1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 世界に誇る日本一のイルミが決定!第七回イルミネーションアワード

世界に誇る日本一のイルミが決定!第七回イルミネーションアワード

  • 2019.11.8
  • 3546 views

2019年11月7日、夜景観光コンベンション・ビューローとぴあ株式会社による全国イルミネーションランキングを決定する「第七回イルミネーションアワード」の授賞式がGINZA SIX (東京都中央区)にて開催された。

【写真を見る】イルミネーション応援大使に任命された実力派シンガーのBeverlyがパフォーマンスを披露

長崎県・ハウステンボス「光の王国」
KADOKAWA

アワードでは全国5542名の夜景鑑賞士、イルミネーション鑑賞士を対象に、「実際に行ってみて良かった前シーズンの冬期イルミネーション」という項目で、国内の施設を対象にアンケートを実施。得票ポイントによる総合エンタテインメント部門、イルミネーション部門、プロフェッショナルパフォーマンス部門のランキングのほか、YCVB 特別賞(主催者特別賞)が発表された。

【写真を見る】イルミネーション応援大使に任命された実力派シンガーのBeverlyがパフォーマンスを披露
KADOKAWA

授与式には、イルミネーション応援大使に任命されたアーティスト・Beverly(ビバリー)がプレゼンターとして登場。ビバリーは「イルミネーションが大好きでイルミネーションの中で歌うのも大好き。アンバサダーになれて光栄です」と語りパフォーマンスを披露した。

「総合エンタテインメント部門」1位は長崎県・ハウステンボス「光の王国」

装飾のみならず、映像やライティング技術、アトラクション施設、関連イベントなどとの組合せ傾向が強い冬期イルミネーションイベントが対象の「総合エンタテインメント部門」で、7年連続1位を獲得したハウステンボス「光の王国」。

「総合エンタテインメント部門」1位を受賞した、長崎県・ハウステンボス「光の王国」
KADOKAWA
2019年12月25日(水)の期間限定で、チャペルに設けられたポストに手紙を投函すると2020年のクリスマスごろにメッセージが届く
KADOKAWA

2019年度のイルミネーションでは、2020年5月6日(水)まで世界最大1,300万球のイルミネーションが輝く冬のイベント「光の王国」を開催している。見どころは、広場を真っ白な光が包み込む「白銀の世界」。“幸せな未来を願う場所”として、荘厳なチャペルを中心に本場ヨーロッパの雪景色を想わせる空間が誕生し、イベントを盛り上げる。

「イルミネーション部門」1位は栃木県・あしかがフラワーパーク「光の花の庭」

「イルミネーション部門」は、LED ストリングス(紐形状)・ネットライト(網形状)・テープライト・モチーフライトなどをメインに使用して演出展開する冬期イルミネーションイベントが対象。4年連続受賞を果たした、あしかがフラワーパーク「光の花の庭」は、台風19号による甚大な被害を受けたが、2019年11月2日に無事オープンを迎えた。

冠水から復活した「奇跡の大藤」。雪が降り注いでいるかのような幻想的なイルミネーション
KADOKAWA

足利フラワーリゾート早川公一郎代表取締役社長は「イルミネーション開始2週間前に被害に見舞われ、すべて見直し、修復が強いられた状況だった。1カ月ほど時間が戻るような事態となってしまったが、スタッフの尽力により2週間で完璧に整え、シーズンをスタートすることができた。企業は人なり、という言葉をあらためて感じた。希望の光、復興の光となっていけるシーズンになればと心から願っている」と語った。

「光の睡蓮」。フォトジェニックな光景が撮影できる場所が随所に
KADOKAWA

光の花畑に童話の世界のような花で彩られたお城が登場する「フラワーキャッスル」や水辺に浮く睡蓮が美しい「光の睡蓮」などもが見どころだが、2019年は段階的にイルミネーションを展開。

11月中旬まで、この期間限定のアメジストセージのライトアップが楽しめる「光と花のコラボレーション」を、続く11月下旬〜12月下旬まではサンタクロースが登場する「フラワーパークのクリスマス」、そして新年を迎えた2020年1月1日〜2月6日までは冬咲きボタンのライトアップがメインとなる「ニューイヤーイルミネーション」と、訪れるたびに新しいイルミネーションを眺めることができる。

「プロフェッショナルパフォーマンス部門」1位は三重県・なばなの里 イルミネーション

専門性、技術性の高い光の演出(プログラムを含む)が特に評価の対象となるイルミネーションイベント「プロフェッショナルパフォーマンス部門」では、3年連続となる「なばなの里 イルミネーション」が受賞。

世界の絶景にも選ばれた200mの光のトンネル「華回廊」
KADOKAWA

四季折々、自然のみせる豊かな表情が映し出される「さくら〜SAKURA〜」や世界の絶景にも選ばれた200mの光のトンネル「華回廊」など、どれをとってもダイナミックなものばかり。クリスタルホワイトに彩られたゴージャスな気品のあるツリーと、大人の色使いのパステルブルーに見立てた優雅なツリーの競演など、余すとこなくイルミネーションを満喫できる。

「YCVB 特別賞(主催者特別賞)」は沖縄県・東南植物楽園 ひかりの散歩道

YCVB 特別賞(主催者特別賞)では、植物園ならではの温かみのあるイルミネーションを楽しむことができる「東南植物楽園」のイルミネーションが受賞。

YCVB 特別賞(主催者特別賞)を受賞した沖縄県「東南植物楽園 ひかりの散歩道」
KADOKAWA

東南植物楽園の宮里高明副園長は、「いま沖縄は、首里城の火災という暗いニュースに包まれていますが、観光資源の1つであるこのイルミネーションが賞をいただいたことは、県民にとってもうれしいニュースだと思います」とコメントした。

第七回イルミネーションアワード」授賞式
KADOKAWA

日本が世界に誇るべき卓越した技術により、冬の夜を彩るイルミネーション。光と音楽、噴水とともに展開されるイルミネーションなどダイナミックな演出が施されるスポットから、原風景を感じさせる日本情緒あふれる癒しの空間まで、それぞれの場所でしか見ることができない光の祭典が全国で展開されている。この時期だけしか出会うことのできない世界を体感しに出かけよう!(東京ウォーカー(全国版)・CRAING)

元記事を読む