたし』のいろんな「輪郭」をメイクでコントロール”の眉編及び目編に続いて、頬(チーク)の印象のお話です。
まずは鏡と睨めっこして、「わたし」の頬はどんな魅力を持っているのかを見つけましょう♪

頬骨の高さが高いほど、若々しい印象を与えます。
頬骨が出っ張っていて、骨骨しい頬はクールな印象を、頬に丸みがあってぷっくりしていると、優しい印象を与えます。

本来の「わたし」の印象を知ったら、今度はメイクテクニックで印象をコントロールしてみましょう♪

元気・セクシーな印象チーク(水平)
にっと笑った時にぷっくりと盛上がる頬の一番高い位置で黒目の下から、耳たぶに向かってチークを水平にいれます。
*耳たぶに向かうにつれ徐々に力を抜くのがポイント

元気な印象:オレンジカラー
セクシーな印象:ローズカラー・ピンクカラー・レッドカラー

クール・知的な印象チーク(斜め)
耳の付け根から、っと笑った時にぷっくりと盛上がる頬の一番高い位置で黒目の下まで、斜めにチークを入れます。
*頬に向かうにつれて徐々に力を抜くのがポイント

穏やかな優しい印象チーク(楕円)
にっと笑った時にぷっくりと盛上がる頬の一番高い位置で黒目の下から、耳向かって楕円を描くようにチークを入れます。
*丸みを出しながらボカスのがポイント

 

チークの入れる位置のおさらいです。
黒目の下よりも内側にチークを入れると、幼い印象になります。上品さを残したい時には、黒目の下より内側にチークを入れるのは避けましょう。

ただ何となくメイクをするのではなく、今日のファッションの雰囲気に合せたり、気分に合わせたメイクをすることで、色々な自分と出会う事が出来ます。
それが、自分の魅力を発見するひとつのキッカケとなってくれたら嬉しいです♪