1. トップ
  2. レシピ
  3. 栄養があれば大丈夫! 多忙なママのズボラ飯!

栄養があれば大丈夫! 多忙なママのズボラ飯!

  • 2019.11.4
  • 30483 views

子育て中だと、自分のためだけのご飯って、なんだか手を抜いてしまいがち……。でもそれは、あなただけではないのかもしれません。見た目よりも味と栄養価重視で、とてもひとさまにはお見せできないようなズボラ飯は多忙なママの強い味方! 今日は、実際の食卓事情をきいてまいりました!

前日の夕飯の残りで丼を

「すぐ食べられて、洗い物は極力出さないのが鉄則。前日に夕飯のおかずを丼にいれておいて、その上からご飯をドカンと入れてチン。
見た目なんて気にしません! 混ぜれば同じ! 煮物でもサラダでも何でも来い、ですよ。生姜焼きの日なんかは、翌日が楽しみなくらい」(派遣/28才)

▽ THE・男飯ばりの潔さが気持ちいいですね! 食事は目で楽しむのもオツでしょうが、24時間戦闘態勢のママはそれどころじゃないのです。

納豆とご飯のタッグはマスト

「自分のために使う時間がもったいないし、メニューを考えるのも面倒くさいので、納豆ご飯ばかり食べています。ぜんぜん飽きないです。納豆2パックに大盛りご飯をかきこみます!」(パート/33才)

▽ 納豆は低カロリーで高タンパク! 食欲がないときでもササッと食べられますね。
忙しいと、自分のお昼のことを考えることすらおっくうになりがちですが、テッパンメニューがあればストレス軽減にもなりそうです。

とりあえずたまご料理!!

「授乳中です。母から、とにかくタンパク質を摂りなさいと言われて、何を食べるにしても、たまごはかならずいれるようにしています。何もしたくない日はたまごご飯でキマリ!」(販売/31才)

▽ 滋養強壮にはたまご! 1つ80キロカロリーで、カロリー計算もしやすいのもうれしいところ。
授乳中は常に栄養が出ていっちゃいますから、ご飯を抜く、なんてキケン行為は言語道断! 合間を見つけてどんどん食べましょう!

安全重視の冷凍スパゲティ

「もっぱら冷凍食品にお世話になっています。火も使わないし、お弁当を買うよりも安くつく。ただ、いつも同じようなメニューになるので飽きてきちゃいますけど」(主婦/30才)

▽ インスタントラーメンは、火や熱湯を使うことと、食べる時にこぼすと大惨事になりかねないという理由で避けがちになるという声がチラホラ。
たしかに、やけどのことを考えると、熱いスープ系のご飯は安心して食べられませんね。お皿も陶器のものより割れないプラスチック製品を使うとのこと。なるほど! 安全管理が徹底されています!

ダメなのはわかっているけれど袋菓子!

「1歳の息子がいます。卒乳してお乳を飲ませなくてもよくなったので、お昼は今まで以上にズボラになってしまい、週2くらいで袋菓子のお世話になっています……反省」(宅配業/38才)

▽ 気持ちはわかりますが、ここはご飯を食べてほしいですね、袋菓子はご飯ではないですから。
家族の中心はママ! ご自身の健康に対する優先度をもっとあげてくださいませ~。ご自身を大事にすることは、ご家族を大事にすることなのです!

手軽で時短は当たり前!

子育て中は、とにかく子どもから目が離せません。外出だって自由にはできないこともあります。自分のための時間は極力減らして、少しでも楽をしたいのがママの本音のようです。
ゆっくり優雅にランチをしたいときもあるけれど、なんだかんだ言って、部屋着で雑なズボラ飯をおなかいっぱい食べる瞬間がいちばんしあわせだったりするのですよね。

オリジナルサイトで読む