1. トップ
  2. レシピ
  3. 【ホワイトチョコ】を使った絶品スイーツレシピ15選

【ホワイトチョコ】を使った絶品スイーツレシピ15選

  • 2019.11.8
  • 2663 views

ホワイトチョコで作るスイーツ

まろやかでミルキーな甘さが口の中で広がるホワイトチョコ。お菓子作りに使えばしっとりと濃厚な味わいになり、他の食材とも組み合わせやすいのでとても重宝します。今回はホワイトチョコを使った、豪華で見た目にも可愛いスイーツをご紹介します。プレゼントやおもてなしにぴったりなのでぜひ参考にしてみてくださいね。

意外な組み合わせ!さっぱり爽やかお手軽レアチーズ

材料 (2個分(200ml入り))
  • クリームチーズ (200g)
  • 乳酸菌飲料 (150ml)
  • ホワイトチョコレート (50g)
  • ビスケット (飾り) (2枚)
手順
  1. クリームチーズは常温に戻しておきます。
  2. 鍋に乳酸菌飲料を入れ、中火で沸騰直前まで温めます。
  3. 耐熱ボウルにホワイトチョコレートを割り入れ、1を加え混ぜ合わせ、ホワイトチョコレートを溶かします。
  4. ボウルにクリームチーズを入れなめらかになるまで混ぜ合わせ、2を加え混ぜ合わせます。
  5. 器に流し、ラップをして冷蔵庫で2時間冷やし、ビスケットを飾り、完成です。

まず最初にご紹介するのは、乳酸菌飲料とホワイトチョコ、クリームチーズで簡単に作れるレアチーズです。乳酸菌飲料とホワイトチョコを組み合わせた、ほどよい甘さと爽やかさがとってもおいしいですよ。冷蔵庫で冷やしてお召し上がりくださいね。

undefined

今回は加熱せずに食べられるクリームチーズを使用していますが、他のチーズをご使用の場合は、加熱しないと食べられないものもありますのでご注意ください。

簡単!材料3つでふわふわなホワイトチョコチーズケーキ

材料 (1台分(15cm丸型使用))
  • クリームチーズ (150g)
  • ホワイトチョコレート (80g)
  • お湯 (湯煎用) (適量)
  • 卵黄 (Mサイズ) (3個)
  • 卵白 (Mサイズ) (3個分)
  • お湯 (湯せん焼き用) (適量)
手順
  1. オーブンを160℃に予熱しておきます。
  2. ボウルにホワイトチョコレートを割り入れ、湯煎で溶かします。
  3. ボウルにクリームチーズ、1、卵黄を入れて泡だて器で混ぜます。
  4. 別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーでツノが立つまで泡立てます。
  5. 2に3回に分けて加え、ゴムべらで混ぜます。
  6. クッキングシートを敷いた型に流し込み、型の底から2cm程の高さになるようにお湯を張り、160℃のオーブンで40分湯煎焼きします。
  7. 中まで火が通ったら取り出し、型のまま冷まします。冷めたら冷蔵庫に入れて1時間以上冷やします。
  8. 型から外し、器に盛り付けて完成です。

材料は3つだけ!ホワイトチョコとクリームチーズで簡単に作れるホワイトチョコチーズケーキです。ホワイトチョコのまろやかな甘さが口いっぱいに広がりますよ。ふわふわなチーズケーキがお家で手軽に作れます。

undefined

湯煎焼きをすることで、しっとりとしたチーズケーキに仕上がります。ご使用のオーブンにより焼き時間がそれぞれ異なりますので様子を見ながら調整してくださいね。焼いている途中、表面の焼き色が付きすぎた場合はアルミホイルをかけてください。

甘酸っぱいソースと相性抜群!イチゴソースのホワイトチョコプリン

材料 (5個分(直径7cm×4cmのココット私用))
  • ホワイトチョコレート (50g)
  • 牛乳 (200ml)
  • 生クリーム (100ml)
  • 砂糖 (15g)
  • ゼラチン (粉) (8g)
  • 水 (ふやかす用) (25ml)
  • バニラエッセンス (適量)

イチゴソース

  • いちご (100g)
  • 砂糖 (大さじ2)
  • 白ワイン (小さじ1)
  • レモン汁 (小さじ1)
  • ミント (飾り用) (適量)
手順
  1. いちごは綺麗に洗い、ヘタを取っておきます。
  2. ボウルにゼラチンと水を入れふやかします。
  3. 鍋に牛乳、砂糖、生クリームを入れます。耐熱ヘラでかき混ぜながら中火にかけて沸騰直前まで温め、火から下ろします。
  4. 耐熱容器に1とホワイトチョコレートを入れて、2を注ぎ入れます。ホイッパーでよくかき混ぜて、バニラエッセンスを2、3滴入れ、混ぜ合わせます。
  5. プリン容器に茶こしを置き、3を入れて、粗熱が取れたら、冷蔵庫で1時間冷やし固めます。
  6. 大きめの耐熱ボウルにいちごソースの材料を入れ、スプーンの背でいちごを軽く潰しながら混ぜ合わせ、ラップをかけます。600Wの電子レンジで2分加熱し、粗熱を取ります。
  7. 4の上に5を入れ、ミントを飾って完成です。

ホワイトチョコのミルキーな味わいのプリンに、甘酸っぱいいちごのソースがぴったり合うホワイトチョコプリンです。ソースはいちごの他、ブルーベリーやラズベリー、ミックスベリーでもおいしく作れますよ。見た目も可愛いのでおもてなしにもおすすめです。

undefined

牛乳、砂糖、生クリームを加熱する時は、沸騰させると分離しやすいので直前で火を止めることがポイントです。

シンプルなのに豪華!真っ白なチョコケーキ

材料 (1台分(直径18cm丸型))

スポンジ

  • 卵 (Mサイズ) (3個)
  • グラニュー糖 (90g)
  • 薄力粉 (70g)
  • 溶かしバター (無塩) (15g)

湯煎用

  • お湯 (80度) (適量)

シロップ

  • 水 (50ml)
  • グラニュー糖 (30g)
  • リキュール (グランマニエ) (小さじ1)
  • 氷水 (適量)

チョコクリーム

  • ホワイトチョコレート (80g)
  • 生クリーム (200ml)

飾り用

  • ホワイトチョコレート (40g)
手順
  1. バターは湯煎にかけ溶かしておきます。 型にシートを敷き込んでおきます。 オーブンは180℃に予熱をしておきます。
  2. スポンジ生地を作ります。 ボウルに卵とグラニュー糖を入れ、湯煎にかけながら泡立て器で泡立て、グラニュー糖が溶けたら湯煎から外します。泡立て器を持ち上げ生地を垂らし八の字を描き、10秒程度八の字が消えず残るまでしっかり泡立てます。
  3. 薄力粉を振るい入れ、ゴムベラで切るようにさっくり混ぜ合わせます。
  4. 溶かしバターを加え混ぜ合わせます。
  5. 型に流し入れ2、3回トントンと上から下へ軽く落とし空気を抜いたら180℃のオーブンで25分焼きます。焼きあがったらすぐに型から外し粗熱をとります。
  6. シロップを作ります。 鍋にシロップ用の水、グラニュー糖を入れ中火で加熱し砂糖が溶けたら火を止め、氷水に浸けて粗熱をとり、グランマニエを加え混ぜ合わせます。
  7. チョコクリームを作ります。 飾り用のホワイトチョコレートはスプーンで表面を削ります。チョコクリーム用のホワイトチョコレートは包丁で細かく刻みます。
  8. 鍋に生クリームを入れ、中火にかけ沸騰直前で火を止め、ボウルに移し6のクリーム用のホワイトチョコレートを入れ溶かします。
  9. 氷水に浸けながら泡立て器でもったりとするまで良く混ぜます。
  10. デコレーションを行います。 4を横に3等分に切り、一番下になるスポンジの上部に5、8の順に塗ります。中段のスポンジケーキを重ね、上部に5、8の順に塗り、スポンジケーキを重ねます。
  11. 9の上部と側面に5を塗り、残りの8でコーティングし、上部に6の飾り用のチョコを乗せて出来上がりです。

ウィーン発祥のホワイトチョコケーキ「ザルツブルガー・トルテ」です。真っ白なクリームとチョコでデコレーションしたケーキは見映えも豪華で、素材のおいしさをたっぷり味わえますよ。おもてなしや、優雅なティータイムにぴったりですね。

undefined

生クリームは沸騰させるとホワイトチョコと混ぜた時に分離しやすいので、沸騰する直前に火を止めてくださいね。

爽やかで優しい甘さ!レモンのホワイトブラウニー

材料 (1台分(18×18×5cmのスクエア型))

粉類

  • 薄力粉 (100g)
  • ベーキングパウダー (3g)
  • レモン (1個)
  • グラニュー糖 (レモン用) (大さじ1)
  • ホワイトチョコレート (100g)
  • 無塩バター (100g)
  • お湯 (湯煎用・60℃) (適量)
  • グラニュー糖 (50g)
  • 溶き卵 (2個分)
  • ミックスナッツ (50g)

トッピング

  • ホワイトチョコレート (50g)
  • お湯 (湯煎用・60℃) (適量)
手順
  1. オーブンは170℃に予熱しておきます。
  2. レモンは3mm幅の薄切りにします。耐熱皿に入れグラニュー糖を加えラップをし600Wの電子レンジで2分、レモンの皮が透き通るまで加熱し、粗熱を取ります。
  3. ミックスナッツを粗めに刻みます。
  4. 無塩バターは2cm角に切ります。ホワイトチョコレートは刻みます。
  5. ボウルに3を入れ、湯煎にかけ、ゴムベラなどでよく混ぜながら溶かします。
  6. 湯煎からはずし、グラニュー糖を加えよく混ぜ合わせ、溶き卵を2~3回に分け入れます。つやが出るまで混ぜ合わせます。
  7. 粉類を振る入れゴムベラでさっくりと混ぜ合わせ、2を加え全体に混ぜ合わせます。
  8. クッキングシートを敷いた型に6を流し込み、水気をキッチンペーパーで拭き取った1を上に乗せます。
  9. 170℃のオーブンで20分焼き、こんがりと焼き色がつき、中まで火が通るまで焼きます。粗熱が取れたら型から外し、冷まします。
  10. トッピング用のホワイトチョコレートを湯煎にかけて溶かします。
  11. 9を8にかけたら完成です。

スライスしたレモンをトッピングした、ホワイトチョコブラウニーです。レモンの爽やかな酸味と、ほわいとちょこのコクのある甘みのハーモニーがたまらないおいしさ!ミックスナッツの食感もいいアクセントとなっています。見た目も可愛いので、プレゼントやおもてなしにもぴったりですよ。

undefined

レモンは国産のものを使用しています。レモンの防カビ剤が気になる方は国産の防カビ剤不使用のものをご使用くださいね。

一口サイズでサクサク!ホワイトチョコレートのバーチ・ディ・ダーマ

材料 (39個分)

粉類

  • アーモンドプードル (50g)
  • 薄力粉 (45g)
  • ココアパウダー (5g)
  • 無塩バター (50g)
  • 粉糖 (30g)
  • 強力粉 (打ち粉用) (適量)
  • ホワイトチョコレート (30g)
  • お湯 (湯煎用、60℃) (適量)
手順
  1. 無塩バターは常温に戻しておきます。
  2. 無塩バターをゴムベラで練り、粉砂糖を加えてよく練り合わせます。
  3. 粉類をふるい入れて、混ぜ合わせます。
  4. ひとまとめにして、厚さ1cm程の四角形にします。ラップに包み、冷蔵庫に30分程寝かせます。この間にオーブンを180℃に予熱します。
  5. 打ち粉をして、3を1cm角に切り分けます。
  6. 丸形に整え、クッキングシートを敷いた天板に並べます。180℃のオーブンで15分焼き、粗熱を取ります。
  7. 耐熱ボウルにホワイトチョコレートを割り入れて、湯煎で溶かします。
  8. 5の半量に6を付けて、残りの5で挟み、ホワイトチョコレートが固まったら出来上がりです。

貴婦人のキスとも呼ばれるイタリアのクッキー「バーチ・ディ・ダーマ」。2つのコロンとした小さなココアッキーで、ホワイトチョコをはさみました。さくさくとほろ苦いココア生地とクリーミーな甘さのホワイトチョコは相性抜群!一口サイズで食べやすく、ついつい手がとまらなくなるおいしさですよ。

undefined

今回は予熱180℃のオーブンで15分焼いていますが、機種によりそれぞれ焼き時間が異なりますので、様子を見ながら調整してください。また焼き目が付きすぎてしまう場合は、途中アルミホイルをかけてくださいね。

ラム香る!濃厚ホワイトチョコのレーズンバターサンド

材料 (10個分)

クッキー生地

  • 薄力粉 (150g)
  • アーモンドプードル (50g)
  • 無塩バター (100g)
  • 粉糖 (70g)
  • 溶き卵 (Mサイズ) (1/2個分)
  • バニラエッセンス (適量)

レーズンバター

  • ホワイトチョコレート (80g)
  • お湯 (湯煎用・60℃) (適量)
  • 有塩バター (80g)
  • ラムレーズン (50g)
手順
  1. 無塩バター、有塩バターは常温に戻しておきます。
  2. クッキー生地を作ります。ボウルに無塩バター、粉糖を加え泡立て器でよく混ぜ合わせます。
  3. 白っぽくなったら、溶き卵とバニラエッセンスを加え混ぜ合わせます。薄力粉、アーモンドプードルをふるい入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。
  4. ひとまとめにし、ラップで包み、冷蔵庫で60分寝かせます。
  5. レーズンバターを作ります。ホワイトチョコレートを湯煎にかけて溶かし、粗熱をとります。
  6. ボウルに有塩バターを入れ、クリーム状になるまでゴムベラで練ります。4をよく混ぜ合わせたらラムレーズンを加え混ぜ合わせます。
  7. ラップを敷いたバットに流し、ラップをかけ、冷蔵庫で1時間冷やし固めます。
  8. オーブンを170℃に予熱します。3のラップを広げ、めん棒で5mmの厚さに伸ばします。
  9. 4cm角に切り分け、クッキングシートを敷いた天板に並べます。170℃のオーブンで15分こんがりと焼きあげたら冷まします。
  10. 6に8を並べ、切り分けます。8ではさみ、残りも同様に作ったら完成です。

ホワイトチョコを混ぜ込んだ濃厚レーズンバターを、アーモンドプードルを加えたサクサクなクッキーで挟んだレーズンバターサンドです。ラムレーズンの香りと風味が大人リッチな味わい。

undefined

このように冷やし固めたレーズンバターの上に、焼き上がったクッキーを乗せて切り分けます。レーズンバターをバットに流し込むときはクッキーのサイズと合わせて広げることがポイントです。

思い立ったらすぐに作れる!ラズベリーとホワイトチョコのマフィン

材料 (6個分(直径5cmマフィン型))

粉類

  • 薄力粉 (130g)
  • ベーキングパウダー (4g)
  • ①無塩バター (80g)
  • ①砂糖 (80g)
  • 溶き卵 (Mサイズ) (2個分)
  • 牛乳 (50ml)
  • ラズベリー (50g)
  • ホワイトチョコレート (50g)
手順
  1. 無塩バターは常温に戻しておきます。薄力粉とベーキングパウダーは振るっておきます。オーブンは180℃に予熱しておきます。
  2. ホワイトチョコレートは粗く刻みます。
  3. ボウルで①を入れ、泡だて器で白っぽくなるまで混ぜ合わせます。
  4. 溶き卵を少しずつ加えて混ぜ合わせ、粉類を加えてゴムベラでさっくりと混ぜます。
  5. 牛乳を少しずつ加えてその都度混ぜ合わせ、ラズベリーと1を加えてさらに混ぜ合わせます。
  6. 型に流し入れ、180℃のオーブンで30分焼いて完成です。

甘酸っぱいラズベリーとミルキーな甘さのホワイトチョコがとってもよく合う、ラズベリーとホワイトチョコのマフィンです。材料を混ぜて焼くだけで簡単に作れるので、毎日のおやつにぴったり。色合いも可愛いのでプレゼントやおもてなしにもおすすめです。

undefined

溶き卵は少しずつ入れ、分離しないようにその都度混ぜ合わせることがポイントです。卵もバターと同様に常温に戻しておくと馴染みやすいですよ。

しっとり!ココナッツ香るホワイトチョコのパウンドケーキ

材料 (1台分(横25cm×縦6cm×高さ5cm))

粉類

  • 薄力粉 (100g)
  • アーモンドプードル (100g)
  • ベーキングパウダー (5g)
  • 無塩バター (100g)
  • 砂糖 (100g)
  • 溶き卵 (Mサイズ) (2個分)
  • ココナッツロング (50g)

トッピング

  • ホワイトチョコレート (100g)
  • お湯 (湯煎用60℃) (適量)
  • 生クリーム (50ml)
  • ダイスピスタチオ (5g)
手順
  1. オーブンは170℃に予熱しておきます。 無塩バターは常温に戻しておきます。 型にクッキングシートを敷いておきます。 薄力粉はふるっておきます。
  2. ボウルに無塩バターと砂糖を入れホイッパーで白っぽくなるまで混ぜ合わせます。
  3. 溶き卵を3回に分けて入れ、混ぜ合わせます。
  4. ココナッツロングを加え、混ぜ合わせます。
  5. 粉類を入れ、ゴムベラで切るようにさっくりと混ぜ合わせます。
  6. 型に流し込み、170℃のオーブンでふっくらと焼き色がつくまで40分ほど焼き、型から外し粗熱を取ります。
  7. 耐熱ボウルにホワイトチョコレートを入れ、湯煎で溶かし、生クリームを入れ混ぜ合わせます。
  8. 5にトッピングの材料をかけ、冷蔵庫で20分ほど冷やし、ホワイトチョコレートが固まったら完成です。

アーモンドプードルを加えしっとりと焼き上げたパウンドケーキを、ホワイトチョコソースでコーティングしました。ココナッツの香りと風味がとてもよく、贅沢な味わいです。トッピングしたピスタチオもよいアクセントとなっています。

undefined

10㎝くらいのところに型を持ちあげトンっと落とす作業を2~3回繰り返すと、空気が抜けケーキを切った時の断面が綺麗に仕上がりますよ。

見た目も味も華やか!いちごとホワイトチョコのパウンドケーキ

材料 (1台分(横16.5cm×縦7cm×高さ5.5cm 750mlのパウンド型))

粉類

  • 薄力粉 (120g)
  • ベーキングパウダー (2g)
  • いちご (10個)
  • 無塩バター (100g)
  • 溶き卵 (Mサイズ) (2個分)
  • 砂糖 (60g)
  • ホワイトチョコレート (50g)
  • 食紅 (適量)
  • ホワイトチョコレート (コーティング用) (50g)
  • お湯 (湯煎用 60℃) (適量)
  • いちご (トッピング用) (3個)
  • チャービル (トッピング用) (適量)
手順
  1. 無塩バター、溶き卵は常温に戻しておきます。 型にクッキングシートを敷いておきます。 オーブンは180℃に予熱しておきます。 いちごのヘタはとっておきます。
  2. いちご、は1cm角に切ります。3個分はトッピング用に取りおきます。
  3. ホワイトチョコレートは細かく刻みます。
  4. ボウルに無塩バターを入れ、クリーム状になるまで泡立て器で混ぜ合わせたら、砂糖を加えて白っぽくなるまで混ぜ合わせます。
  5. 溶き卵を3回に分けて加え、その都度よく混ぜ合わせたら、粉類をふるい入れゴムベラで混ぜ合わせます。
  6. 生地を半分に分け、片方に生地用の1と食紅を入れよく混ぜ合わせます。もう片方の生地に2を入れ混ぜ合わせたら、2つの生地を合わせてマーブル状にします。
  7. 型に流し入れ180℃のオーブンで30分焼きます。中心まで焼きあがったら粗熱をとります。
  8. ボウルにコーティング用のホワイトチョコレートを手で砕いて、湯せんにかけて溶かします。
  9. 6に7をかけ、トッピング用の1をのせます。ホワイトチョコレートが固まったら切り分けて器に盛りつけます。チャービルをのせて完成です。

続いて、簡単に作れてとっても華やかな、いちごとホワイトチョコのパウンドケーキのレシピです。しっとりとした生地と甘酸っぱいいちごは相性抜群!切った時の断面がピンクのマーブル模様でとてもかわいいですよ。おもてなしやティータイムのお供にぜひ作ってみてくださいね。

undefined

2つの生地を混ぜ合わせる時は、あまり混ぜすぎるとマーブル模様が綺麗に出なくなってしまいますので気をつけましょう。

かわいくデコレーション!ホワイトチョコりんご飴

材料 (2人前)
  • ひめりんご (4個)
  • 砂糖 (80g)
  • 水 (30ml)
  • 食紅 (赤) (適量)
  • ホワイトチョコレート (コーティング用) (60g)
  • お湯 (湯煎用・60℃) (適量)
  • ラズベリー (フリーズドライ) (30g)
手順
  1. ひめりんごはよく洗って水気を拭き取っておきます。ラズベリーは砕いておきます。
  2. ひめりんごは軸を取り除き、芯の部分に竹串を刺します。
  3. 鍋に砂糖、水、食紅を入れ混ぜ合わせ、中火で加熱します。
  4. 煮立ってから5分程加熱し、砂糖が溶けてとろみがつき、全体が泡立ったら火から下ろします。熱いうちに1の全体に絡め、クッキングシートを敷いたバットに置いて乾かします。
  5. ボウルに、ホワイトチョコレートを入れ、湯煎にかけて溶かします。
  6. 3をつけて絡め、別のボウルに入れたラズベリーを下から半分に付けます。
  7. クッキングシートに置いて乾かし、チョコレートが固まったら完成です。

屋台の定番りんご飴をお家で作ってみませんか?小さな姫リンゴに飴をかけ、ホワイトチョコとラズベリーでデコレーションし、とっても可愛いりんご飴に仕上げました。お子様と一緒に作るのも楽しいですね。

undefined

飴の材料を鍋に入れ、加熱をし出したら混ぜないことがポイントです。混ぜるとざらざらな仕上がりになりますので気をつけてくださいね。

冷凍パイシートで簡単!ホワイトミルフィーユチョコ

材料 (12個分)
  • 冷凍パイシート (10cm×17cm) (2枚)
  • クリームチーズ (100g)
  • グラニュー糖 (30g)
  • コーティングチョコレート (ホワイトチョコレート) (150g)
  • お湯 (60℃) (適量)
手順
  1. クリームチーズは、常温に戻しておきます。冷凍パイシートを半解凍状態にしておきます。オーブンは200℃で予熱をしておきます。
  2. 冷凍パイシートを横向きに置き、麺棒で横21cm縦15㎝に伸ばし、縦に6等分横2等分に切り、12枚を2セット合計24枚に切ります。
  3. クッキングシートを敷いた天板に1を乗せ、フォークで穴を開けてから、上に網を乗せた状態で200℃のオーブンで15分焼き、粗熱をとります。
  4. ボウルにクリームチーズを入れ泡だて器で練り、滑らかになったらグラニュー糖を加えさらに良く混ぜます。
  5. 2の片面に3を塗り、2枚を合わせます。それを12組作ります。
  6. コーティングチョコレートをボウルに入れ湯煎で溶かします。
  7. 4を入れコーティングし、クッキングシートの上に乗せ、常温で10分おき固まったら出来上がりです。

クリームチーズとホワイトチョコを合わせたコクのあるクリームで、パイをコーティングしたホワイトミルフィーユチョコです。冷凍パイシートを使い簡単に作ることができますよ。サクサクとした食感のパイと甘いクリームがとてもよく合います。

undefined

パイシートの上に網を乗せて焼くことで膨らむのを防げるので、必ず乗せて焼いてくださいね。

見た目もばっちり!2層のチョコレートバーク

材料 (16枚分(21cm角型))
  • ビターチョコレート (200g)
  • ホワイトチョコレート (200g)
  • お湯 (湯煎用 50~60℃) (適量)
  • アーモンド (20g)
  • カシューナッツ (20g)
  • ミックスドライフルーツ (60g)
手順
  1. 型にクッキングシートを敷いておきます。
  2. ビターチョコレートとホワイトチョコレートを細かく刻み、それぞれ耐熱ボウルに入れます。
  3. ミックスドライフルーツは細かく刻みます。
  4. アーモンドとカシューナッツはポリ袋に入れ、めん棒で叩き粗めに砕きます。
  5. 湯煎用のお湯を入れた耐熱ボウルの上に1のビターチョコレートの入った耐熱ボウルを重ねて湯煎で溶かします。
  6. 型に4を流し込み、均一に広げ粗熱をとり、冷蔵庫で30分程冷やし固めます。
  7. 再び湯煎用の耐熱ボウルの上に1のホワイトチョコレートの入った耐熱ボウルを重ねて湯煎で溶かしておきます。
  8. 5の上に6を流し入れ、均一にし、2、3をのせ指で少し押し込み、粗熱をとり、冷蔵庫で冷やし固めます。
  9. 型から外し、好きな大きさに切ったり割って完成です。

ビターチョコとホワイトチョコを使った、見た目も可愛い2層のチョコレートバークです。ドライフルーツやナッツの食感もよく、色鮮やかな仕上がりになります。綺麗に包丁で切り分けても、ランダムに手で割ってもオシャレですね!

undefined

湯煎にかけるときは、チョコに水が入らないように気をつけてくださいね。また、チョコを溶かすときの温度が熱すぎると、ぼそぼそとしてしまう原因になるので注意しましょう。

なめらかな口どけが最高!とろけるホワイト生チョコレート

材料 (24個分)
  • ホワイトチョコレート (200g)
  • 生クリーム (70ml)
  • 無塩バター (10g)
  • 粉糖 (溶けないタイプ) (大さじ2)
  • お湯 (湯煎用) (適量)
  • ミント (適量)
手順
  1. クッキングシートで型を作っておきます。
  2. ホワイトチョコレートを、包丁で細かく刻み、ボウルへ入れます。
  3. 小鍋に生クリームを入れ、中火にかけ沸騰直前で火を止め、1へ入れ、湯煎でホワイトチョコレートを溶かします。
  4. ホワイトチョコレートがしっかり溶けたら無塩バターを入れ溶かします。
  5. クッキングシートの型に流し入れ、冷蔵庫で2時間以上冷やします。
  6. しっかり固まったら、冷蔵庫から取り出し24個に切ります。
  7. 粉糖をかけてミントを添えたら出来上がりです。

口の中でとろける!ホワイト生チョコレートです。チョコ好きにはたまらない贅沢スイーツ!シンプルなので、生チョコのおいしさがしっかりと味わえますよ。

undefined

今回は乳脂肪分35%の動物性生クリームを使用して作っていますが、生クリームの種類によって仕上がりの柔らかさが異なることがあります。また生クリームは温めすぎると分離する原因になるので気をつけてくださいね。

簡単なのにリッチで濃厚!抹茶生チョコタルト

材料 (4人前 縦(底部)165×横70×高さ60(mm)パウンド型)
  • ビスケット (80g)
  • 溶かしバター (無塩) (50g)
  • ホワイトチョコレート (計5枚) (200g)
  • 生クリーム (100ml)
  • 無塩バター (30g)
  • 抹茶パウダー (大さじ2)
  • ココアパウダー (適量)
  • 抹茶パウダー (適量)
手順
  1. 型にクッキングシートを敷いておきます。
  2. ビスケットを袋に入れて細かく砕きます。溶かしバター50gを入れて馴染むまで揉みます。型に敷き詰めて冷蔵庫へ入れ20分おきます。
  3. 鍋に生クリームを入れ中火にかけ沸騰直前で火を止めて、ホワイトチョコレートを入れて溶かします。抹茶パウダー、無塩バターを入れてツヤが出るまで混ぜ合わせます。
  4. 1の型に2を流し入れて冷蔵庫で2時間以上固まるまで冷やします。
  5. 3が冷えたら型から取り出して上からココアパウダーを振り、クッキングシートを斜めに置き、その上に抹茶パウダーを振って完成です。

最後にご紹介するのは、とっても簡単に作れてリッチな味わいの抹茶生チョコタルトです。 コクのある甘いホワイトチョコと、ほろ苦い抹茶パウダーがよく合います。見栄えもよくおもてなしにもぴったりです。

undefined

細かく砕いたビスケットは、溶かしバターでしっとりするまで揉みこむと、まとまりやすいですよ。また型に詰める時は、スプーンを使って押し付けながら平らにしていくと綺麗にできます。

ホワイトチョコでしっとり濃厚なスイーツを楽しもう

いかがでしたか?今回はホワイトチョコを使った濃厚でリッチなスイーツをご紹介しました。見た目にも可愛く、プレゼントやおもてなしにもおすすめなレシピばかりです!生地に混ぜ込んでも、コーティングとしてもおいしいホワイトチョコ。この機会にぜひお試しくださいね。

元記事で読む