1. トップ
  2. <4分間のマリーゴールド>福士蒼汰“みこと”覚悟の告白に視聴者「涙が止まらない…!」

<4分間のマリーゴールド>福士蒼汰“みこと”覚悟の告白に視聴者「涙が止まらない…!」

  • 2019.11.2
  • 590 views
【写真を見る】決死の思いで廉(桐谷健太)に沙羅の運命を打ち明けるみこと(福士蒼汰)。気迫あふれる名シーン!!
「4分間のマリーゴールド」第4話より (C)TBS

【写真を見る】決死の思いで廉(桐谷健太)に沙羅の運命を打ち明けるみこと(福士蒼汰)。気迫あふれる名シーン!!

福士蒼汰が主演を務めるドラマ「4分間のマリーゴールド」(毎週金夜10:00-10:54、TBS系)の第4話が11月1日に放送された。みこと(福士)が義理の兄・廉(桐谷健太)に本当の思いを告白したラストシーンに、視聴者から感動の声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

「俺はレン兄を、家族をあきらめない」

同作は、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞した、キリエによる同名漫画が原作。

手を重ねた人の「死の運命」が見えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みこと(福士)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒)との切ない恋を描く。親の再婚を機にみことの兄弟となった沙羅の長兄・廉を桐谷が、末弟・藍を横浜流星が演じている。

第4話では、秘密で付き合い始めたみことと沙羅の関係が、廉にバレてしまうことに…。きょうだいたちのために自分の恋もあきらめて“家長”を自認してきた廉は、2人の関係を知りショック。みことに気持ちを確かめると、「だったら俺は、お前の兄弟をやめる」と突き放した。

だが、10歳で父親を亡くし、すべての肉親を失ったみことが家族の一員になれるよう、一番心を砕いたのは廉だった。回想シーンでは、落ち込む10歳のみことを毎日バイクに乗せ、荒っぽいながらも廉らしい方法でみことの心を癒やしたエピソードが明かされた。

「4分間のマリーゴールド」第4話より (C)TBS
KADOKAWA

廉との絆を思い、「俺はレン兄を、家族をあきらめない」と覚悟を決めたみことは廉を呼び出し、沙羅への思い、そして廉への思いを伝えた。

みことの決死の告白に「切ない」

「4分間のマリーゴールド」第4話より (C)TBS
KADOKAWA

それでも、みことを本当の弟だと思うからこそ納得できない廉。「お前ら姉弟なんだぞ。他人にとやかく言われて生きていくつもりか?一生だぞ!」と声を荒げる廉に、みことはついに“あのこと”を告げた。

「もめてる場合じゃないんだ。このままじゃ絶対に後悔する。もう時間を無駄にはできないんだよ」「来年の9月23日、誕生日に、沙羅は死ぬ。このままだとほんとに、沙羅は死ぬんだよ」――。

この怒涛の展開に、視聴者からは驚きと感動の声が続出。きょうだいを大切に思うからこその廉のかたくなな思いには「弟妹のために恋人と別れた過去があったなんて…」「きょうだいを大切に思ってきたからこそ、この恋愛は受け入れられないんだろうな」といった共感の声。

そして、涙ながらに沙羅の余命を口にしたみことには「レン兄を失いたくない気持ちが伝わってきた」「レン兄も沙羅も失いたくないみこと、切ない…」「お互いが大切だからこそ傷つけ合ってしまうって…涙が止まらない」と、兄弟の絆に思いを馳せる声があふれた。

みことの“能力”を知った廉は…第5話あらすじ

「4分間のマリーゴールド」第5話は11月8日に放送する。

沙羅の余命の話を聞いた廉はまったく信じないが、藍が最近のみことの様子が変だと口にしていたことから、ひっかかりも感じる。

そんな中、廉の職場の先輩・原田治(橋本じゅん)の妻・理沙(七瀬なつみ)が倒れ、みことたち救急隊が出動する。搬送中に彼女と手を合わせたみことは、膵臓がんで死亡するというビジョンを視てしまう。みことは死の運命を変えたい一心で、廉にもその事実を話すが相手にしてもらえない。しかし数日後、そのビジョンは現実のものとなり…。

「4分間のマリーゴールド」第4話より (C)TBS
KADOKAWA
「4分間のマリーゴールド」第4話より (C)TBS
KADOKAWA
「4分間のマリーゴールド」第4話より (C)TBS
KADOKAWA
「4分間のマリーゴールド」第4話より (C)TBS
KADOKAWA
「4分間のマリーゴールド」第4話より (C)TBS
KADOKAWA
「4分間のマリーゴールド」第4話より (C)TBS
KADOKAWA
「4分間のマリーゴールド」第4話より (C)TBS
KADOKAWA
「4分間のマリーゴールド」第4話より (C)TBS
KADOKAWA
「4分間のマリーゴールド」第4話より (C)TBS
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

元記事で読む