1. トップ
  2. 横浜流星、“ゆりゆり”で助演男優賞!「恋心の真っすぐさに共感しました」<東京ドラマアウォード>

横浜流星、“ゆりゆり”で助演男優賞!「恋心の真っすぐさに共感しました」<東京ドラマアウォード>

  • 2019.10.28
  • 880 views
横浜流星が「東京ドラマアウォード」授賞式に登場
撮影=阿部岳人

【写真を見る】トロフィーを受け取り“無敵スマイル”を披露する横浜流星

横浜流星が、10月28日に開催された「東京ドラマアウォード 2019」授賞式に出席。2019年1月期に放送された「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)での好演が認められ、個人賞の助演男優賞を受賞し、同作で演じた役柄への思いを明かした。

「東京ドラマアウォード 2019」授賞式より
撮影=阿部岳人

「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2019」のメインイベントとして、作品の質の高さだけではなく、“市場性”、“商業性”にスポットをあて、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰する「東京ドラマアウォード2019」。

「初めて恋をした日に読む話」は、何もかもがうまくいかない残念な鈍感アラサー女子・春見順子(深田恭子)が、タイプの違う3人の男性が現れたことから人生のリベンジともいえる闘いに挑むラブコメディー。

横浜は順子に思いを寄せる、髪をピンク色に染めた高校生の“ゆりゆり”こと由利匡平を演じた。

横浜流星が助演男優賞に!
撮影=阿部岳人

受賞式でトロフィーを抱えた横浜は、演じた匡平について「今まで演じた役とは違った気がします」と明かすも、「自分と共感できる部分も多くて」と回顧。

「匡平はすごく真っすぐな少年だったですけど、僕も学生時代は極真空手をずっとやっていて、目標に突き進んでいて。匡平の受験勉強と深田さん演じる順子への恋心の真っすぐさに共感しました」と振り返った。

石坂浩二と横浜流星
撮影=阿部岳人

司会の石坂浩二から「今後、時代劇とかにも参加してほい」と思いを伝えられると、「僕も挑戦したい作品ですね」と笑顔を見せていた。

菅田将暉と横浜流星
撮影=阿部岳人
「東京ドラマアウォード 2019」授賞式より
撮影=阿部岳人
横浜流星
撮影=阿部岳人
笑顔の横浜流星
撮影=阿部岳人
横浜流星が「東京ドラマアウォード」授賞式に登場
撮影=阿部岳人

(ザテレビジョン・取材・文=TAKAMI)

元記事で読む