1. トップ
  2. 恋愛
  3. 長続きカップルは「ケンカ上手」?不満の上手な表し方と仲直りの方法はこれ

長続きカップルは「ケンカ上手」?不満の上手な表し方と仲直りの方法はこれ

  • 2019.10.30
  • 6078 views

不満は隠さない

どうしてもパートナーとの衝突を避けようとして、自分の意見を我慢してしまうという人もいますが、それはあまりおすすめできません。不満をため込む一方であると、いつの日か爆発してしまう可能性もあります。爆発しなかったとしても、一方が不満をため込む関係は、健全とは言えないでしょう。派手で、感情のぶつけ合いをするケンカをするのではなく、意見を交わしあうケンカをすることが長く付き合うための秘訣です。

不満は相手に向かって終着点を目指して言う

不満があった場合、相手に隠れて言ってはいけません。ただの陰口になってしまいます。また、相手に向かって不満を言うにしても、感情的になって意見をぶつけるのではなく、問題解決という終着点を見失わないように話すことが重要です。何を不満と感じているのか、どうして不満であると感じているのか、その解決のためには何をすることが必要となるのか、それらを的確に伝えることが必要となります。仕事のひとつのように冷静に意見を伝えると、失敗しません。

感情を込めて伝えて相手の意見を求める

冷静にケンカをしようとすると、どうしても事務的なように感じられてしまい、相手に問題解決を促すことができないこともあります。そのため、冷静でありつつも、感情を込めて相手に不満や意見を伝えることを忘れてはいけません。そして、不満をぶつけるだけ、責めるだけ、要求をぶつけるだけでは、相手も自分を守るために反撃しようとしてしまい、上手なケンカになりません。最終的に仲直りにつなげるためにも、相手の意見を求めるような疑問を投げかけることが重要です。

ケンカ中も相手を思いやる

相手を責めるようなケンカをしてしまうと、相手も自分を攻撃するように返してくるので、ストレスが溜まってしまいます。いくら不満がたまっているケンカ中であっても、相手を思いやることを忘れてはいけません。上手なケンカは最終的に、より仲を進展させるためのものです。相手にとってマイナスなことをいうのならば、その倍はプラスのことも発言してみるとよいでしょう。ケンカしていても、相手を好きである気持ちを忘れないようにすることが重要です。

感謝と謝罪を忘れない

ケンカの終わりには、「ありがとう」と「ごめんなさい」を伝えてケンカの区切りをつけると、気持ちの区切りもついて気持ちの良い付き合いにつながります。

元記事で読む