1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. もう見た? 日本史上最大の約130点が集結した「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」。

もう見た? 日本史上最大の約130点が集結した「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」。

  • 2019.11.7
  • 991 views

もう見た? 日本史上最大の約130点が集結した「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」。

2019.11.06 18:00

1980年代のニューヨークのアートシーンで活躍し、現在もアート界のレガシーとして讃えられるジャン=ミシェル・バスキア。プライベートコレクションを含む、世界各地から集められた約130点の絵画やオブジェ、ドローイングなどで構成された日本初となる本格的な展覧会が、森アーツセンターギャラリーで絶賛開催中。期間は2019年11月17日(日)まで。まだの方は急いでGO!

Artwork © Estate of Jean-Michel Basquiat. Licensed by Artestar, New York、Photo: H.Masaki (Studio PUNKFLOYD/ r.p.j /PUN G FLOYD)
ジャン=ミシェル・バスキア
Untitled, 1982
Yusaku Maezawa Collection, Chiba

【さらに写真を見る】もう見た? 日本史上最大の約130点が集結した「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」。

 

1980年代から現在にいたるまで、アートやカルチャー、そしてファッションシーンにも多大な影響をおよぼすジャン=ミシェル・バスキア。ジャズやヒップホップ、アフリカの民俗や人権問題などの主題を扱ったパワフルな作品の中から、バスキア研究の世界的権威であるディーター・ブッフハート氏によって厳選された約130点が、森アーツセンターギャラリーに集結。中には、ZOZO前社長の前澤友作氏がサザビーズのオークションでおよそ123億円で落札した作品も!

日本がバブル景気を迎えていた1980年代に少なくとも3度に来日したというバスキア。日本カルチャーにインスパイアされることもあり、「YEN」といった当時の日本の勢いを反映したモチーフやひらがなが作品に度々登場する。作品が生まれた背景や作品へのより深い理解を助ける音声ガイドは、女優の吉岡里帆が担当。来場者全員に無料で貸し出してくれるので、バスキアの世界をたっぷりと堪能して。

バスキア展 メイド・イン・ジャパン

開催期間/〜2019年11月17日(日)
開催場所/森アーツセンターギャラリー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
お問い合わせ/03-5777-8600(ハローダイヤル)
入館料/¥2,100(一般) ¥1,600(高校・大学生) ¥1,100(小・中学生)
開館時間/10:00~20:00(入場は閉館の30分前まで)
www.basquiat.tokyo

オリジナルサイトで読む