1. トップ
  2. インテリア
  3. おうち時間がもっと楽しくなる、エディターのお気に入りインテリア。

おうち時間がもっと楽しくなる、エディターのお気に入りインテリア。

  • 2019.11.7
  • 3392 views

おうち時間がもっと楽しくなる、エディターのお気に入りインテリア。

2019.11.06 20:01

家で過ごす時間が増える秋冬には、お気に入りのインテリアで気分転換。あったかキルトからキュートなランプまで、エディターお気に入りのインテリアをご紹介。

キルト ¥97,000/A.P.C.(アー・ペー・セー カスタマーサービス)

【さらに写真を見る】おうち時間がもっと楽しくなる、エディターのお気に入りインテリア。

甘くないほっこり感で、居心地のよい部屋に。

グッと寒くなってくる秋冬は 家でおこもりしたいから、ほっこりとリラックスした空間づくりを心がけています。インテリアもので今、欲しいと狙いを定めているのが「アーペーセー」のキルト。グラフィカルでキルトらしい柄だけど、ベージュやブラウン、カーキといったミリタリーカラーの組み合わせがとってもシックで、男子部屋にもマッチします。しかもこのキルトにはサスティナブルな側面も。クリエイティブ・ディレクターのジャン・トゥイトゥとデザイナーのジェシカ・オグデンの共同プロジェクトとして展開されていて、生地は過去の「アーペーセー」コレクションの生地などが使われているそう。まずはベッドカバーとして使おうと計画中なんですが、寝室のネイビーの壁にもマッチしそうで今から楽しみ!(VOGUE GIRL副編集長 荒井 現)

アー・ペー・セー カスタマーサービス

0120-500-990

 

Bepplay A1 ¥27,685/BANG&OLUFSEN(TFC)

部屋にすっと馴染む。ミニマルなポータブルスピーカー。

私にとって、家時間を素敵に演出してくれるものは音楽。ベッドサイドでもキッチンでも、ティータイムもバスタイムも音楽が流れているだけで幸せな気分になれます。据え置きのスピーカーもありますが、今秋狙っているのがデンマーク発「バング&オルフセン」の定番ポータブルスピーカー。手のひらサイズで手軽に移動でき、置いてもかけても使用できる。北欧ブランドらしいアルミニウムのころんとしたミニマルなデザインがどこにでもすっと馴染みます。秋の夜長にはジャズやクラシックをこれで堪能したい気分。防滴・防塵加工なのでアウトドアシーンでも活躍させたいです。(VOGUE GIRL エディター 蔵澄 千賀子)

TFC

03-5770-4511

 

掛けオブジェ ¥35,000/ルーツ トゥ ブランチズ

ナチュラルでいてモダンな、壁掛けアート。

最近、引越したこともあり、インテリアや雑貨巡りが今まで以上に楽しみで仕方ありません。そんななか、今気になっているのが、洋服以外にも器やアート、植物などを取り揃えた、ライフスタイル型のセレクトショップ「ルーツ トゥ ブランチズROOTS to BRANCHES)」で出会った、こちらのウォール・ハンギングです。セラミックや粘度といった材料を使い、自然が織りなす優しい色彩をリズミカルなパターンで表現したオブジェ。カリフォルニアをベースに活動するヘザー・ラヴィーンという女性アーティストによるハンドメイドの作品だそうですが、ナチュラルでありながらもほっこりしないグラフィカルなデザイン、この絶妙なバランスが好みです。観葉植物なども合わせて新調して、お部屋のインテリアをアップデートしたいところです。(VOGUE GIRL エディター 諸岡 由紀子)

ルーツ トゥ ブランチズ

03-5728-5690

 

旅の思い出を閉じ込めたマグカップ。

「スターバックス」の“YOU ARE HERE COLLECTION”って知ってますか? その土地を象徴する風景をアイコニックにデザインしたマグカップが揃う、世界20カ国以上で展開されるコレクションです。現地でしか手に入らない“ご当地マグカップ”となると、コレクター心がくすぐられ、旅先で見つけるたびに購入するのがマイルールに。今回は選りすぐりの3点を紹介しましたが、家にはもっとたくさん、すでに10以上のマグカップが揃っています。同じフォルムのデザイン違いなので、並べるだけでサマになるのも◎。数が多いのでアートピースのように飾っているのですが、目にするたびに楽しかった旅の時間を思い出せます。まだ見ぬデザインが多数ですが、いつかコンプリートしたい!(VOGUE GIRL ジュニア・エディター 宮島 彰子)

 

ニューゲイト ワイドボーイ ¥6,600/MoMA(モマ デザインストア)

レトロな趣きに一目惚れ。

理想の時計に出会えず家には時計が1年以上ありませんでしたが(笑)、ある週末にふと寄った「モマ デザインストア」でクラシカルな卓上時計を発見! 壁掛け時計を探していましたが、卓上時計にはそれにしかない趣きがあるなと思いこちらを選びました。直線と曲線を掛け合わせたオブジェのような佇まいがミッドセンチュリー風で、文字盤の数字がレトロなその名も“Wideboy”。チクタクと音がしないのでベットサイドに置いています。アラーム付きなので、スマホのアラームで起きてそのままだらだらSNSチェック、という悪しき習慣もなくなりました。木を使った家具が多い我が家には、このオーセンティックなムードがぴったりとハマっています。(VOGUE GIRL アシスタント・エディター 塚原 由香理)

モマ デザインストア

03-5468-5801

 

シェル ランプ ピンク ¥2,900/FRANCFRANC(フランフラン)

一点投入で華やぐ、ガーリィなシェルランプ。

部屋の雰囲気を一気にガーリーにしてくれる貝殻型のランプ。球型ライトとシェル部分が分かれているので、ライトをはずして貝殻の中にアクセサリーや小物を置けたり、ちょっとしたオブジェとして活躍してくれたりとアイデア次第で使い方自在! オーロラのようにドリーミィに輝く貝殻部分は見ているだけで気分が上がります。小ぶりながらも一点投入でテーブル周りを上品に華やげてくれる照明は、1つ持っておいて損はなし! 値段も3,000円程度と手に取りやすい価格なので、女性らしいインテリアをお探しの人にオススメしたい一品です。(VOGUE GIRL アシスタント・エディター 田中 莉子)

フランフラン

0120-500-924

 

元記事を読む