1. トップ
  2. 変わらぬ内田有紀の美貌に反響「髪おろした姿も最高に可愛い!!」<ドクターX>

変わらぬ内田有紀の美貌に反響「髪おろした姿も最高に可愛い!!」<ドクターX>

  • 2019.11.4
  • 239 views
「ドクターX」にはこの人が欠かせない!美人麻酔科医・城之内博美を演じる内田有紀
撮影=龍田浩之

【写真を見る】未知子(米倉涼子)&博美(内田有紀)、まばゆいばかりの2SHOT!!

絶好調の米倉涼子主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」で主人公・大門未知子(米倉)とともに美貌(びぼう)を振りまくのが、フリーランス麻酔科医・城之内博美を演じる内田有紀。第3話(10月31日放送)では、おなじみの麻雀シーンで髪を下ろした“オフ”の顔も披露し、ファンから「可愛い!」の声が殺到した。(以下、第3話までのネタバレがあります)

冷静沈着、クールな頼れる麻酔科医

10月17日放送の初回からいきなり視聴率20.3%をはじき出し、快調な出だしを見せる「ドクターX―」(※ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

今年放送された民放連続ドラマで20%の大台を突破した作品は同作が初めて。初回放送から1週間での見逃し配信再生回数も201.4万回(テレ朝動画、AbemaTV、TVer、GYAO!合計)と、テレビ朝日歴代最高値を記録した。

絶好調の要因の一つが、シリーズ初期から変わらぬ愛嬌を振りまく神原(岸部一徳)や蛭間(西田敏行)、加地(勝村政信)、海老名(遠藤憲一)といったレギュラーキャスト陣。中でも、第1期から足掛け8年にわたり変わらぬ美貌を保つ博美に注目が集まっている。

第5期(2017年)ラストでは「神原名医紹介所」閉鎖に伴い未知子たちのもとを去ったが、今期ふたたび同所に復帰。

初回でさっそく、オペ中に薬品のビンを落として割ってしまった新人看護師・正子(今田美桜)に「謝る暇があったら取ってきて」と即座に指示するなど、オペ室での冷静沈着でムダのないサポートは健在。マスクの上からのぞく理知的な目元も魅力だ。

【写真を見る】未知子(米倉涼子)&博美(内田有紀)、まばゆいばかりの2SHOT!!
「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」3話場面写真 (C)テレビ朝日

「ドン引きの表情すら魅力的」

クールな仕事ぶりに加え、第3話では「神原名医紹介所」で未知子、神原らとともに麻雀に興じる名物シーンもお目見え。

髪を一つにまとめてお仕事モードの手術シーンとは違い、気心が知れたメンバーの前で“オフ”の表情をのぞかせる博美。居酒屋で蛭間らとバッタリ会うシーンで「博美!」と呼ばれ「呼び捨て!?」とドン引きする表情すらキュートだ。

「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」3話場面写真 (C)テレビ朝日
KADOKAWA

そんな博美に、SNSではファンの「とにかく美人で素敵な城之内先生」「髪おろしても最高に可愛い!!」「ドン引きの表情すら魅力的」といった声が飛び交い、演じる内田にも「内田有紀さんめちゃくちゃ美人」「年々美人になるような…」「内田有紀さん大好き!!」といった声が寄せられた。

視聴者からの「やっぱり『ドクターX』は面白い!!」の声で迎えられた第6期。変わらぬ内田の美貌、そして未知子と博美の名コンビぶりにも注目だ。

岡田健史が日本を代表する陸上界のエースに!

「ドクターX―」注目の第4話は11月7日に放送する。

世界記録を叩き出した日本陸上界のエース・四日市清昭(岡田健史)が右足の痛みを訴え、強化合宿先から緊急帰国。東帝大学病院に極秘入院する。

さっそく、次世代インテリジェンス手術担当外科部長の潮一摩(ユースケ・サンタマリア)は未知子や海老名を除いた少人数だけでカンファレンスを実施。AIの診断のもと、四日市は膝の滑膜肉腫ステージIIIだと判明する。

潮らが提案した術式では陸上競技に復帰することは困難なため、四日市はその術方法を拒否。「半年で走れるようにならないのなら退院する」と言い放つ。その様子を見ていた未知子は、潮にある進言をする。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む