1. トップ
  2. レシピ
  3. リーズナブルでもボリューム満点! ご飯と相性抜群な「とりむね肉のマリネ」5選

リーズナブルでもボリューム満点! ご飯と相性抜群な「とりむね肉のマリネ」5選

  • 2019.11.6
  • 2952 views
「とりのレモンペッパーマリネ」
料理:渡辺麻紀 撮影:白根正治

やわらかい食感が絶品!「とり肉のトマトマリネ」

さまざまな料理にアレンジできる“とりむね肉”は、リーズナブルな食材の代表格。レシピのバリエーションが何種類あっても困ることはありません。今回はご飯が進むとりむね肉のマリネをチョイスしました。家庭にある調味料でマリネ液を作るので、手軽にチャレンジできるはず。

とりのレモンペッパーマリネ

【材料・2人分】

とりむね肉(皮なし)大1枚(約350g)、下味(粗塩 小さじ1、こしょう 少々)、玉ねぎの縦薄切り 1/4個分、黄パプリカの横薄切り 1/4個分、サラダ菜 適宜、マリネ液(レモン汁 1/4カップ、酢、はちみつ、オリーブ油 各大さじ1、砂糖 小さじ2、粗びき黒こしょう 小さじ1、塩 小さじ1/4)、小麦粉、揚げ油、粗塩

【作り方】

1. とり肉は一口大のそぎ切りにする。下味を全体にふり、手ですり込んで約10分おき、ペーパータオルで余分な水けを拭く。ボウルに小麦粉大さじ3を入れ、とり肉を1切れずつ入れてまぶす。マリネ液の材料は混ぜ合わせる。

2. 鍋に揚げ油を高温(約180℃)に熱し、1のとり肉を1切れずつ入れる。途中、上下を返し、約3分揚げる。取り出して油をきり、熱いうちに1のマリネ液に入れ、さっとあえる。

3. 2に玉ねぎ、黄パプリカ、粗塩少々を加え、手早くからめる。表面が空気に触れないようにラップをかけ、そのままおく。粗熱がとれたら器に盛り、サラダ菜を添える。

※粗熱がとれたあと、冷蔵庫で3時間ほど冷やすと、さらに味がなじんでおいしい。

(1人分429Kcal、塩分2.7g)

酢やはちみつをベースにした甘酸っぱいマリネ液が味の決め手。冷蔵庫で3時間ほど寝かせると、さらに味が染み込んでおいしくいただけます。鼻から抜ける粗びき黒こしょうがGOOD。

とり肉のトマトマリネ

とり肉はめん棒で薄くのばしてボリュームをアップ。みずみずしいトマトと玉ねぎの辛みが相性抜群です。

やわらかい食感が絶品!「とり肉のトマトマリネ」
料理:小林まさみ 撮影:木村拓

とりむね肉と豆のマリネ

片栗粉をまぶしてからとり肉をゆでることで、しっとりした食感に仕上がります。お好みでイタリアンパセリをちらしてもOK。

「とりむね肉と豆のマリネ」
料理:脇雅世 撮影:野口健志

とりのみそマリネ蒸し焼き

プレーンヨーグルトをマリネ液に加えてコクをプラス。れんこんとピーマンはざっと混ぜて3~4分ほど蒸し焼きにしましょう。

「とりのみそマリネ蒸し焼き」
料理:小林まさみ 撮影:白根正治

おかずチキンマリネ

ピーマンやにんじんをたっぷり加えた色鮮やかな1品。フライパンでとり肉がカリッとするまで揚げ焼きにするのがポイントです。

「おかずチキンマリネ」
料理:堤人美 撮影:福岡拓

鮮度のよいとりむね肉は身が厚く、きれいなピンク色をしています。ドリップが出ているものは古くなっているので、選ぶときに注意してください。(レタスクラブニュース)

オリジナルサイトで読む