1. トップ
  2. 雪組トップコンビ望海風斗・真彩希帆が宝塚歌劇の魅力を音楽の視点から紹介!

雪組トップコンビ望海風斗・真彩希帆が宝塚歌劇の魅力を音楽の視点から紹介!

  • 2019.11.3
  • 1421 views
宝塚雪組トップコンビ、望海風斗と真彩希帆が宝塚の魅力をアピール!
(C)NHK

11月3日(日)にNHK BS8Kで「宝塚スペシャルラウンジ」(夜8:00-9:00)の第3回が放送される。

【写真を見る】元月組トップスター・真琴つばさと指揮の佐々木愛一郎も出演

宝塚歌劇団の2018年度、2019年度に8Kで収録した花・月・雪・星・宙の5組の各公演のダイジェスト映像を見ながら、ゲストによるトークで宝塚歌劇の魅力、8Kだからこそ分かる宝塚歌劇の醍醐味を紹介する同番組。

第3回となる11月3日(日)の放送では、「宝塚歌劇と音楽」がテーマ。

作品のテーマ曲や挿入歌にはファンの気持ちをつかむものがあり、105年にわたる宝塚歌劇の歴史の中では名曲と言われるものや、何度も再演されて音楽がおなじみとなっている曲も多い。今回は雪組の作品を中心に、宝塚歌劇の音楽の魅力やファンの心をつかむ工夫を紹介していく。

ゲストとして番組前半には宝塚歌劇団の属音楽指揮者・佐々田愛一郎と元月組トップスターの真琴つばさが作品中での音楽的な仕掛けやエピソードを披露。

後半は雪組トップコンビの望海風斗と真彩希帆が、出演作品の中でのお気に入りのシーンや表現の難しさ、音楽との出会いについて語る。(ザテレビジョン)

元記事で読む