1. トップ
  2. 小林直己、ハリウッドデビュー作に万感「この素晴らしい映画に取り組めて幸せ」

小林直己、ハリウッドデビュー作に万感「この素晴らしい映画に取り組めて幸せ」

  • 2019.10.29
  • 113 views
Netflix映画「アースクエイクバード」の記者会見に登場した小林直己、アリシア・ビキャンデル、ウォッシュ・ウエストモアランド監督(写真左から)
KADOKAWA

【写真を見る】主演を務めるオスカー女優、アリシア・ビキャンデルの美脚もまぶしい!

「第32回東京国際映画祭」の特別招待作品にも選ばれたNetflix映画「アースクエイクバード」の記者会見が10月29日、東京・六本木で行われ、女優のアリシア・ビキャンデル、俳優でEXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの小林直己、ウォッシュ・ウエストモアランド監督が登壇した。

日本在住経験のあるイギリス人作家、スザンナ・ジョーンズが英国推理作家協会賞の最優秀新人賞を受賞した同名ミステリー小説を、「ブレードランナー」「エイリアン」シリーズのリドリー・スコットの総指揮で映画化した本作。

1980年代、日本に住む外国人女性リリー(ライリー・キーオ)が遺体で発見され、殺人の容疑を掛けられた友人ルーシー(アリシア)が、リリーと関係したミステリアスなカメラマン禎司(テイジ/小林)と繰り広げるサスペンスで、東京と新潟・佐渡ヶ島で撮影された。

Netflix映画「アースクエイクバード」の記者会見より
KADOKAWA

幼い頃から日本に憧れていたというアリシアは日本語で「日本に戻ってこられてうれしい」とあいさつ。

「スリラーでもあり、サスペンスでもあり、本当に美しい詩的な物語。見た直後に『西洋には今までない感じの映画だ』と監督に電話で伝えてしまったくらい、とても独創的で感情移入できる。こういう作品は増えていくと思う」と語った。

小林直己
KADOKAWA

撮影の5カ月前から禎司と同じ1980年代のオリンパスのカメラで東京を撮り始め、フィルムの現像もしながら「自分は、そして禎司は何を撮りたいか」という形で役を探ったという小林は「自分の生まれ育った日本を尊重する気持ちのある皆さんと、この素晴らしい映画に取り組めて幸せ」とコメント。

続けて「英語がメインの作品は初めてで、トレーニングは必要でした。禎司のカルチャーや精神性や価値観は自分と通じる部分も多く、日本に関心のある人の興味をそそる作品になったと思う」とアピールした。

アリシアはそんな小林について「私も直己さんと同じく母国語はスウェーデン語で、演技のために英語を始めたのですが、直己さんと初めて会ったとき、演技も英語もカメラも『どれだけ準備してきたの!?』と驚かされました。目の奥に既にストーリーがある、稀有な俳優さん。撮影を通して互いに背を押せる関係になれたと思います」と絶賛した。

Netflix映画「アースクエイクバード」の記者会見より
KADOKAWA

また、アリシアが「スウェーデンと日本は違うところもたくさんあるけど、ガラスや木工に見える美意識、漬物や生の魚を好む食生活、部屋で靴を脱ぐ生活習慣などが共通している。そばがおいしいです」と笑顔で語ると、小林も「アリシアは箸の持ち方が上手で何も教えることはなかった」と太鼓判を押す。

同じく「役を通して、役者同士としても通じ合えたと思う」と撮影を振り返った。

ウォッシュ・ウエストモアランド監督
KADOKAWA

監督も小林について「キャスティングディレクターの奈良橋陽子さんに大勢紹介してもらったけど、禎司に合う俳優はいなかった。

でも、直己は会ってすぐに決まった。闇や複雑な部分を持っているし、実際に撮影を始めてその準備や取り組みに感動。奈良橋さんに『彼はスター・パワーがある』と伝えたよ」と称賛した。

そして、作品について「『日本と西洋はこんなに違う』という映画はたくさんあるけど、これはそうではない。僕もイギリス出身だけど、日本に住んだことがあるので、とにかくリアルに、信ぴょう性を持って、日本に来た外国人がその生活をどう感じるかじっくりと描けたと思う。編集にもとても時間を掛けたくらい、僕にとっても特別な作品になりました」と自信を見せた。

Netflix映画「アースクエイクバード」は、11月15日(金)より全世界同時配信開始。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=坂戸希和美)

オリジナルサイトで読む