1. トップ
  2. 瀬々敬久監督、映画「楽園」を語り尽くす「『ジョーカー』を見て、気付きました」

瀬々敬久監督、映画「楽園」を語り尽くす「『ジョーカー』を見て、気付きました」

  • 2019.11.1
  • 3046 views
映画「楽園」について語り尽くした瀬々敬久監督(右はMCの森直人)
KADOKAWA

綾野剛主演映画「楽園」の監督を務めた瀬々敬久が、11月1日(金)に公開されたWEB番組「活弁シネマ倶楽部」にゲスト出演し、制作秘話を語った。

【写真を見る】「楽園」にはインパクトのあるビジュアルがなかったという瀬々敬久監督

綾野や杉咲花、佐藤浩市らが名を連ねる話題の本作について、上映中の映画「ジョーカー」との比較や、原作の吉田修一との裏話など、約1時間、自らの口で語り尽くす内容となっている。

瀬々監督「共通点はすごいあるなと」

――本作を「ジョーカー」と比較する声が多いのですが。

「楽園」には、(インパクトのある)ビジュアルがなかった(笑)。(佐藤)浩市さんにこういう格好してもらえばよかった(笑)。

コミック原作というよりも「カッコーの巣の上で」(1975年)だなという印象。(「ジョーカー」は)弱者の映画ですよね。格差社会で、弱者が蔑ろにされていく中で、弱者が反乱を起こす。(「楽園」は)限界集落など、不寛容な時代というか今の時代があって、その中で(弱者が)どうやって生きていけばいいのかということを描いている。共通点はすごいあるなと思いました。

「ジョーカー」を見ている人は、(主人公の)ジョーカーに感情移入する。でも、僕たちの「楽園」っていうのは、見ている最中に、だんだん“ひょっとして僕たちもジョーカーをいじめている側なんじゃないか”と、思ってしまわざるを得なくなる。

――対象との距離感の違いですか。

(「楽園」のような)サスペンスは、誰が犯人なのかを期待しながら見る。でも、それが裏切られる。そこで、裏切られた瞬間に、 “犯人探しをしていた側に俺はいたんだ”と思わざる負えなくなる。というような、反転が実は行われていたんだと。「ジョーカー」を見て、気づきました(笑)。

――原作の吉田修一については。

(吉田修一の原作は)内面描写をほとんど描かない。その時の気持ちをほとんど描かない方。そこは、行動で示してくタイプの作家。なおかつ、そこには加害者と被害者が同等に描かれている。

どっちかというと、ある特定の人物に感情移入して一本の線でドラマをつむいでいく作家というよりは、もう少し俯瞰で、善と悪を決めていかない方。自分自身もそういうタイプ。言ったら東洋的。「ジョーカー」は(前者の)西洋の文脈に合っている。(「楽園」は)どこか、善と悪が不文律で行き来はするけれど、その中でわかれている。

――映画「楽園」は、吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫)の中から2つの話から構成されているが、これは。

「曼殊姫午睡」を最初は入れたかった。ここ(活弁シネマ倶楽部)だから言います。「ビフォア・ザ・レイン」みたいな構成にしたかった。マケドニア、フランス、イギリスの共同で製作された映画「ビフォア・ザ・レイン」は三部構成で、マケドニアから始まって、ロンドンに行き、またマケドニアに戻るんですけど、やっぱり、真ん中のロンドンの話ってたいした話じゃないんですけど、これが効いてる。そう思って、(「楽園」でも)真ん中に「曼殊姫午睡」みたいな東京近郊での話を入れて、頭と終わりを「青田Y字路」と「万屋善次郎」で挟もうという構想を練ってたんですけど、これを吉田さんにみせたところ、“3(部構成)は多すぎる。2(部構成)でいいだろう”と(笑)。そういう言い方ではないんですけど、「2つのほうがキュッとした作品になるだろう」と。吉田さん自身が、大きな映画を見たいという想いがあったんだと思います。3部構成だと、どうしても、オムニバスの感じがしてしまう。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む