1. トップ
  2. イヴァンカ・トランプ&ジャレッド・クシュナーが結婚10周年をお祝い

イヴァンカ・トランプ&ジャレッド・クシュナーが結婚10周年をお祝い

  • 2019.10.31
  • 5317 views

ホワイトハウスではトランプ大統領の弾劾に向けた調査が続く中、ジャレッド・クシュナーとイヴァンカ・トランプが、キャンプ・デービッドで結婚10周年記念パーティーを開きました。 

CNNがホワイトハウス当局者に確認をとったところ、トランプの娘と義理の息子であるだけでなく、政権の幹部でもある2人は、この記念日に「友達を呼んで豪勢なパーティー」を開いたとのこと。同じくCNNによれば、このパーティーの費用はすべて夫妻が支払うとのこと。先のホワイトハウス当局者が語ったところでは、「キャンプ・デービッドでの費用はすべてトランプ家でまかなわれています。ジャレッドとイヴァンカが自腹を切って払うことになるでしょう」。

ところが、誰が実際にこの勘定を支払うのかということについては、ちょっとした混乱が生じている模様。

市民の税金をそんなパーティーに使うな、という批判に答え、トランプ大統領が発表したのはこんなツイート。「昨夜は、イヴァンカとジャレッドの結婚10周年を祝って、キャンプ・デービッドで素晴らしいディナーをいただいた。少数の家族と友人に囲まれて、これ以上ないくらい良かった。キャンプ・デービッドは特別な場所だ。パーティーの費用はすべて私が支払うよ!」

以前、大統領の別荘であるキャンプ・デービッドについて、お世辞にも感じがいいとは言えない発言をしたことがある、トランプ大統領。「キャンプ・デービッドはとても素朴だ。いいところだよ、君もきっと気に入る」「どれくらい気に入るか知ってるかい? 30分というところだよ」とヨーロッパのジャーナリストに語ったそう。それだけに、今回娘夫婦がキャンプ・デービッドで結婚記念日を祝ったのは、意外とも見える選択。

このパーティーについて最初にレポートしたのは、『ヴァニティ・フェア』誌のエミリー・ジェーン・フォックス。彼女によると、大統領のみならず、「夫妻の兄弟姉妹はすべて」このパーティーに出席することが期待されていたとのこと。

ちなみに、10年前にジャレッドとイヴァンカが結婚式を挙げたのは、トランプ大統領のゴルフコースがあるニュージャージー州のベッドミンスターで、その時は500人のゲストが招かれたとのことです。

翻訳/mayuko akimoto Photo Getty Images From TOWN&COUNTRY

元記事で読む