1. トップ
  2. 『ゲーム・オブ・スローンズ』ショーン・ビーン、ドラマ版『スノーピアサー』に出演!

『ゲーム・オブ・スローンズ』ショーン・ビーン、ドラマ版『スノーピアサー』に出演!

  • 2019.11.6
  • 516 views

大ヒット大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』のネッド・スターク役や、大人気ファンタジー映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのボロミア役で知られるショーン・ビーンが、米TNTのドラマ版『スノーピアサー』に出演することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

フランスのコミックスが原作となる映画『スノーピアサー』では、寒冷化によって人類の大半が死滅した世紀末的な未来を舞台に、全生存者を乗せて走り続ける巨大列車の中で繰り広げられる劣悪な差別や凄絶な反乱の行方が描かれた。ポン・ジュノ(『グエムル -漢江の怪物-』)がメガホンを取った映画の出演者は、クリス・エヴァンス(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)、ソン・ガンホ(『殺人の追憶』)、ジェイミー・ベル(『ロケットマン』)、ジョン・ハート(『ハリー・ポッター』シリーズ)、エド・ハリス(『ウエストワールド』)、ティルダ・スウィントン(『ドクター・ストレンジ』)など。

ドラマ版でショーンが演じる役柄については詳細が伏せられているが、近く撮影が開始されるシーズン2のレギュラーとして起用されたという。本作の配役に関しては、ダヴィード・ディグス(『ワンダー 君は太陽』)、ジェニファー・コネリー(『ビューティフル・マインド』)、イド・ゴールドバーグ(『ディファイアンス』)、アリソン・ライト(『ジ・アメリカンズ』)、ミッキー・サムナー(『人生はローリングストーン』)、アナリース・バッソ(『はじまりへの旅』)などがすでにキャスティングされている。

『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』でクリエイターを務めたグレーム・マンソンがショーランナーとパイロットの脚本を担当し、メガホンを取るのはスコット・デリクソン(『ドクター・ストレンジ』)、ジェームズ・ホーズ(『ブラック・ミラー』)、マシュー・オコナー(『運命を変える8日間』)。

イギリス出身のショーンは、ハリソン・フォード主演作『パトリオット・ゲーム』や『007/ゴールデンアイ』の悪役で注目され、『ロード・オブ・ザ・リング』のボロミア役で世界的な知名度を獲得。命を落とす役が多いことでも知られる。犯罪捜査ドラマ『フランケンシュタイン・クロニクル』やSF映画『オデッセイ』など映画、ドラマの両方で精力的に活動しており、コメディドラマ『ウェイステッド』では本人役を演じていた。

ドラマ版『スノーピアサー』のシーズン1は、米TNTにて2020年に放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:

ショーン・ビーン
(C)JOE VINCENT/FAMOUS

元記事で読む
の記事をもっとみる