1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 「肌が乾燥したら、化粧水でたっぷり保湿」は意味がない!?保湿ケアの落とし穴と「真実の潤いチャージ法」

「肌が乾燥したら、化粧水でたっぷり保湿」は意味がない!?保湿ケアの落とし穴と「真実の潤いチャージ法」

  • 2019.11.1
  • 34539 views

人気ヘア&メイク小田切ヒロさんのビューティ企画、好評連載中です! エイジングサインに抗うのではなく、ポジティブに若々しい美しさを叶える。そんな小田切さんならではの、簡単かつ効果的なメイクテクニックを毎週火曜日に、心に響く美容論を毎週金曜日にお届けしています。

第20回目を迎えた今回のテーマは、これからの乾燥の季節に向けて、真剣に考えたい『保湿』について。肌の乾きを感じたらたっぷり化粧水をつけて、美容液、クリーム…と潤いを与えることばかり考えてしまいませんか? 実はそれがさらなる乾燥を呼ぶ元凶だった…!? 小田切さんがご自身の肌で効果を実感した、『真実の潤いチャージ法』についてお話します。

小田切ヒロさん
ヘア&メイクアップアーティスト
ラ・ドンナ所属。確かなメイクアップテクニックと豊富な美容知識をベースに、独特かつ卓越したセンスを生かして幅広いジャンルで活躍中。Instagram:@hiro.odagiri

乾いた肌に化粧水を押し込んでも、不要な角質が膨らむだけ!

急に冷え込む日が増え、空気も肌も乾燥が気になり始めてきたここ最近。美容感度が高い方ほど、肌の乾燥が気になったらすぐに保湿しなくちゃ!とお手入れに勤しんでいるのではないでしょうか。しかし…

「肌の乾きを感じたときに、化粧水などで潤いを『与える』ことばかりに気を取られていませんか? それだけではまったく意味がないかも」と小田切さんからドキッとする言葉が!

「肌の乾燥が気になるときのお手入れは、『与える』よりもまずは『落とす』ことこそが大事なのです。

なぜなら、毎日知らずに溜め込まれ、不要な角質に覆われた肌にいくら化粧水を与えても、肌は潤わず、ただ角質が膨らむだけ! 水分が抜ければまたすぐに乾燥していまうのです。そのような入れ込み重視のお手入れを続けていると、乾燥が改善されないばかりか、大顔化してしまいますよ!

僕自身、以前は入れ込み重視したお手入れをしていました。高級な化粧品を塗りまくれば一時的に肌はぷりぷりになるけれど、またすぐに乾いてしまうから、常に入れ込み続けることに…。

これまでも何度もお伝えしてきましたが、『角質ケアなくして美肌なし!』です。まずはクレンジングと洗顔、ピーリングなどで溜まった汚れと不要な角質をちゃんと落とすこと。さらにマッサージでコリをほぐして老廃物を排出することも大事ですよ」(小田切さん)

\小田切さんがおすすめする、「落とす」ための美容液/
キールズ DS マイクロピール コンセントレート 30ml ¥8,500

「スーパーフードとして知られるキヌアの殻を配合し、老け感をつくる溜まった老廃物に着目した『肌クレンズ美容液』。

約8日で、ひと皮むけたようなつるつる感と、抜けるような透明感を実感! 確実に効いてるのがわかります。角質ケア系のコスメはいろいろあるけれど、これが一番好きかも!」(小田切さん)

***

与えるケアばかりでなく、きちんと落とし、吸い込める肌に整えることが潤い美肌への近道です。これからのますます乾燥する季節へ向けて、ぜひ参考にしてみてください。

次回の更新は、11月3日(火)。大人の女性の為の「華やぎリップメイク」をお届けします。お楽しみに!

※掲載した商品の価格は税抜です。

問い合わせ先

  • KIEHL'S SINCE1851(キールズ) TEL:0120-493-222
オリジナルサイトで読む