1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性に「ウザLINE」認定されるメッセージは?交換後すぐの会話はここに注意

男性に「ウザLINE」認定されるメッセージは?交換後すぐの会話はここに注意

  • 2019.10.28
  • 17937 views

飲み会などで知り合った男性とLINE交換に成功!でも「これで今日から恋がスタート」なんて浮かれるのは早いですよ。

大切なのは「初めにどんなメッセージを送るか」。出会ってすぐの段階で話題のチョイスをミスすると、相手とのコミュニケーションを深めるどころか縁遠くなる可能性もあるんです。

そこで今回は、一般男性に「思わず恋愛対象外認定してしまうドン引きLINE」についてリサーチしてみました。

■受け止めきれない…重すぎる系

「コンパで出会った子から翌日、『どうせ社交辞令でID交換したんでしょ』『あぶれてる私がかわいそうだった?』などと自虐めいたネガティブなLINEが。こんな女性とはこの先話してても楽しくないので返信しませんでした」(27歳/会社員)

「知り合って数日しか経ってない女の子から『実は会社でパワハラ受けてるんです。もう仕事辞めたほうがいいですかね』という相談が来て…。人生を左右するような話は、もっと親密な相手にお願いします」(26歳/営業)

「会った翌日からいきなり過去の恋バナとかされても困る。もう少し仲良くなってからにして!」(25歳/IT関係)

女性としては「心を許しています」「あなたなら信頼できそう」というアピールのつもりでも、いきなりヘビーな話は男性には不評のよう。最初は世間話的な軽いモノがオススメです。

■マイルールを押しつける連投系

「よくいるでしょ?返信がないとスタンプとかで催促してくる子。あれする人はちょっとウザイから、やり取りを続けようとは思いません」(30歳/服飾関係)

「知り合ったその日の夜に『これから毎日LINEしてもいい?』って。そんなに話すことなんてないし、面倒くさい」(28歳/SE)

仕事が忙しい、LINEは苦手…など、それぞれ事情があるはず。それなのに「私が会話したいから」とばかりに相手を自分のペースに巻き込もうとするのは×。もっと仲良くなりたいのなら、まずは向こうの都合に合わせるくらいの気持ちで。

最初は挨拶程度のメッセージを送って、どういう間隔で返事が来るのか、やり取りするのは苦じゃなさそうか…を探りましょう。

■KYかよ…距離を縮めすぎ

「会ったその日に『今度はいつ会える?』とお誘いLINEが。普通、ある程度やり取りしてからがお約束じゃない?悪いけど、がっつきすぎの子はムリです」(26歳/商社勤務)

「仕事は?から始まり、趣味は?好きな食べ物教えて?と質問の嵐。尋問を受けてるみたいな気分に…」(28歳/マスコミ関係)

「よく知らない女性の自撮りはいりません」(27歳/専門職)

いくら相手と仲良くなりたい!と思ったとしても、いきなりプライベートな質問をしたり、デートに誘ったりするのは考えもの。あからさまに「距離を縮めたい!」という気持ちがダダ漏れのLINEを送ると、逆に相手が遠ざかってしまう可能性もあるのです。

■まずはお礼や挨拶から

彼に送る初めてのLINEが、その後のふたりの運命を左右すると言っても過言ではありません。あまりにも親密すぎる内容やデリカシーに欠ける話題はNG。あっという間に恋愛対象外に認定されてしまうかも。

まずは「先日はありがとうございました」「楽しかったね」くらいのライトな挨拶で彼の様子をうかがってみるのが無難でしょう。

ライタープロフィール
パル吉
兵庫県の片田舎、相生市生まれ広島在住のこじらせ系アラフォーママライター。 お酒と読書と音楽と広島東洋カープが好き。恋するトキメキはもっと好き。「夢を見ることこそ人生である」をモットーに、女に磨きをかけるべく、日々奮闘中。もっとも、いまだ原石のママとの噂もあるとかないとか。

元記事で読む