1. トップ
  2. レシピ
  3. 夕食で余ったらお弁当に入れても♪ 小さめサイズで食べやすい「コロッケ」5選

夕食で余ったらお弁当に入れても♪ 小さめサイズで食べやすい「コロッケ」5選

  • 2019.11.4
  • 1708 views
「トルコ風コロッケ」
料理:坂田阿希子 撮影:白根正治

ひと口サイズで食べやすい「ポパイコロッケ」

サクサク&ホクホクの食感が楽しめる“コロッケ”。ハンバーグのような小判型のスタイルが一般的ですが、今日はちっちゃいサイズのコロッケを作ってみませんか? どれもボール型で食べやすく、具材にもアレンジが加わっています。多めに作ればお弁当にもぴったりです。

トルコ風コロッケ

【材料・2人分】

じゃがいも 2個、合いびき肉 70g、なす 2個、玉ねぎのみじん切り 1/3個分、ソース(プレーンヨーグルト 1/4カップ、おろしにんにく 1/4片分、レモン汁 小さじ1/2、オリーブ油 小さじ1、塩 小さじ1/3、こしょう 少々)、ころも(小麦粉、溶き卵、パン粉 各適宜)、オリーブ油、トマトケチャップ、カレー粉、塩、こしょう、揚げ油

【作り方】

1. なすは皮をむき、1cm角に切る。

2. フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、玉ねぎ、なすを炒める。なすがやわらかくなったら木べらなどで全体を軽く潰す。

3. ひき肉を加えて炒め、肉の色が変わったらケチャップ小さじ2、カレー粉小さじ2/3、塩小さじ1/2、こしょう少々で調味する。

4. じゃがいもは四つ割りにする。鍋にたっぷりの水、じゃがいもを入れて約12分ゆでる。竹串がすっと通るようになったらざるにあけて湯をきり、じゃがいもを鍋に戻す。火にかけて、転がしながら水分をとばす。

5. 4をボウルに入れてめん棒で粗く潰す。3を加えて木べらで混ぜ、バットに取り出し、広げて粗熱をとる。

6. 8等分して丸形に成形する。小麦粉、溶き卵、パン粉の順にころもをつける。

7. 揚げ油を中温(約170℃)に熱し、6を入れて3~4分揚げる。全体にこんがり揚げ色がついたら取り出して油をきる。器に盛り、ソースの材料を混ぜて添える。

(1人分665Kcal、塩分2.9g)

おろしにんにくの風味が食欲をそそるトルコ風のコロッケです。ポイントは、ソースを作る際に混ぜるプレーンヨーグルトとレモン汁。塩けに程よい酸みが加わり、やみつきになりますよ。

ポパイコロッケ

ポパイの歯ざわりが食感にアクセントをプラスします。お好みでハーブを添えれば、見映えがアップ。

ひと口サイズで食べやすい「ポパイコロッケ」
料理:井澤由美子 撮影:澤木央子

デリコロッケ

じゃがいもや合いびき肉に、ちぎったチーズを入れた揚げものです。コロッケを切れば、中からチーズがとろ~り。

「デリコロッケ」
料理:井澤由美子 撮影:澤木央子

カレーコロッケ

霧吹きでパン粉に水を吹きかけると、ころもがふっくら仕上がります。カレーのピリッとした辛みにハマるはず。

「カレーコロッケ」
料理:脇雅世 撮影:福岡拓

黒コロッケ

黒色の正体は乾燥芽ひじきと黒すりごま! こうばしい味と素朴な味が見事にマッチしたメニューです。

「黒コロッケ」
料理:井澤由美子 撮影:澤木央子

作りすぎて余った時は、お弁当のメインおかずとしてつめてもOK。ランチや夕飯に食べたくなるコロッケを、この機会にぜひ覚えてみてくださいね。(レタスクラブニュース)

オリジナルサイトで読む