1. トップ
  2. メイク
  3. セルヴォークの甘くないピンク&ダスティイエローアイシャドウで印象的なハンサムアイに変身♪

セルヴォークの甘くないピンク&ダスティイエローアイシャドウで印象的なハンサムアイに変身♪

  • 2019.10.30
  • 1698 views

この秋、目元が変わります!ナチュラルすぎるのはもうNG、濃すぎない“ちょい盛り”まぶたが気分です。「それってどれくらいの盛り感?」の疑問に、人気のヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さんが正解を教えてくれました。

ニュアンスピンクのラメ×ダスティイエローのコンビネーションで柔らかいのに印象的なハンサム女子に

「“ジェンダーレス”や“カッコよさ”がトレンドの今年、ピンクをつけるなら甘くしないことが鉄則」と、ヘア&メイクアップアーティストの岡田さん。

血色感や温かみはあるけれどかわいすぎない黄み転びのくすみピンクを上まぶたにのせた上から、アイシーに輝く青みピンクのラメシャドウを重ねて、眼差しに透明感を。

下まぶたはちょっと外して、ピーチを帯びたダスティイエローをオン。上まぶたのニュアンスピンクのラメと淡いコントラストをつけながら少し重みを出し、ノーライン・ノーマスカラでもおしゃれに目元を引き締めます。

仕上げに、眉下にさりげなく彫り深に見せるベージュゴールドを差して、ピンク系なのに甘くなくてハンサムな目元に。

使用アイテム&おすすめアイシャドウ

A.ホワイトピンクの偏光ラメシャドウ。
カネボウ化粧品 ルナソル グラムウィンク ジュエリー EX05 ¥3,500(11月22日限定発売)

B.青みピンクラメがぎっしり。寒色系はつけると透明感アップ。【モデル使用】
ディオール ショウ リキッド モノ 080 ¥3,600(11月1日限定発売)

C.黄み転びのくすみピンクのアイシャドウパレット。肌なじみ良くつけるだけでおしゃれニュアンスの目元に。【モデル使用】
セルヴォーク ヴォランタリーペイシス アイパレット 07 ¥6,200

D.よりかわいい系に仕上げたい人はこちらの血色ピンクのパレットを。
コスメデコルテ コントゥアリング アイシャドウ 018 ¥5,500

ピンクチークは頬に広くふんわり。肌色に血色感を溶け込ませるようにのせて。【モデル使用】
アンプリチュード コンスピキュアス チークス 06 ¥6,800

リップはマットな赤みベージュで、顔全体をワントーンに仕上げる。【モデル使用】
イヴ・サンローラン・ボーテ タトワージュ クチュール 29 ¥4,300

メイク方法

Cのパレットのピンクbをアイホールにのせ、上からBの青みピンクラメのリキッドアイシャドウを重ねる。眉下にCのパレットのベージュゴールドaを、下まぶたにcのイエローを入れて完成。

 

 

教えてくれたのは…

ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さん

 

 

『美的』12月号掲載
撮影/菊地泰久(vale./人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/岡田知子(TRON)、北原 果、河嶋 希(io) スタイリスト/小川未久 モデル/森 絵梨佳 構成/中尾のぞみ、安井千恵

元記事で読む